2004年04月16日

4/16頃までのTVアニメ感想準備中です。

クロノクルセイド 第19話「首」
14話から見直している最中ですが久々の本放送。
前回のどこか優しげで暖かな展開から終盤の緊迫した状態で2週間以上待たされましたので堪ったものじゃなかったです。
で、結局悲惨な話でした(T-T)
アイオーンに井上和彦さんをキャスティングした意味をヤバイ話の度に痛感しますね。
アイオーンは悪魔と言うよりヤバイ●●●●な人間が男女を問わず辱めまくっている印象が、益々強くなりました。
何をしたいのか良く分からないです。
これから鬱展開ですか? 凹むなぁ〜
クロノクルセイド Official SiteP.S.執事好きな私は私は……


ジオブリーダーズ File.X ちびねこ奪還 ACT.1
アワーズをトライガンが流れ着く前から買っていたけどジオブリーダーズは難関だと思っています。
もう何年も単行本を買うかどうかで悩み続けてたりして…
連載はここのところじっくり読んでいるんですけど(^^;
OVAは未視聴。雑誌の記事を気にしていた記憶はあります。
しかし、良く動くし面白いとは思いますが原作を少しでも知らないと何が何だか分からないアニメになっていたんじゃ?
ここの所の(旧・現)神楽(社長)への微妙な不信感を抱きつつ連載を読んでいる身としては伏線が多くてアニメを見てもやっぱり謎・謎・謎。
人間(化け猫)関係が複雑な所為だよな、多分。
でもアニメも良く出来ていると思いますので次回以降も楽しみです。
再編集・再構成版なので話の進み方が遅いのは仕方がないですね、3話を4話にしてるから。
ジオブリーダーズ
P.S.最大の謎は何故今になってこれが地上波で放送されたのかなのですが。
ヤングキングアワーズは「ヘルシング」「朝霧の巫女」の2大看板作品のアニメ化が原作者からも見放される(もっと酷い表現が正しいのですが)●アニメでしたからね。
何か別の動きがあるのかも知れません。今は思いつきませんが(苦笑)


絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク 第3話「ショウ 憧れの出撃!」
とにかく面白いと感じたのです。
1話2話と打って変わって非常に楽しかった今回。
先に書いてしまうとEDを見て納得。
絵コンテと演出に京田知己さんのお名前があったのでした。
妹とそういうことかと納得。本編も納得の出来。
さてショウお当番回でしたがキャラ立てと立ち回り、見せ方が丁度よくて。
今までのギクシャク感が無くなっております。
ベスの事情やグラムへの恋慕、過去の話も入れつつショウのRBへの熱い熱い!思い(笑)
グラムのお金自体への執着心よりも、どうも貯める事への拘りも描かれる。
また見直して書き直します。
妹は何故1話目からこうじゃなかったのかと言いますが。
兄としては3回に1回は当たりと言う事で勘弁してとフォロー。
兄妹で本当に面白かった回と共通の感想を持てた喜びの回でした(本当に纏まってない感想)
TV東京・Anime X-press 絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク


天上天下 第3話
う〜むレイプネタはダメです。
アニメじゃ描いてなかったけどね。うぅぅぅ
棗さん家にはお兄さんいたのね。直刀にバイクですか!?
亜夜のバイクシーン、シフトチェンジはもうちょい早い動きでもよかったでしょうか。
あとクラッチレバー人差し指を掛けたままで、ずっと切れてるかと思ったよ。
即、切ってシフトを変えて繋いでが素早く出来るチューンだったのね。
なんて言いつつレバーの握り方は人其々なのです。
やっぱりエンジン音だよな問題は。
あの型ってブレーキはディスクだっけドラムだっけ?詳しくないので良く分からない(なら書くな)
ジェットカウルが特徴的な特攻バイクでしたな。
ケンカ馬鹿二人が真面目に修行を始めましたが、竜崎は真夜に一蹴されてました小枝で…
もしかして4話は本当に3ヶ月後って事は無いですよね?
なんだかんだで楽しみなアニメです。
天上天下公式


勇午 -交渉人- 2nd.NEGOTIATION 第1話「亡命貴族」感想其の弐
見直して分かったよ、とても面白いじゃありませんか!(爆)
気持ちを落ちつけてから妹さまと再視聴。
一般的な視聴者にとってはロシア編の第1話の方が見続ける気持ちになる力があるかと。
依頼者についての予備知識・事前情報をかなり入手してから交渉する勇午。
確かに信用が置けないし、秘書っぽいオリガの行動・仕草からもそれが見て取れる。
真理子に仕事のサポートを頼む勇午。
二人の微妙な関係と空気が大人な二人を醸し出す。
だが全幅の信頼を置ける関係なのですね。
耐寒テスト中の勇午と凍傷で指を失った手を実際に見せる耐寒服の製作を依頼されている人物。
キッズステーションはなるたるといい、以前とは別の意味で凄いです。
ナージェンカには萌えませんが。
次回予告のロシアの眼鏡っ娘が気になって気になって仕方がありません。
騙されても構わないので活躍させて下さい、眼鏡っ娘!
声はもしかすると岡村明美さんでしょうか?謎。
己の肉体を痛めつける事が趣味としか思えないMな勇午に今後も期待大です。
勇午 オフィシャルホームページ


ダイバージェンス・イヴの「字幕特典」について。
萌え萌えアニメ日記のりなもさまに捕捉して頂いた上に情報まで頂戴す。
感謝、感謝でございます。
真剣に予算を組むとして何を削ろうか…
既に月に○万円あった書籍代を削減中だし(一度書店へ行くと数千円買うのは当たり前で最低でも3000円越えてたからなァ〜。コンビニで買う時だけでしょ1000円以内で済むのは)
いや、ダイバージェンス・イヴの小説とストラトス4の小説纏め買いして既にダメっぽい削減目標。
それにしても、どっちもかかずゆみさんだねぇ〜。
昔はとっても苦手だったのにラーゼフォン見てから印象が変わりました(^^;
なので、直筆サインポスターが非常に羨ましいです〜〜。
Vol.2344 2004/04/14のその他欄をご参照下さいませ。
そう言えばかかずさんとみほみほさんは一緒に屋形船に乗られていたんだよなぁ〜。
半場さん繋がりですな。
えい!気持ちだけ召喚(フラッシュやのうてライトあてろや!)
みほみほ001
リーヴェラントアベニュー
(懺悔:最初は合っていたのに2回ほど山野井仁さんのお名前を間違えている記事を発見。逝って来ます)
posted by みやびあきら at 05:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック