2004年04月14日

4月14日辺り迄のTVアニメ感想(追記・修正は随時)

陸奥圓明流外伝 修羅の刻 第2話「天下無双の器」
普通に見られる作品である事の喜び一入。
原作には無かったエピソードもちらちらと入れつつ物語は進んでおります。
二回目になると升望さんの演技も「あれしっくりしてきた?」
上手くは無いが真剣に取り組んでいる印象が見る側にもプラスに働いているのは明らかだろう。
五文分の働きをした八雲。柳生が三文なのはそれほど力の差がある事の証。
見ていて動いている時より八雲の立ち姿(特に後姿)に惹かれた。
あれを見せられれば惚れるのも分るというもの。漢が背中で語ってるよねぇ。
伊織も登場。待っていました!!
その後の成長した伊織が好きな私としては陸奥圓明流と出会ってしまう事になる伊織。
原作では描かれなかった部分がアニメでは描かれる事を期待。
そうする事で第二部へのより強い繋がりを演出出来るんじゃないかと(^^)
まだ陸奥八雲と宮本武蔵の死合は先になりますが、それまでのお話も楽しく見られそうです。
結果も登場人物のその後を知っていても楽しいのは良作の証かも?
TV東京・Anime X-press 陸奥圓明流外伝 修羅の刻


勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第1話「亡命貴族」(ロシア編第1話放映話数では第7話)
驚いた。製作スタッフが変わるとここまで変わるのか!?という位に別の作品になっている。
OP・EDも同じ歌なのに映像・演出が違うと全く別物。
本編も含めてアプローチの仕方が違いすぎる!
ロシア編の方が作画も上だし全7話で1話多い。CMもロシア編の映像が多い。
だが1話だけを見た印象だと普通のアニメである。
今よくある普通に見ることが出来るアニメの作り方をしていて驚きが無かった。
脚本・演出ともに普通。ああ普通すぎる(キャスティングは若干不満がありますが…)
OPの拷問シーンに喜んだ方もおられるかとは思いますが。
もっとヤバイと思わせるくらいに一か八かな戦いを挑んで欲しかった。

すみません、もう変な視聴者で。
同じ声優さんでも演出が全く違うので全く別人な勇午だし。
普通に交渉人らしい事してる(笑)
また見直してみて違いに慣れていこうと思いますが。
鮭が生まれた川へ戻るために河口付近で慣らすみたいなものかな?
パキスタン編を淡水魚とすればロシア編は海水魚。
但しタンガニーカ湖産と東京湾産くらいの違いかも(爆)
勇午 オフィシャルホームページ
声優さんの演技のお話でも。沢木郁也さんが巧いです。普通にこのレベルで演技が出来るのは凄いと思います。
そこの人ダイバージェンス・イヴのヴェルンス司令と同じ人だから喜んでいるんでしょとか言わない。
もっと真面目な話です。
沢木さんは音響監督のお仕事もされているそうで演技・演出共に興味をひかれます。
あと、妹と甲斐田ゆきさんの女性の役って?云々話し合っていたとこなのでタイムリーでした。
うわ、大人のお姉さんですよ!イイ!! 太郎さまイイ!不二先輩イイ!
そんな感想もありました。
現時点ではパキスタン編の勝ちかな。逆転あるかロシア編!乞うご期待!!


忘却の旋律 第2話「長い放課後のはじまり」
素で楽しんでいます♪
今日は深い設定とか謎への伏線とかも色々考えましたが。
それに対する自分なりの考えや感想は無しにして。
(め)がねっ娘危機一髪!で話を進めたいと(苦笑)
(アイバーマシンに付いても語りたいが愛馬の情報が少ないので…)
黒船とホルの戦いは続いており、ボッカも留置場行き。
おっちゃんは軽トラで警察の包囲から逃げ遂せるし。
でもたのし〜いぃー!

がねっ娘は市長の娘だったのね、ホルが机上の写真を見てご所望です。
本当に腹の減ったモンスターというものは手に負えないですな。
父親として愛娘をにがそうとするが頼んだ相手が変態教師じゃ駄目でした。
ああ世界の宝が、貴重な至宝が喰われてしまいます。美味しく頂かれてしまいます。
ボッカは小夜子と飯くってるし、大ピンチ!誰か助けて!!
モンスターって子供喰う時に拘るのね、前回は男の子の服が一発で剥かれていましたが。
セーラー服が剥けました!落ちましたよ!
朝着けていた上から透けて見えるほどのブラは何処へ! 一緒に剥けたのか!?
ここで世界の至宝が失われる事になれば俺も忘却の旋律が見えそうな勢いです(馬鹿)
黒船が市長に泣き付かれ学校へ急ぎますが、もう調理寸前。

で、間に合った!ありがとう黒船。あなたは眼鏡っ娘教団の守り神さまです。
牛バスの次は牛体育館で、再び牛バス&ホルとの戦い。
ボッカ(と小夜子)乱入。モンスターは普通の人は見てはいけないのですね。
ボッカと愛馬参戦。ニューフェィスだ!!
最後生きていた変態教師ががねっ娘を人質に取りますがボッカもついにメロスの戦士です。
がねっ娘にさよならを告げ黒船を追うボッカと小夜子。
ありがとうボッカ。ありがとう黒船。二人のおかげでがねっ娘が助かったよ。
この感謝の気持ちを抱いたまま来週からも楽しみながら視聴致します。
TBSアニメ 忘却の旋律公式ホームページ

…それにしてもアホな事書いてるな俺。


爆裂天使 第2話「情無用のガン・ファイター」
1話より楽しめたのでよかった。
冒頭の戦闘シーンロボの動きよりも手に握られたメグがよく気を配られていてスタッフ偉い!
けど鼓膜破れないか?
後、メグを拉致したサイボットが逃走する時に大量の車両を巻き込んだとしか見えなかったが(人が乗っていればどう考えても死者が出てるよね、一人や二人じゃなく)
取り締まる側は何をしてたのか不思議?
つっこみ所満載なのに楽しめるのはこの作品が娯楽作品としてちゃんと作ってある証と判断。
深まる謎にはあまり興味を惹かれなかったがアクションを楽しむアニメでOK?
あまり女の子・ロボ、其々のガンアクションだなんだと欲張ると焦点がボケて作品の本質が見えてこなくなる恐れはありますが。
主人公があまりキャラ的に立っていないの所が逆に今は良いのかも?
ただ予告ナレーションはギャグなんだろうかどうかで微妙。私はあれはダメな人です違和感あって…
爆裂天使オフィシャルサイト



MONSTER 第2話「転落」
あぁ悪夢の幕が再びあけられました。
地獄の惨劇第二幕開演……
見直しますね。これは重いからちょっと大変ですけど…
木内秀信さんの酔っ払って街をふらつく時の演技が非常に上手いと感じました。
テンマはこの後酔いも醒める悪夢を見ていく事になるのが可愛そう。


神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON 第15話「新たなる告白」
よし今日から始まったよ2nd.シーズン。いやそういう事にして、お願いだから。
冗談抜きでこれを先週放送して欲しかった。これであれば良かった。
冒頭の杏奈の夢見るダンナーチーム。
俺もそれが見たい!それで悪いこと無いじゃん!!
夢オチで良いから見続けたかった爽快感でした。
杏奈の先生の声が山田美穂さんだったしな(爆)
エカテリーナさまを始め海外チーム全員登場。さりげなくシャドーに伏線が!?
それにしてもゴオちんの情けなさには怒りしか湧かんぞ。
幼い未成年の妻が家出しているのにほったらかしかよ。
待っているだけの主人公なんぞ要らんわ!不要!不必要!!
連れ戻せよ、それでベースのみんなからぼこぼこに殴られろよゴオちん。
静流さんのボディーブローで沈みやがれ!(弟が食らってるし)
光司の新録セリフもあったし。兜甲児もいたし(違います)
残り話数であと3回は今日みたいなものを望む。お願い。…贅沢言ってますか俺?神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASONやっぱりミラの存在が作品自体の流れを悪くしてるんだなぁ、と。久川さん好きだし、戦闘シーンも中原さんより数段上手い。
が、ボトルネックキャラ。


やば、恋風第2話のきっちりとした感想を上げる前に3話の放送日が!
一緒に上げよう、それしかない。

#忘却の旋律_02 #ゴーダンナー_15 #MONSTER_02 #爆裂天使_02 #勇午2_01 #修羅の刻_02
posted by みやびあきら at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック