2006年01月05日

昨年末は「アニスパ!」で年越ししたんだよな。

「アニスパ!」が年越し4時間スペシャルって事でラジオを流しっぱなしにして、風呂に入るときも別のラジオをつけて……
うちは母親が文化放送固定ですから、珍しい光景じゃないですがでも何だか特にいつもと変わらない放送だった気もした。健ちゃんライヴはいつもと違った無謀?な企画でしたが他は浅野先生はいつもどおりに暴言と失言を繰り返し……
「イイ意味で」を枕詞にしつつ、免罪符にする手法は今年も引き続き続くんでしょうか? ラムズも苦笑いですが斎藤桃子とのパーソナリティコンビが上手くいっている今は黙ってる?

文化放送が7月に浜松町の新社屋に移ったときは既存の番組で祝って。そのお祝いお祭りムードを維持したまま秋の改変でかなりの番組を入れ替えそうな空気がラジオから漂ってきたのが気になるところ。A&G枠もインターネットラジオや携帯のパケットラジオが増えている中で、サーバの維持費の方がコスト的に負担が楽。パケラジなら直接収入が見込めるなどなど、今の枠組み、旧来のラジオ番組作り方では問題が山積みなのかも知れない。

とは言うものの、音楽使用の部分で制約が多いポッドキャストの問題が解決されるまでの猶予期間で対応できればってこともあるかも知れない。

纏めもオチもないですが外回りの「阿部って羽衣知!」(あべってういとも!)のスキルの低さは今後の修行しだいでしょうか。桃子ちゃんが居ればまた変わったのかもしれないけどますみんとの食い合わせで一人だけ目立つのは問題と考えたのかも?? 大量消費のタレントで終わらないといいのですけどね、どうだろうか!?
posted by みやびあきら at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記・ニュース・ネット・PC他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック