2004年11月18日

双恋 ふたこい 第6話「夏のロケット」第7話「真夏の宝石箱」

 毎週楽しみなんですけど、ダメですか?

 第6話「夏のロケット」

 そうでした、彼らは中学三年生で受験生でもあったのですね。張り出されているテストの順位。中学生の時の1学期の期末テストですかぁ、私の通っていた学校は張り出さない所でしたので(でもプリントで自分の順位やクラスのデータなどは分った)実はこういうのって実際どうなのかなぁ、等と感じたり。

 一条姉妹も、桜月姉妹も成績優秀なんですね。同点で同じ順位でもなく、微妙に違うのって実際どういう所が違ったのか気になったりしませんでしたか? それぞれで得意な教科とか微妙に違うのかなぁ。
 一条姉妹ファンクラブは相変わらず居なくても構わないと感じちゃうのですが、今回もイラネ。褌で憤怒し!赤ふんで真っ赤に憤怒。とか下らない事を考えてしまっちゃうので出てこないで下さい。ええ、別の事を考えようとして思い出しただけでも扱いの難しい連中です。

 典型的な優等生キャラで幼稚園のとき以来っぽい桧山優也登場。中の人が鮒の一騎くんの中の人でしたか、聞いた瞬間に分ってしまう程度には私もなってきましたよ。キングレコード繋がりであるかなぁ、等と考えつつも嵌ってると言えば嵌ってるけど多くの視聴者からはイヤなキャラに見えた事でしょうよ優也は。

 薫子ちゃんが好きな出来杉くんはライバル心剥き出しですけど、望くんのコンプレックスを刺激して鬱らせる為に出てきたように見えるので、人間的にどうだと言うよりも視聴者にも嫌なプレッシャーを与えているようだ。

 ところで、刺身醤油で汚れて読めなくなった部分には「望くんのお嫁さんになりたいと」書いてあったのかな? 単にお嫁さんになりたい以上に敵愾心を出来杉くんが持っていた感じからすると、彼は彼でに劣等感や嫉妬を覚えていた事でしょうか。

 本来は水着シーンでうはうはになるべき回であったのかも知れませんが、見ていても何だか望に引っ張られる形で楽しめなかったですよ、海水浴も水着も。
 ちぃ!普通には楽しませてくれない所が、こちらとしてもどかしい。が、しかし、微妙に薫子ルートに入ったとも言えそうなので残されてしまう?菫子キラユラを気にしつつ次回も間違いなく見てしまうのだよ。

 尚、今週は桜月姉妹が本格的にくんを意識して、心遣いを見せてくれた回でもあったろうよ。うむ、何だか菫子派の俺もちょっと桜月姉妹に揺らがされるものが…… いや、すみませんねぇこんな奴で。


 第7話「真夏の宝石箱」

 前回の心遣いの一環でもあるのでしょうが(バスで一緒に帰ったのが大きいけど)桜月家の別荘に概ねみなさんご招待♪
 桜月家山荘ってストレートな名前はどうかと思いましたが、既にみやびさんの運転する車内での状況、みやびさんの気遣いや運転の仕方や表現がベタでしたので見逃しましょうよ桜月家山荘

 優也の事などで気が沈んだままのくんも、予想以上の早さで元気を取り戻していきます。持つべきは腐れ縁の男友達、そして優しい女の子の友達などなど(^^;)

 桜月姉妹は本気ですな。ええ、かなり本気です。
 しかも立ち直り始めたくんのかくれんぼをしようよ攻撃で陥落に近い状態に! 亡き母の部屋にくんを招きいれてのダブルでツインズでの告白攻撃!! CMでの名台詞はアニメでは桜月キラ桜月ユラ桜月姉妹によって先んじて使用されました。先んずれば人を制すと言いますが、恋愛では後出しもOK!幼馴染は有利で羨ましくとも最後の最後まで予断の許さない展開です。

 しかし母が亡くなっている共通点、更に屋根の上に出て一緒に星空を見ちゃうぞの連続コンボでイベントが進行しています。そもそも別荘に招待されているだけでも相当なもんだし。

 う〜ん先週とはうって変わっての演出と展開… と言うわけでもなく。基本を抑えた非常に手堅いベーシックな作りです。けれど基本に忠実な分じわっと効いて来るんですよ、私なんかには。
 このままどうなっちゃうの? と思わせつつ次回は待ちに待った白鐘双樹白鐘沙羅白鐘姉妹を投入ですか!?
 流石に遅いよ!!

 サブキャラ扱いでしょうから、あっさりと退場フラグが立っちゃいそうですが……
 双恋みたいな気負わずに見られて、見た後も見て良かった思えるようになってきた作品と言うのは大切にしたいと思いますよ。
 不快よりも快の方が大きくなってきて本当に良かったよ!!

TV東京・Anime X-press 双恋  #双恋_06 #双恋_07
 トラックバック概要:ある意味現在の時間軸においては奇異な作品であり、現在放送中のアニメの中では異質でもある。けれども送り手も受けても成長し、その結び方紐解き方が分かった瞬間にこれは楽しめる作品となるのでありました。
posted by みやびあきら at 15:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 放送終了アニメ感想〜2004冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アニメ雑感 双恋 第7話
Excerpt: 双恋 第7話『真夏の宝石箱』 桜月姉妹に招待され、別荘にやってきた望。招待客は望の他に、一条姉妹、雛菊一家(含ビリー)、そして小坂敬介。あまりにも豪華な別荘に驚く一同。午後は川遊び、そして子供たち..
Weblog: 憔悴亭日記
Tracked: 2004-11-19 02:53

双恋 第7話 「真夏の宝石箱」
Excerpt: とにかく退屈しなくなったら、とたんに面白くなりました。それだけじゃないかもしれませんが…。見た目のスタンダードさとは裏腹に、次世代(異次元?)の萌え作品なのかの知れません・・・。『神無月』もある種、そ..
Weblog: お気楽極楽ミラクル
Tracked: 2004-11-19 18:45