2005年12月14日

IGPX Immortal Grand Prix 第7話「春がきた」第8話「好き好き大好き」第9話「休日」第10話「対決」

 気が付くとGo For It!(AA)を口ずさんでいる管理人です。どうもやっぱり好きなようですきーやんが(笑) EDのBelieve yourself(AA)も楽しみにしています。ウキウキ

 第7話「がきた」
 前回予想した内容と全く違うIGPXフェスティバルの内容に、流石はIGPX!予想の斜め上を行ってくれるぜ!! とちょっと喜んだ。しかも春が来たのは一応タケシファンティーヌの事だとは思うのですが、マサ・イシカワさんの実家のお話にも春が来たってことかと。つまりええサトミさんちよりも遥かにでっかい企業グループの御曹司だったマサさん、しかも一人息子で優秀な人材でもあると。サトミ・サトミオーナーは設定上18歳と無茶を言っておられるのですが、中身は確かに18歳なのでさり気無くサポートしてたのね、マサさん。この間の電話の謎もここで分ってくる。

 マサさんに対してこの次の第8話で怒るものの、結局は丸く収まった? あ、実は仮病を使ったり、本当に倒れたのに演技だと誤魔化したりする母親に対する色々。家族のわだかまりが解ける。まさに関係の雪解けこそが「春がきた」なのでしょうねぇ。ちなみにビーフ司令が恋しい私は心の中で「ビーフ!」とか言ってたりなかったり(オバカ) あ、ヒマワリ・アオイちゃん萌えの回だったのかも? 独身のマサさんは実家に帰りますが、サトミさんとヒマワリさんどちらがマサさんを落とすのか!!(違います)

   第8話「好き好き大好き」
 我々視聴者が驚く速度で進展しているらしいタケシファンティーヌの仲なのか!? ここで私がこの作品を好きな理由が一つ分った気がする。ええ世間的評価はどうか分りませんが、私この作品の登場人物がかなり好きなようです。世間的には薄味だったり、淡白だとか言われかねないこのキャラたちの大部分が好きなんですよねぇ。今までリズが好きですよ発現をしていましたが、製作スタッフの思う壺かもしれないファンティーヌへの好き度がかなり上がってます、知らず知らずの間に!!

 肝心のチーム・サトミVSチーム・スカイラークの戦いは中々面白かった。そりゃあ男女の恋愛が絡んできて突然タケシが告白したりでぶっ飛びもしましたが、どうにも憎めないタケシと、このお嬢様してるけど単なるお嬢様じゃないファンティーヌを応援してあげようと思いましたですよ、本当に。

 でも、本当にカップルになっちゃうのかぁ〜〜〜。ファンティーヌのデザインは日本人向けじゃないかも知れませんが、私はツボって来ました、はい。

 第9話「休日」
 デート前の男の行動ってのはおかしなこともあるもんですよ、特に慣れないうちは。この世界では女性パイロットで一番人気があるのがファンティーヌですが、タケシもどうやらかなりカニンガムほどではないにせよ人気が出て来ているみたいですね。既に週刊誌を始めマスコミに報道されている二人がデートするにしてはタケシの鈍さは天然か。でも、サインだなんだを求めて人が行列を作っているシーンは笑った。後、個人的に声優さんの聞き分けに挑戦してみたよ、ガヤも含めて。

 ついついチェイスしちゃうリズのそんなに実はタケシが好きだったのね、うは可愛いよリズとか言ってる俺みたいな馬鹿はほっといていいのですが、その後の展開も含めて面白かった回です。なんでレースをしていない日常風景が面白いのかってのは置いておきますが(^^;) ロケット・ジョージの正体が益々アンドレ・ルブレブコーチを匂わせるし、チーム・スレッジママの陰謀? それとも非合法な賭けの胴元なんかの襲撃? いきなり教われる展開においらビックリ。

 この辺の人間の動きは流石はProduction I.Gだと感心致しました。でもマジで殺す気だったし、ファンティーヌまで狙ったのは誘拐して脅す?金銭も要求して営利目的の誘拐に見せかける偽装工作??? 警備体制がなってないビルや、手すりは最近の話題のとこが施工したかのようなやわさで…… もとい、タケシリズで助け合った姿は好きなシーンでした。やはりビルから落ちた相手の手を掴んでってのはお約束として外せません。でもぉ、潰されちゃったプレゼントは寂しいよね。……リバーの話は次に。

 第10話「対決」
 どうしてチーム・スレッジママにリバーが入れて、しかもフォワードを任せられたのかのを考えるに…… 今回のチーム・サトミのファクトリーへの侵入。しかも軍用のワームを使っての妨害工作…… ばれてもリバーに責任をおっかぶせる為なんじゃないかと思いましたよ。リバーなら侵入してマシンに仕掛けることも容易だろうとかそんな方向に持っていくための保険でしょうねぇ。とにかくタケシへのライバル意識が強くてそれを隠していませんでしたから。

 そんな捨て駒扱いのリバーですが、ちゃんと観客席にリバーの名前の入った帽子をかぶった女性が居てちょっと嬉しかったりして。ファンがいたんだぁ、リバーにもと安心しましたよ。まさか関係者とかサクラじゃないですよね!? そんなことは置いといてレースのお話しでも。

 レース自体は不正工作が行われていた為に真っ当な盛り上がり方は出来ない展開。危機感にドキドキハラハラするのが正しいのでしょうけど、どっちかというとロケット・ジョージ引退の秘密、最後のレースにも不正があったのか? と思わせる展開の方が気になったりして。実は昔から不正工作があったのかも知れないですねぇ、大問題ですけど。

 本当の勝負は次に持ち越されたので多くを語りませんが、どれだけ強くなったのか見せてくれると信じつつ。どうにも今期はカニンガム率いるチーム・ヴェルシュタインに勝てない。勝つのは来期に持ち越し感が漂っているのは勿体無いかも? 予告では再び居合いでしょうか。柔道はヨーロッパ市場向け(子供がしてるのなんかは)なのかとか過ぎりつつ、それでもなんか好き、好き好き大好きになってきましたよん♪

 IGPX 公式サイト(←音量注意!) IGPX(テレビ朝日) #IGPX_07 #IGPX_08 #IGPX_09 #IGPX_10
 P.S.エイミーの事に触れない私は何者かと!!(爆)

B000BKJITI
Go For It! (TVアニメ『IGPX』オープニングテーマ)
GRANRODEO mavie 飯塚昌明

関連商品
金色のコルダ ~放課後のエチュード~ 主題歌 Warrior
「好きなものは好きだからしょうがない!!」 EDテーマ Daydreamin'
TVアニメ『IGPX』エンディングテーマ 「Believe yourself」
君が望む永遠 キャラクターイメージソング portrait・5
君のぞらじお 主題歌 MAGIC
by G-Tools
B000BO2MOCIGPX 1
本郷みつる 三戸耕三 渡辺明乃


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000BV7SDU
TVアニメ『IGPX』エンディングテーマ 「Believe yourself」
exige

関連商品
君のぞらじお 主題歌 MAGIC
マブラヴ 主題歌
Go For It! (TVアニメ『IGPX』オープニングテーマ)
アカネマニアックス 主題歌
タイドラインブルー オープニング主題歌 Blue treasure
by G-Tools
posted by みやびあきら at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック