2005年12月29日

魔法少女リリカルなのはA's 第13話「スタンバイ・レディ」

 続きは見たいと思いますよ。音声記事です。

 ちょっと完成しなかった前の2話の感想を手短に。

 第11話「聖夜の贈り物」
 闇の書の内なる世界に取り込まれたフェイトですが、キレイできた世界だけど先に進んでいない過去を基にした世界なので浸りきれず、また心を惑わすことは出来たでしょうがその創られた感が強くてフェイトにとっては辛かった部分が大きかったように感じれました。……「アリシア・テスタロッサ」彼女が亡くなった事でフェイトは始まっているのですよね、悲しいことに。

 外ではなのはが激戦中。今回はとにかく魔法バトルアニメとして作られた感じを更に強くする激戦でございました。

 第12話「夜の終わり、旅の終わり」
 スパロボの最終ステージのボス戦と評された方が少なくなかったようですが、確かにこれはそうかも。個人的には長編映画であればもっと盛り上がったかもしれない演出と展開だったように思えました。個人的には結構好きなんですけど、一方的に必殺技や奥義を次々とぶつける演出を組み込むにはこの一本、一話をあてるのは当然なのですが。見ている側は概ね一週間開いた上での視聴となりますので、ちょっと流れが切れてしまっているんですよね。なので、いつかファミリー劇場辺りで全話一挙放送とか、二日でとかで一気に見られる環境であれば印象も変わったと思います。

 ここだけを見ちゃうと派手すぎてPARを使ったかのような戦いに思えなくも無い、とか?(^^;)

 ゲーム的な戦闘演出だと受け止めれば、SLGが充分出せそうなユニット能力ってとこでしょうか。某ゲームに無理矢理でも参戦させたいくらいです、アースラが母艦になるし(笑)

 第13話「スタンバイ・レディ」
 大団円ですが、リインフォースとの悲しい別れはあるんですね。例え完全に夜天の魔道書としてデータが残っていて完全修復したとしても、過去に闇の書として改変が出来た記録が残っていれば、未来にまた改造されて禁断の書として人々の欲望により悲劇を生むかもしれないので消滅させるしかなかったのだとも受け取れます。だからこそはやてにより新たな存在として生まれ変わらせて欲しい。その名前だけでも継がせて貰えれば、それがリインフォースであるのですよ、ってことかな。

 クロノが誰にも話さずに独自に秘密調査していた、デュランダルもクロノが使用したことでグレアム提督の罪は記録に残っていたものだけになったのね。勿論、彼の贖罪は自身としてはこれからなのでしょうが八神はやては感謝こそすれ、その罪を問うことなどしないでしょうし。しかも守護騎士ヴォルケンリッターは全員はやてとともに在り続ける事が出来ちゃってますしね。

 家族や友達にも秘密を明かし、更に6年後の世界を見せてくれました。潔く、続編は無いよ。少なくとも今までの形でのテレビアニメは無いですよってとこでしょうか。もし再アニメ化されるにしても別のコンセプトで描かないとあまりに人数が増え、また彼、彼女達は強すぎますから。このまま続けばジャンプ系の戦闘力のインフレが起き破綻するのは目に見えてますからね。

 気が付けばみんな時空管理局の関係者になっており、フェイトフェイト・T・ハラウオンリンディさんの娘、クロノの妹として家族になってますし。クロノは随分声も大人になってアースラの艦長で提督ですか。出世コースを突き進んでいるようですが、前線に出て仕事したいタイプにも思えるんでどうなんでしょうかね? リンディさんは本局勤務のデスクワークで息子と娘にバトンを託しましたってとこかも。

 恋愛関係は描かずに、一応ユーノくんに話は振られましたが何にも無さそうなままの6年後。はやてのチームはベルカ式の魔法を使いますし、特殊な部隊としてばりばり働いているんだろうなぁ。シグナムフェイトの間に決着が付いたかどうかは不明でしたが、ヴォルケンリッターはその高い戦闘能力を生かせる未来の世界。なのはもレイジングハートと一緒に修行して身から教官さんでございますか。主に裏方で大事件の時だけ前線へってことのようでしたが、暗さが無い未来です。本当に明るくて、まさに輝かしい未来ですよ。

 この世界の地球の少女達が無限に存在する時空世界のどこかで、今日も元気に生きてるってことでハッピーエンドですね、リインフォースもなんかちびっこくデバイスとして生まれ変わってましたし。私は結構満足しましたが、登場人物の多さと設定の深さを詰め込みすぎた終盤は惜しかったかも。すでに前作で完成されていたキャラなので新たな成長はなく、この事件すらも日常の物語として続いている世界のアニメとして楽しませていただきました。満足! エンディングも最終話でで繋がりましたし。

 トラックバック概要:6年の間にも色々あったんでしょうけど、笑顔をたやさずにステキな時間を過ごせたんでしょうねぇ。リリカルなのはのショートエピソードなんかが見たいかも?

B000E0VR0S魔法少女リリカルなのはA’s サウンドステージ 03
ドラマ

キングレコード 2006-03-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページ #魔法少女リリカルなのはエース_13 第1話第2話第3話・第4話第5話第6話第7話第8話・第9話第10話の感想。DVD 魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1(AA)

B000DZV6VY魔法少女リリカルなのはA's Vol.2
都築真紀 ivory 草川啓造

キングレコード 2006-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
魔法少女リリカルなのはA's Vol.3
魔法少女リリカルなのはA's Vol.3都築真紀 ivory 草川啓造

キングレコード 2006-03-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1
魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 02
魔法少女リリカルなのは Vol.4
魔法少女リリカルなのは Vol.5
魔法少女リリカルなのは Vol.3
posted by みやびあきら at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 放送終了アニメ感想〜2005冬頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第13話 「スタンバイ・レディ」
Excerpt: 魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1 今期の本命リリカルなのはもこれで終わりですか。あっと言う間でしたね。1クールではまだまだ描ききれない部分も多かったでしょうがここまで無難にまとめてきたと..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-01-05 03:22

魔法少女リリカルなのはA’s #13(最終回)
Excerpt: それは、小さな奇蹟でした 祈りは、遙か空の彼方 涙は、虹になって、光に変わって 長い夜は、終わりを告げて 旅立つときのさよならは 終わりじゃなくて、始まりの言葉 は..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2006-01-05 22:54