2004年11月13日

ローゼンメイデン RozenMaiden 第6話「涙」Tranen

 先週のノリが冒頭に少し残っていましたが(探偵くんくんを見ての各自の反応)その後は水銀燈の登場もあり暗い展開に…
 それでも先ずは真紅が見ていない振りをしながらもくんくんのサスペンスホラー?な展開に可愛く怯えて本で顔を隠しながらジュンの後ろを付いて回ったり、雛苺は見ている時はキャーキャー騒いではいても、見終えた後はあっさりいつも通りなのに翠星石が誤魔化しながら雛苺にくっ付いているさまは微笑ましかったです(中身はみんな相当食わせ者だったりはしますけど)

 のりお姉ちゃんは買物で早々に退場。ちょっと寂しいけど今回の話では仕方がありませんね。

 前々から気になっていた物置の大鏡。水銀燈はあの鏡を使って出入り自由であり、はっきりと真紅達の居場所も掴んでいるのに対して水銀灯の居場所は分りません。圧倒的に不利な立場ですよね、ほんと。

 さて水銀燈によって雛苺がさらわれて真紅達が負い掛ける訳ですけど、真紅によって動き出す人形達の尽くしている度は凄いものがあります。徳が高いと言うか… やっぱこれもまた人徳?
 鏡の向こうに広がる水銀燈の心象風景は爆撃を受けた後のドイツの街並みのようです。実際に空襲を経験しているのでしょうか? そこで死の恐怖を味わったのでしょうか?気になります。

 ミーディアムとしてのジュンの力もあって今回は水銀燈を退けますが、心が離れてしまった人形を元に戻したジュンの力。そもそもその裁縫技術?ジュンは謎が多いです。
 主従関係としては真紅の家来扱いですが、彼の真の能力は全ての人形達を司る事が出来るドールマスターみたいなものなんでしょうか? 引篭もりになった原因も今だ明かされませんし、徐々に心の内側が変わってきているジュンからも目が離せません。

 見終わった後の充足感から言ってもローゼンメイデンは見逃せない良作だと思うのですが、贅沢を言えば水銀燈がまだ弱い、キャラ的に弱いと感じてしまう部分がありますので、黒翼を持ち、黒き羽を使う闇のドールとしての水銀燈の今後に期待いたします。

 うん、とにかく満足度はここのところずっと合格点です。ちょっと今回はホロリときましたし。嗚呼倒れた真紅は一体どうなるの!?

TBSアニメ「ローゼンメイデン」公式ホームページ  #ローゼンメイデン_06

トラックバック概要:最初はジュンがとても嫌な人間で嫌悪感を覚えたのも既に… 過去!? 硬軟取り混ぜた展開は見ていて気持ちが良いのです。アマゾン アニメDVD ら・わ行 TOP10への個別リンク

←↑気になった名前はコピペして検索。
posted by みやびあきら at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2004冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ローゼンメイデン 第6話 存在とは全て観念なの
Excerpt: ● ローゼンメイデン 第6話「涙」。出だしが、前回のギャグ話「階段」のノリで、スムーズに導入されるバウ。「シリアスな話の出だしは明るい」鉄則の通り、最後には、ものすごい話になって終わるバウ。 ● 途..
Weblog: いぬ日記
Tracked: 2004-11-18 00:11