2005年12月28日

地獄少女 第13話「煉獄少女」

 ←本当に面白くなってきたと感じてる音声記事です。

 先週の第十二話「零れたカケラ達」が一話から十二話までで一番良かったと感じた私ですが、その後に来た今回の第十三話「煉獄少女」も地獄少女の物語の中では屈指のお話であったと思います。この2話でお話の視点や語りたいことを上手くシフトした大森貴弘監督を始めとするスタッフの手腕には素直にありがとうございましたとお伝えしたいです。そしてこれからも宜しくお願いいたします(来年も宜しくお願いいたします)と。

 依頼者:福本(CV:斎藤志郎) ターゲット:大河内

 ターゲットにキャストが無いのにもちゃんと意味があって、とにかく物語を語る視点、動かす視点、見る視点。上手く切り替えることに成功しているのには驚きです。脚本の西園 悟さんは第五話「高い塔の女」以来二回目。絵コンテの小島正士さんは第六話「昼下がりの窓」以来二回目。演出の則座 誠さんは第一話「夕闇の彼方より」第七話「ひびわれた仮面」に続く三回目。作画監督の山本佐和子さんは第七話「ひびわれた仮面」以来二回目と、既に地獄少女に関わっており、しかも個人的に評価の高い上位回のお話を担当されている方々だったのですが、今回見事に機能して一本の見応えある回が仕上がっております。

 冒頭は柴田つぐみ閻魔あいの‘今’を視るところから始まります。何故つぐみが視る事が出来るのかは未だに謎ですが、父親の柴田一の存在意味や行動する意味が今話で強く導かれます。つぐみが視た古本屋での閻魔あいの姿から始まるの調査。遂に見つけた古本屋であいが立ち読みしたとされる一冊の古い雑誌に掲載された一篇の小説「煉獄少女」その内容はまさに現在の「地獄少女」に重なる内容であり、偶然ではないと更に追いかける

 つぐみの不思議な力以外は非常にオーソドックスなお話の流れと描写・演出なのですが。その抑えた感じと現実にありえると思わせる…… ノンフィクション感とでも言いましょうか。この流れは激しく無い分、非常に説得力を持って伝わってきます。西園さんはやっぱり上手いし、小島さんの絵コンテ、則座さんの演出は今までの地獄少女と違った柴田一が話を動かす今話にぴったりです。いや褒めますよ、褒めさせてください。

 雑誌の編集長に辿り着き、小説家の正体を知り、また挿絵画家が執筆したことや差し替えられた煉獄少女の絵。いやはやこの白黒の一枚のカットがあまりに美しい閻魔あいであり、雑誌のイメージに合わなかっただけで掲載されなかったが最高の出来であったと…… 売れっ子作家の大河内と仲の良かった挿絵画家が持ち込んだ小説と絵。その挿絵画家の福本の妻の自殺…… ああこれはと視聴者にも伝わってくる事件の背景が堪りません。

 昔住んでいた住所を尋ねるも、町の風景は変わりすぎており…… しかし僅かに残った古いアパートに干してあった洗濯物を見てがここに住んでいると察したのには勘以外にも何かあったように思えます。実際に福本はそこに住んでおり、自分の死期が近いこと、地獄に流されることが近いことを察していたと。福本から語られる50年も前の悲しい出来事。……個人的にはまたレイプ、強姦だったのは正直シンドイのですが……

 美しかった福本。それを力ずくで陵辱した大河内。妻は自殺、己の中の怨みが大きく膨らんだ時に大河内が話していた「地獄通信」に纏わる話が現実のものに。そのころは新聞の尋ね人広告の空欄に、普通の人が見ても何も無いはずの所に連作先が浮かび上がり見えてしまうというシステム。そしてポストに依頼を投函した瞬間に現れる地獄少女…… 後は全く現在と同じシステムや制約なのですね……

 福本さんが語る、その歴史は江戸時代には記録が残っていると。そして安土桃山時代にまで遡ると…… なんと!? 戦国時代に遡るのか地獄少女は!! もしかするともっと古いのかもしれませんが、飛脚の歴史は鎌倉時代まで遡るし地獄の概念も仏教だなぁ、神道にはないものだし。そうか極楽浄土に行けずと言うことは遡っても浄土信其が日本各地に広まった鎌倉時代までってとこでしょうか。しかし安土桃山時代という言葉が出てきたことに意味はあるでしょうから戦国時代、戦乱下克上の世の中で生まれた…… 怨みを晴らすとしながらも人々を地獄へ流し続けるシステム……

 どうやらやはり閻魔あいが本人の意思ではなくて、強制的にさせられている印象が強まってきたのかも? だからつぐみに見せ、言わせ。福本にも「煉獄少女」を書かせ、その福本が書いた意味も柴田一に示す為だときましたか……  唸るね、これは。そう持ってきましたか、うむうむ柴田親子への流れのシフトが絶妙ですな。

 福本が語る、地獄へ流されることが決まっている依頼者の人生。やはり心落ち着くことも無く、惨いとしか言いようが無いこの世の物語。無常だね、これは。しかし彼が描き続けていた数多くの閻魔あい地獄少女の肖像たち。最期に瞳に筆を入れる福本。筆をおくとその瞳から涙が流れ、あふれ出し…… 福本さんは死亡、そして地獄逝きの船の上。そこには50年前と全く変わらぬ地獄少女の姿が…… ここで交わされた会話(正確には交わされた訳ではないけど)が切ない。おそらく閻魔あいが本当に語りたい言葉は語らせて貰えないもなのであろうよ。  大河内に会えるかという呟きに対して「地獄も 結構広いから……」としか言えないのは切ないね。いや今回の話もやりきれない気持ちでいっぱいだよ…… だが面白いよ「地獄少女」

 今後の問題は輪入道一目連骨女がお嬢の居ない間に明らかに柴田一に対してこれ以上関わる、邪魔をするようなら消す相談と決意をしているところでしょうか。彼らは契約無しでも人を殺すことが出来るのでしょうか? 契約無しで殺された人間も地獄に流されるのでしょうか? 様々な謎を散りばめつつ、今後の気になるポイントとしてはは地獄少女が全ての元凶だと思っているようだが、視聴者側からするとそれだけではない事とのギャップが埋まる展開があるのかどうか。またちゃんは悪い事をしている人なのですが、正義とは言わないが正しくジャーナリストとして追っていくのか、一人の人間として許せない、止めたいのか。その辺りに心理的な変化も含めて期待したいと思います。

 さて次回は来年なのですが第十四話「袋小路の向こう」の脚本は第十二話「零れたカケラ達」と同じ高木登さんですので、期待しちゃいますよ。依頼者:桐野沙樹(CV:小林ゆう) ターゲット:楠 亮造(CV:広瀬正志) おお声だけ聞くと悪そうな人のキャスティングですが、ところで胸の刻印の位置がやはり真ん中であればあるほど正当とは言わないが怨みと相手の罪のバランスが取れており、右側だと依頼者にも問題が。左だと怨みは関係ない場合に流したって感じがするなぁ。福本さんは真ん中でしたけど、次回は果たして?

地獄少女 1
大森貴弘 能登麻美子 水樹奈々
B000C6DTFU
地獄少女 2
地獄少女 2

関連商品
地獄少女 1
地獄少女 オリジナルサウンドトラック
逆さまの蝶
by G-Tools
 P.S.西園さんのホームページって「西方楽園」って言うのよね。つまり…… 記事を投稿したら文字化けした(泣)

 「地獄少女」 第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話 第十一話・第十二話の感想へのリンク。

 地獄通信(公式サイト) 東京MXテレビ ※ 地獄少女 STUDIO DEEN official web page 地獄少女インデックスページ #地獄少女_13

B000CPGWRI地獄少女 オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 高梨康治

アニプレックス 2006-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラベル:地獄少女 アニメ
posted by みやびあきら at 06:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地獄通信(十三)
Excerpt: 第十三話 「煉獄少女」 開始單以主線劇情發展了?這回完全是圍繞著主線劇情的方向走,幾不多有90%是以柴田一為中心去調查地獄通訊及閻魔愛,而且很有恐怖電影的感覺。 ??..
Weblog: 奇跡の旅
Tracked: 2005-12-29 04:17

地獄少女 第13話「煉獄少女」
Excerpt: 今回は地獄少女の事をわずかだが知る話”つぐみ”は再び”あい”の見ている光景を見ることになる。”一”は”つぐみ”の話を聞き、がま蛙のような顔をした男とインコがいる古本屋を探し始める古本屋「江黒堂」を見つ..
Weblog: 神速の錬金術師の更なる練成〜三位合体〜
Tracked: 2006-01-06 17:38

(アニメ感想) 地獄少女 第13話 「煉獄少女」
Excerpt: 地獄少女 1 このアニメが2クールであることを最初聞いた時は正直「ええ!?」と思いましたが、最近は面白くなってきたため2クールの視聴にも十分耐えうるアニメであるとおもいはじめています。今回のタイ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-01-11 05:52