2006年01月04日

マジカノ 第1話「彼女が魔女って、マジですか」

 負けない音声記事?

原作は未読。事前にアニメ情報系のテレビ番組で紹介は見てましたので、そこそこの次z年情報はあり。と、言ってもキャストインタビュー関係ばかりでしたけどね。ラムズ系。

ちなみに管理人はキャラクターデザインの小林多加志さんが結構好きな人。ちびっこいキャラが踊ってると天使のしっぽを思い出してしまい、ちょっとセンチメンタル(^^;) シリーズ構成・脚本の三井秀樹さんは当たり外れが大きいと感じてるんですけど、ポポロとファンチルは素晴らしかったです。ギャグ方面はセンスの好みで不安要素あるかも!? ぶらざあのっぽの系図ですけど。

さぁそれでは一発見てみましょう!! よし第一話総評!!(早っ!)
ちょっと詰め込みすぎなのと、まだキャラがこなれていない為に入り込みづらいのですがこの辺りは想定の範囲内。アニメの演出方面は今後かなり進化・最適化されてコミカル方面はかなり成長する予感を抱きましたよ、世辞抜きで。まだ第一話なんでこんな騒がしい印象が強かっただけなんじゃないかということで、製作者側も視聴者側も慣れてくればOKかと。

声優さんの演技はすっかり色物が板に付いてきた魔宮あゆみ役の野川さくらさんですが、今回もどの程度落差を付けられるかが鍵でしょうか。まだキャラを掴めていないようですけど、それは皆同じでしょうし。気になった女性キャラは長女の吉川舞夏ですね。中原麻衣さんがどの程度あゆみのキャラ性に対抗できるのか興味を持ちました。舞夏は一番美味しくなれる予感がするので今後も注目いたします。

後はですねぇ、担任の先生本郷哲子は私が女教師属性を持っているのと、力丸乃りこさん属性を持っている相乗効果で、登場したとたん「ゲームだったらこのルートから選択する」よなと(爆) 新人声優さん関係はラジオなんかで聞いたりしてましたけど…… これは一番上る山が高いかも。出来れば化けて欲しいのですが、現時点では海のものとも山のものとも…… ただ期待はしていますので頑張ってもらいたいです。

一部で話題のパンツ、パンチラ、おぱんちゅ分ですが物足りないですね(苦笑) ただ世の中には、西島克彦監督、藤本義孝監督というタイプの違うモンスターがいらっしゃいますので(絶賛に近い褒め言葉です)独自のエロチシズムで攻めてもらいたいところです。個人的には小林さんの絵ならば「ふともも、うちもも、ふくらはぎ」の三段攻め…… 三点活用…… いやであろう、むっちり脚線美だろうと勝手に強く訴えてみます(大馬鹿者)

魔法の必要性と呪いの意味。これらの見せ方しだいで毒にも薬にもギミックを生かすも殺すも匙加減一つ。とにかく私は見続けます宣言をしておきましょう。

マジカノ公式  あぁ岸監督の「超ぽじ」なアニメ現場話などなど(←岸監督のBlog、重いけど作品画像もあります) TAKEAKI MOMOSE WEB(原作者公式) #マジカノ_01

Amazon アニメDVD ま行 ま TOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マジカノ#1「彼女が魔女って、マジですか」キャプ感Bパート
Excerpt: てな訳で続きなんですが… はい!!どんどん行きます!! なんかかっこいい。 このアニメ..
Weblog: MELODYブログ IN アニメ観測場新館
Tracked: 2006-01-05 09:57