2004年04月13日

オペ子ちゃんの名前決定!&12日頃までのアニメ感想あれこれ随時追記。

みやび予約済みのOVA発売が待ち望まれるストラトス・フォーですが。
かねてより待ち望まれていた「下地島基地管制官A」さんの名前が正式発表となりました♪
いやぁ〜待っていました。
ストラトス4はかなり面白い作品でございました。
最初は対して注目していなかったのですが、良い意味で裏切って貰えた良作です。
様々な謎が深い本作。今後のシリーズ化も是非にと願うばかりです。
STRATOS4 OFFICIAL WEB SITE

ヒットをねらえ! 第6話「いやだー!」
エロ路線と思わせておきながら描いている事は生臭く、残酷で、妙に「もしかしたら現実もそうなのか!?」
と思わせるほどイヤな世界を表現している謎のアニメ。
パンツだ水着だ乳首だと喜ばせたいのか、それとも…?
ああ相変わらずのセクハラを始めとする各種ハラスメント描写がどうにも絶え難い。
のにまともな発現もはいっており見ていて疲れる〜〜。
結局プロデューサーでありながら美月はまったくその職務の大切な部分を分かっていなくて。
私情を挟み暴走したうえに自爆してしまった訳です。
痛い、痛い。なまじっか萌えアニメの体裁をしているので痛みが悪意を伴って襲いかかってきます。
いけすかない発現や行動をしているようでここぞと的確な発言をする「久留米」
どうにも馴染めないキャラだが今回はその通り、ご指摘通りです。
この作品はどう評価して良いのか、どう楽しめば良いのか本当に分からないです私には。
***pc-moe.com***
果たして美月はもう一度立ち向かう事が出来るのだろうか?(もしかするとエログロアニメなのかも知れない)
あ、そうか見た目は子供。中身も子供。
そんな生田美月が不条理な製作現場、不条理な己の精神構造。とにかく不条理極まりない中でもなんとかやっていくまでの成長を描くヒューマンドラマだったのか…… も、知れないけど。
コスプレイヤー役の少女達のドライさやサービスシーンが作品を更なるカオスへと導いておりますルゥ〜〜

名探偵コナンSP
映画の宣伝という事でFA?
昨年の映画が予想を越える大ヒットで素晴らしい興行収益を上げた為に。
今年の映画へ対するプレッシャーは相当なものなのかも知れない。
だからキッドだらけスペシャル。
でも昨年の映画が成功を収めたのはキャラで言えば服部平次くんのおかげではなかっただろうか?
あの服部くんの大活躍があってこそ、作品の面白さが際立った印象をもっている自分としては。
今年のキッド中心映画はそこそこの成績を収めるように思える。
あ、SPの感想を書いていないや。
ええ平次くんいなかったので、どうでも良いです(爆)
最後のサイドカーシーンですが見ていてちょいツッコミを入れてましたが。
普段のいかさまトリックに比べれば可愛いので忘れます。
以上服部平次至上主義者の戯言でした。

MADLAX 第2話「紅月 −crimson−」
前回の気合と愛と暴走の感想はこちら。しかし今回は期待していた内容と全然違いました……
妹とまたやんま〜にを楽しめるかと思ってみていましたが。
マーガレットサイドは全然違う雰囲気でございました。
マドちゃんの不死戯空間が楽しめるかと思っていたら。
マーガレットお嬢さまのアンニュイな不思議世界が展開しておりました。
ええ、詳しい感想を書くかどうかは考え中です。
ただ妹さまが「面白くない」「やんまーにが見られると(兄が)言うから見たのに!」
「私の30分を返せ」「こんな事ならPSのスパロボ遊んでおくんだった」「来週は見ない」
と、非常にお怒りなので私も来週は「ほら大丈夫だから」と予告を見せて説得中でございます。
兄妹で楽しく見られる作品を切に願うばかりです。
TV東京・Anime X-press MADLAX マドラックス
MADLAX マドラックス
自棄になって追記。
最初のマーガレットとメイドの会話シーンは黒田脚本だなぁと非常に感じたやり取りでした。
内川藍維さんは好きなので(お芝居を見に行った事や西条キラリのCDを予約して買ったぐらい)
まぁ、今はこんな感じかなぁ。
真下監督は激しいシーンの音楽的演出とイメージ映像のインパクトがあり過ぎて。
今回のように落ちついた陰鬱な雰囲気の見せ方との落差が、
どうにもマイナスの印象を与える回でした。
視聴者のテンションが下がる→モチベーションも下がる→作品の評価が下がる。
悪い夢ですね、これじゃ。
な〜んてここまで書いてみましたが。
冷静になってからそこそこのAVシステムで見直してみると印象も少し変わります。
お茶しながらのんびりと深いこと考えずに見る分には問題なかったです。

ガンツは全く肌にも性にも合わない作品でした…
自分の一番忌み嫌うシチュが出てきて最悪の印象でした。
板野一郎監督作品で期待していたんですが原作のカラーなんですか?
東京に住んでいると駅や車内で危ないシーンに出くわす事が思っている以上にありますが。
おかげさまで驚くほど近くの人達の行動は早いです。
ありゃなんですかニュースで良く語られる無関心で冷たい都会人ですか?
随分とマスメディアが作り上げたステレオタイプな人達ですね。
そりゃいると思いますよあんなのも。
でもですね、考えるより先に動く人は少なからずいる訳で……
等と書いておいて思い出した事が。
以前旧営団地下鉄の駅のホームで倒れている人がいて近くにいた男性二人が介抱しているのを姉と見かけて、慌てて駅員を探して呼びにいった事があります。
すると「ああ、ただ酔っているだけだから」と3人の駅員がニヤニヤしてるんですよ。
姉と私は例え昼間からそうであっても何かあったら大変だと思い助けを求めにいったのに。
「ほっといていいですよ」とこっちまでほっとかれた経験があります。
あれは現東○メ○ロなのね。しかし、私鉄とかJRの対応は私が知る限り早いですよ、かなり。
ああ止めておきましょう。主人公も痛いですし、態々起きて見てしまった自分に後悔しました。
ですが、一応来週も板野&恩田さんに期待しつつ見るかも知れません。
以上、昔板野さんにサインと握手をして貰った事があるみやびでございました。
ええ、好きなんですよ本当に。

今日からマ王 第2話「決闘!美少年VS野球少年」
素直に面白いし楽しめました。これは最初考えていた以上によさげですよ。
いきなり入浴シーンですよ皆さん(笑)HNKは最高です!!
可愛い男の子入浴シーンなら俺はOKみたいです(^^;
途中金髪セクシークイーンが浴場に入ってきますが声が
勝生真沙子さんなのでサービス満点の模様。
この瞬間テレ東の外画のCMコピーが過りました「セクシー金髪美女軍団」みたいなの。
食事のシーンで先割れスプーンが出た時今の子供達に分かるのか心配になりましたが。
その後の左の頬を平手で打つと求婚を求めた事になるとか。
相手が落としたフォークを拾うと決闘を受けた事になるとか。
色々と習わしがあるようですね、独自の。
その後の事は端折りますが、コンラッドやっぱり怪しい何か隠してそう。
森川さんの演技も安定していて良いです。
ギュンターは愛すべきキャラですねぇ〜、鼻血を良く出しますがギャグ担当ですか?
井上和彦さんの様々な鼻血演技や妄想の耽る演技が素晴らしいです。
多彩な出血大サービスですよ〜♪
さて、有利のマ王の力の片鱗が見えたのですが妙にお奉行様ですけど日本の時代劇の影響を受けているのか、それとも元々そうなのかが気になります。
有利もその体に眠る魔王の魂も良い人?みたいで好感が持てます。
これは来週以降も楽しみですね。
NHKアニメワールド:今日からマ王!

ぷぎゅる 第1話「チェコちゃんと新生活」
短け〜〜〜〜〜〜! 9分、いや5分はあるかと思っていたのにそれ以下かよ!
でもメイドの国からやってきたメイドさんが可愛いから許しておく、今は!
いやぁ久しぶりにメイドのなんたるかを思い出せました(嘘)
やっぱりメイドさんはああでなくっちゃね!(大嘘)
あんな短い放送時間で「ま○○○」と「チェコちゃん」(←主役でメイドなの!?)の入浴シーンがあったのには驚き。
アニメの作画や動きはそこらのFLASHアニメーションよりも劣るけどね(苦笑)
妙なノリと勢いを持った不思議アニメでした。
さて、山田美穂さんが「ま○○○母」でご登場!
サービス満点の妙なセクシー演技でございました。
流石は自称元セクシーアイドル声優でございます。
ところでエンディングのクレジット表記で名前が上から2番目だったのですが。
妹が「凄いよ山田美穂さん2番目だよ!」とか言うんです。
言い返そうとしたんですが畳み掛けるように「最初に出るだけでも凄いじゃない」「TVアニメで上から2番目なんてあった?」
いや兄が凹むような事言わないでよ。確かに最初に名前が出るだけで喜んでいますけどね、俺。
確か課長王子で荒木香恵さんが出られてない時に上から2番目とかあったよとか言い返している兄の心中や如何に。
次は7話まで登場されないかも知れないのですが、欠かさず見るよ!奇跡を信じて(収録1日で終わってるんちゃうの!?)
ぷぎゅる
posted by みやびあきら at 22:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味のニュース&それ系更新情報(2004) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック