2005年12月31日

ラムネ 第11話「台風の夜と夏の終わり」第12話「100個の貸しと100個の借り」

 ←ラムネの記憶を忘れない音声記事

 見続けてよかったなぁと心底思いましたよ。うん、11話の時点で胸が苦しくなったけど…… 胸の苦しさも最終回までちゃんと見ることで暖まった。勿論、辛い展開になってしまったんだけど、それでも最後は笑顔で終わって本当によかった。

 友坂健次近衛七海の愛すべきカップルはとにかく好感度が高くて、この二人しかしないよなぁと感じさせてくれたし。何よりも好きになれたんですよね。一見バカップルみたいかもしれないけどとんでもない、純愛カップルでございました。

 第11話「台風の夜と夏の終わり」
 二人でお泊りしてしまったことで健次は父親にこっぴどく叱られておりましたが、保護者としては当然の行動かと。でもね、この二人に対して回りも暖かいんですよね本当に。健次と七海の幼い頃のお話。台風と農園に関することと、貸しと借りのエピソードなどなど。ああちゃんと繋がっているし、もうこの頃から既に二人の未来は決まっていたとも取れますね。初恋同士と思われますが、成就するなんて健次七海だからこそでしょう。

 とっても農業なアニメでしたが、台風対策で農園の手入れをしたりとか俺のドツボです。でも汚れた心の持ち主の俺は、最初七海がお腹を気にしてる描写で別の事を考えてました、すみません、不純ですみません…… 七海が台風が怖くて一緒に過ごした幼い頃の記憶。そしてまたやってくる台風の夜。部屋に飛び込んでくる七海をみて、この娘さんは見た目よりも行動力あるのね!!と驚きつつ(考えてみると一緒にツーリングいってしまって泊まっちゃう流れなんかを見ても、決断すると真っ直ぐなんだなぁ)そこで一緒に暖かな一夜を…… とはならないのに驚き。

 七海が腹痛を訴えての展開に、確かに画面からは伝わりにくかったかもしれないけど風の強い台風が直撃した時にバイクは乗れないしな。七海の急病に気が動転するもひかり言葉で我を取り戻して、停電、電話線も切れた暴風雨の中、リアカーに七海を乗せ病院へと向かう健次。男だ!男だよ健次。虫垂炎、盲腸ってことで何とかほっとした展開でしたが、二人の絆をより強くさせるエピソードでした。

 そして七海が入院している間に一人で畑の手入れを続ける健次。台風の後片付けは勿論、ああファーマーよ永遠に。暑い夏の日差しの下で七海を喜ばせようと色々してるしなぁ、感動だよ。そして七海の退院の日。他の人間は病院へ直接出向いてましたが、健次は畑で退院祝いを準備中。ここで佐倉裕美との過去エピソードに繋がるあのお魚の髪飾り登場。なんてステキなプレゼントを用意するかなこの男は!!

 しかしその前からがけ崩れを修繕中の道路に嫌な空気が漂ってたんですよね。バイクで急ぎ七海の下へ向かう途中で道路陥没、健次が巻き込まれて…… 思わず見ていてですね、最低でもスネルの最新規格に対応したフルフェイスヘルメットにして。確かにハーフタイプはビンテージなバイクとファッション的に…… でもSG規格なんかじゃやっぱダメだし。せめてオープンフェイスにして…… ああ峠とかよく走行するなら脊椎パッドを…… うろたえた、そりゃあここで健次が事故に巻き込まれるとは思ってなかったんでショックを受けたよ。

 しかも七海が何も知らずに健ちゃんは畑だろうと思って一人でやってきて、誰もいない畑の中には健次が七海の為に用意したすぺしゃるスイカが。いつもの帽子を被り、メッセージとプレゼントが添えられたスイカ。それを友達の髪飾りを喜んで付ける七海が…… 泣かす、泣かすかよ…… な、夏の終わりにとんでもないことに…… うわぁ次最終話でどうなるの!?

 第12話「100個の貸しと100個の借り」
 波乱の展開。健次は意識を取り戻さない状態に誰もの笑顔が消えている……
 楽しかった夏の終わりは悲しい秋の始まりとともに…… 台風も考えてみるとそういうことなんだろうなぁ、うっ思わぬ展開にそれからもしんみりとしてしまった。

 ここで自分の所為だとか七海がうろたえ自分を責めるとかではなくて、ひたすら健次の回復を願う日々が描かれるわけです。単純な脚本ならここで七海を責任感と罪悪感で追い込むんでしょうが、そうではないところが健次七海の物語なんですね。

 二学期の始まり、でも教室に健次七海の姿はない。七海は制服を着て家を出るも鈴夏と途中で分かれて病院へ。多分面会時間の間ずっと傍にいるんだよね、嗚呼どうして目覚めない健次よ。1話から11話までがひと夏の物語だったのに季節はどんどん過ぎてしまい、冬が来て春が来て…… 学校をずっと休んでいた為に留年した七海健次も結果として留年扱いで、妹の鈴夏と三人同じクラスに。ここでの登校シーンは髪を切った七海が描かれるのですが、僅かに心を前に向け開いたかのようでちょっとだけほっとした。

 スタッフが上手いのは転校した佐倉裕美のエピソードも入れてくるとこだと感じつつも、その見せ方の転結はお見事でした。

 また夏がやってきても目覚めない健次。病室に髪飾りのお魚をつけた風鈴を飾る七海が一人健次に語りかけるんですけど…… いいんだよお約束でここは。やっとだよやっと目覚める健次! もう見続けてよかったよ!! うわぁーラムネはこっそりエエ話だったんですよ。

 一年間意識がなくて寝たきりだった訳ですから健次は退院を迎えても一人では歩けないのがね、これからのリハビリを予感させつつ。健次に肩を貸して共に歩く七海がまたこれからもずっと一緒なんだよと、何も言わずに言ってますよ。親父がバイクを直していたり、裕美ちゃんの新しい友達エピソードがあったりとステキに優しく終わった本作品。タイトルにもなった「ラムネ」の扱いも上手くて感心したし。こんな愛すべきカップルを描くだけでもちゃんと一本の作品になるんだと証明してくれただけでもとってもよかった。

 ラムネ飲みたくなったしねぇ、後藤邑子さんと谷山紀章さんが関わっている作品に投資する気が更に上がったし。そうそう声優さんが個人的に良かったと思えるキャスティングでしたよ。父親役の長嶝高士さんとか通好みだし、俺的にモチベーションが下がらなかったです。さて、関連商品をチョイスして買うことになりますが先ずはCDでしょうねぇ。ゲームは逆にこのカップリング以外受け付けられるかどうか考慮中です。ねこねこソフト「ラムネ」オリジナルサウンドトラック完全版!(AA)

 ラムネ(公式) ねこねこソフト Official HomePage 今回のEDはゲームのOPだったのですね。公式でサンプル聞いた見たっすよ♪  #ラムネ_11 #ラムネ_12

TVアニメ 「ラムネ」オープニングテーマ ~ラムネ色のメロディTVアニメ 「ラムネ」オープニングテーマ ~ラムネ色のメロディ
真優 兎夢 菅野祐悟

曲名リスト
1. ラムネ色のメロディ
2. 甘い誘惑
3. ラムネ色のメロディ(Original Karaoke)
4. 甘い誘惑(Original Karaoke)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ねこねこソフト「ラムネ」オリジナルサウンドトラック完全版!
ねこねこソフト「ラムネ」オリジナルサウンドトラック完全版!
ゲーム・ミュージック 佐藤裕美

関連商品
TVアニメ 「ラムネ」オープニングテーマ ~ラムネ色のメロディ ラムネ‐ガラスびんに映る海ビジュアル・ガイドブック TVアニメ 「ラムネ」エンディングテーマ ~Summer vacation みずいろ ― オリジナル・サウンドトラック ラムネ Vol.1
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. なんてね76’s
2. なんてね76’s-inst-
3. ラムネ82’s
4. スイカ90’s
5. スイカ85’s
6. 夏空86’s
7. 夏空90’s
8. 夏空79’s
9. ラムネ85’s
10. 渚83’s
11. なんてね76’s-orgel-
12. ラムネ81’s
13. スイカ66’s
14. 夏空89’s
15. 星空79’s
16. 渚77’s
17. 渚75’s
18. 渚82’s
19. 渚85’s
20. 夏空88’s
21. スイカ86’s
22. あの日へ86’s
23. 花火87’s
24. スイカ82’s
25. 星空75’s
26. 渚74’s
27. 星空70’s
28. 夜空75’s

1. 夜空87’s
2. スピカ90’s
3. ラムネ79’s
4. 夜空88’s
5. 夕凪-inst-
6. 雨空85’s
7. 星空80’s
8. 半夏生78’s
9. スピカ95’s
10. 半夏生93’s
11. なんてね-orgel2-
12. 星空90’s
13. スピカ88’s
14. ひまわり84’s
15. ひまわり83’s
16. ガラスおまけ1
17. ガラスおまけ2
18. マハラジャ列車
19. ラムネ-inst-
20. 夕凪
21. ラムネ
22. ふたり(ラムネ79’s)
23. なんてね76’s-strings arrange-
24. 夕凪-strings+(plus)-
25. ラムネ-strings arrange-
26. ふたり(ラムネ79’s)-strings arrange-

posted by みやびあきら at 21:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005冬頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラムネ良い感じで終わりましたね。
1クールアニメでこれほど綺麗に終わったアニメは久しぶりに見たかもしれません。
Posted by 通りすがり at 2006年01月01日 14:48
コメントありがとうございます。
ラムネは最初からきっちりと一本スジを通してくれた。
考えてみれば当たり前の事かも知れないことなんですけど。
その当たり前の事をちゃんとやってくれた事で、最後に爽快感とともに見届けることが出来たのかなぁ、などと。

気持ちよかったですね、本当に。
ラムネを飲んだ時の爽快感を意識して? みたいな。
Posted by みやびあきら at 2006年01月01日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック