2005年12月12日

SHUFFLE! 第21話「気持ちの行方」

 ←これ以上楓が壊れなくてよかったんだと。音声記事です。

 終わったねぇ、楓編が。
 芙蓉 楓というヒロイン候補に待っていた恋愛の当面の結末は失恋だったのですが。この物語の最初から、そう第1話から見てみると当初から彼女と稟の間に横たわったものの暗い根深さや、偽り、偽っていた、黙っていた、気が付かないでいたなどなど色々と提示されていたんですよね。その事を楓が思い知った時には既にの心は亜沙先輩への想いが大きくなっていて、それこそが恋愛感情だった訳なんですよ。

 考えてみるとの行動は全て本心を隠したり事実から目を背け続けている要素が大きく、それに自身が振り回されていた感じです。ただし常に本当の思いや心は無くなった訳でも失った訳でもなかった。それなのにその場を取り繕って楽な生き方を選択してきたツケがここに来て回ってきてしまい、抗おうにも間に合わなかっただけ。

 元々そういった傾向があったのでしょうが、責任の一端はにもありまして…… 自分の母親が事故で亡くなった後にその責任が自分にあると思い込んで倒れたと感じたのですが(亡くなったショックだけでなく自分の病気の所為でと小さいながらに感じてしまった)そこで、現実逃避により自己を保護するかのように感情を表さずに意識が覚醒していないような状態になったのが始まりでしょうか。そこで稟が自分の所為なんだと嘘を言ったことで(稟も楓が自分自身に責任を感じて病んでしまったと理解していたのでしょう)覚醒。つまり意識はあって聞こえていたと。単に聞こえない反応したくないだけでの病?

 そして聞いた直後にの首を絞めて殺そうとする訳ですが、もうその後は偽りの連続。父親にもへの悪意殺意を隠し通し、友達にも殺意までは見せはしなかったでしょう。ただしへは時折剥き出し、時に誤魔化し。でも殺そうと思えば事故に見せ掛けて殺す事も出来たのに殺さなかった理由は? とにかくを苦しめ続けてから殺そうとした? 殺してしまっては自分に対してのリスクが大きくて断念した。自分が感じている不幸以上の不幸を味わわせてやりたかった。どこか本当の自分がいて、真実を知る自分がリミッターを掛けていて……

 どちらにしろ自分を守る為の楽な選択をし続けていたのは間違いない。
 更に自分自身で真実を取り戻してからは、贖罪、くんへの罪を償うという大義名分を自分に課して、その実自己を保つことに注力してしまう訳ですよね。これは最初の段階では楽ではない道だったはずですが、に対して恨みを持っていなかった、それどころか変わらず優しかった事に甘えて結局楽な生き方をし続ける事に。お世話させて貰える、一緒に何事も無かったように暮らせる。そう、生涯罪を贖うといいつつ居心地のよい穏やかな日々。楽しちゃったよ……

 実は初期の段階で生き方を変えていればに恋愛感情を持つ事もあり得たのでしょうが(ちなみにゲーム未プレイなんでアニメでのこととして)楓自身が好きになっていた気持ちを隠し、一歩引いた立場に居続けた。周りから夫婦みたいなカップルに見られることで楽に規定路線に乗ってる感じも持っていたかもしれません。しかし本心を言って断られたり、今の生活が壊れる事を恐れて逃げ続けてしまった。状況は見ての通り。ここで注目すべきは楓が自傷行動には走らなかったことかも?

 この年代の女性はリストカット未遂。切り傷とかくらいなら付けてしまったりする子もいると思うのですよ(実際に個人的な知人にいました)部屋を無茶苦茶にするでもなく、でも己の心の持って行きようが無くなっていき。それでも今までの日常を、既に現実の事態は大きく変化しているのに保とうと、これまでの生活のフリをし続け…… しかし我慢ならずに亜沙先輩への攻撃へと現れてしまい…… 攻撃は外に向いちゃうのね、自分を変えるんじゃなくて周りを変えようとしてしまう性分……

 ですが、本当の心の奥底に居るは気が付いていたと。表面に出てくるが間違っているのも知っていたけど知らないふりをしていただけ、やっとやっと今週の話での本当の気持ちが吐露されるわけです、表される訳です。それは一見あっさりと解決したように見えるかもしれませんが、周囲の人々の言動も含めて見続けていると分る事。正直この話だけを見ても、ここ数話を見ただけでもその物語の流れを読むことは難しいかと思います。人間、衝撃の大きい部分に眼を奪われがちですけど、そこを何とかシアネリネプリムラ立ちも含めた形で見ないといけないかと。

 も楽な生き方をし続けてしまっていたことを後悔し、次々と自分の周りの女の子達が自分自身で、例えそれが辛い道でも一歩を踏み出して歩き出している中での選択。そういった意味ではリコリスこそが最初に自分の生き方を示した存在であったなぁ、と。だからネリネプリムラが続けていく事が出来た最初の開拓者かと。リシアンサスキキョウの二人も踏み出して見せて、結果を受け止めて、それでも前に向かったところが凄かったと。諦めてないし、自分の好きなの幸せと自分の幸せをきちんと考えている先行者達。

 が家を出る選択は無茶に見えるし、逆にありがちだったり逃避に見えるかもしれない。でも逃げて無いですよ、これって。をまた今までのにしない為に、今度は楓に楽をさせない、勿論自分も楽をしない。その中で大切な人との楽園を目指す…… みたいな。楽園ってのは楽ができる楽をして暮らせる場所でもなくて、苦労なり苦楽があった上での幸せな場所って感じかも? ハーレムとパラダイスは違うしねぇ。難しいよほんと(^^;)

 芙蓉楓嬢の見せる表情に右往左往しつつ(正直な感想として)時雨亜沙土見 稟の未来を見てやるぞ!との心の準備も出来ました。やっと告白したは思いを通したし、亜沙先輩も自分の心を偽らない生き方を…… 俺は応援するよ、この二人。だからと言って他の娘達を応援しないのではなくやっと始まったんだからまだまだ諦めるな!! と言っておきます。

 ちなみに自分の母親と関係が壮絶だった経験があるからこその亜沙の発言や行動である理解しておいた方が…… あう、時間と体力切れ…… とにもかくにも面白いですよシャッフル!は!!

B000BQ5L4S
SHUFFLE ! episode.4 (初回限定版)
Navel 細田直人 杉田智和

関連商品
SHUFFLE ! episode.1 (初回限定版)
SHUFFLE ! Prologue (プロローグ) 初回限定生産
D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ 4 (初回限定版)
D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ 2(限定版)
D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ 3 (限定版)
by G-Tools
SHUFFLE ! episode.5 (初回限定版)
SHUFFLE ! episode.5 (初回限定版)
(AA) DVD第4巻:第7話「恋愛スクランブル」第8話「パンツでデート!」収録。DVD第5巻:第9話「海水浴でサバイバル」第10話「月夜の告白」収録。
 P.S.先週のねぶらはやり過ぎだと思います。ピー音の消しが甘いのはあからさまに興味を煽ってネットで話題にさせ、普段聞いていない人も聞かせようと。それは影山さんのアルバムの宣伝要素が大きい気がしました。あまりに露骨な宣伝…… いや宣伝番組なんですけどね。でもあれは後藤さんに失礼って言うか…… 最近インターネットラジオも番組が増えて競争が激しいのか、明らかな釣りが目立つような…… 少なくとも今回は以前に半目兄さんが謝った時を超えたディレクション。嬉しくない、その真逆。
 追記:後藤さんが日記で謝罪してますが、そういった方向に持っていっている側はどうなのかと。そもそも消せよと。
 シャッフル!オフィシャルサイト SHUFFLE!|WOWOW ONLINE Navel×Lantis インターネットラジオ 「ねぶら」 #SHUFFLE_21

Amazon アニメDVD さ行 し その他 TOP10への個別リンク

B000BQ5L48
SHUFFLE ! episode.3 (初回限定版)
Navel 細田直人 杉田智和

関連商品
SHUFFLE ! episode.7 (初回限定版)
SHUFFLE ! episode.8 (初回限定版)
SHUFFLE ! episode.9 (初回限定版)
SHUFFLE ! episode.10 (初回限定版)
SHUFFLE ! episode.11 (初回限定版)
by G-Tools
posted by みやびあきら at 19:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005冬頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亜沙にバトンを渡した形で楓編終了ということで。
個人的に、楓が黒化した回は良かったんですが、それ以降はなんとも言えません。
今回は凛の説明台詞が多かったですけど、結局は凛を家出させるための後付け理屈にしか聞こえなくて。
黒化もオリジナル展開も楽しめそうではあったんですが。

前回に続き、今回も都合よく雨が降り出しましたけど…
この辺のコンビニエンスな演出が、楓の黒化への扱いに重なって見えるんですよね・・・

あと残念だったのは、亜沙が亜沙らしく描かれなかったことでしょうか。
凛・楓・亜沙の3人の付き合いを考えると、「いつも一緒にいる凛と楓」の関係を一番気にしてるのは亜沙だと思うんです。
それなのに黒化より前の回から、なぜか楓を全く気にすることなく凛と親密になりここまで来てしまいました。
そして、亜沙がすべき楓へのフォローは、楓自身で済まされてしまいました。
亜沙ファンなら良いんでしょうけど、そうでない人には亜沙の印象が悪くなったかも。
亜沙らしく行動させてあげてれば・・・と思います。

あ、でも、プリムラは良かったです。
これからはプリムラメインで見ることにします。本気で(笑)
最終話あたりの仕掛けに……一応期待だけは。
Posted by nono at 2005年12月13日 13:29
実は元々自らバトンを手にしていなくて、これから新しいバトンを持って欲しいと願っていますよ楓には。

雨に関しては秋雨…… まぁ魔力がある世界ですから誰かが呼び込んでいたのかも。
監督さんや脚本家さんあたりの魔力なのは間違いないですが(^^;)

とにかく最終回を待つしかないですよね。
Posted by みやびあきら at 2005年12月15日 05:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:SHUFFLE!/第21話 気持ちの行方
Excerpt: 品質評価 22 / 萌え評価 29 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 38 / お色気評価 36 / 総合評価 26<br>レビュー数 44 件 <br> <br> 具合のよくない楓を心配しつつ、登校..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-17 22:00