2004年04月19日

4月19日頃までのTVアニメ等の感想。随時追記修正

美鳥の日々 第3話「発見 no 日々」
新キャラとして姉さん登場。
うわ、想像していたよりキツイ姉さんだよ(苦笑)
その前に仕送りの万札を数える正治に美鳥の発見あり。
その後の食事シーンも何だかほのぼのしてていいですな。でも火の元注意な!
ここで正治が単に美鳥を奉仕者としてしか扱わないのであれば見る事も無くなるアニメだろうが。
正治なりに気を使っているのね、じゃないと朝食作る時に正治もキッチンに一緒?に立てないし。
文句の一つも言ってそうだが、美鳥の真っ直ぐな積極的アプローチに戸惑いつつも付き合う正治や好し!
でもお姉さん出て来て雰囲気激変したけど(^^;
初めて姉を倒した正治くん。その後の展開は報復だったのかも?
湯屋敦子さんのドスの聞いたお声にはもしかすると意見が分かれるかも?俺は外画や舞台系の人平気どころか好きな人なので特には。
どっちかというとあのキャラ自体が出る事によって別世界化した違和感が大きかった。
お風呂でサービス姉さんだがTVAで乳首が見られる良い選択をしたTV局に今後も規制の本当の意味を考えて貰う良い機会かと。
過去話は今回の肝なので非常に好感の持てる演出とお話でした。
(正治水死寸前で可哀想だった)

さて最後は落ち着くところに落ち着いたお話だが今回の注意点は…
あれだな、美鳥の顔やあまつさえ胸をグリグリしたボケどもに有罪判決を下さねばなるまい。
美鳥は正治の為に我慢しとったが涙が零れちまうよなそれは。
正治、もっと切れてよし。天使の右手を持つお前さんでも我慢することないやな。
美鳥に尽くすべきは正治なんだろうな、本当は。
ああ今回も意味不明な感想で申し訳ない。
TVアニメーション 美鳥の日々

花右京メイド隊 La Verite 第3話「シンシアとグレース」
妹と二人で見ながら涙ぐんだよ...
やはりここまできっちり作ってくるとは思っていなかった今シーリーズ。
リセットした意味はあったのですね。およよょぉ。
前作でも見たエピソードでしたが、何だか今回の方が良かったのはやはり太郎さまの包容力の部分かな、と。
女性アレルギーの設定が無くなっているので太郎さまはどのメイドや女性キャラに対してもきっちり応えていこうとしているように感じます。
逃げる必要も避ける必要も無い事に関しては見事な立ち居振る舞い。
太郎あんたイイ男だなぁ、当主の器あるよ!
原作ではもっと酷い目にあっていたようなシンシア。
原作者が原作者なのでありえる話で恐ろしすぎ。
自分はアニメだけで良いです。手は出しません。
う〜ん所謂視聴者サービスとは違う本質的な部分での勝負に勝った話でした。
マリエルは気付かなくとも直ぐにグレースだと分る太郎さま萌え。
シンシアにお礼をしようと教わりに来たグレース泣かせる。
色物はイクヨちゃんだけなのですねぇ(モユの噛み神たる危うさは毎回健在だネ♪)
「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ
そういえばクイズ参加してないけど参加しようかな?

今日からマ王 第3話「渋谷有利!俺がマ王だ」
作画に乱れが見られちょっと微妙でしたが声で判断す。
人間も魔族も本質的な部分は同じと言う事か!?
性善説に立つもよし、性悪説に立つもよし。
ただ有利くんがきっちり親御さんに育てられた良い子なのはよく分った。
町が襲撃されて云々な部分は色々意見があるので語らず。
ただ子供は純粋にマ王さまを慕っているのですよね。あぁ。
戴冠式?にて水の属性を持つマ王有利くんは流水に反応して日本へ帰還。
まさに流される男だね本当になにかと(苦笑)
NHKアニメワールド:今日からマ王!
個人的にはやはり田口宏子さんだよな。
ヒットをねらえ!でもそうだけど俺的には田口宏子さんなんだよ! 意味不明ですまん。

せんせいのお時間 第3話「水着で試験 ポロリもあるよの巻」
その扇情的と思われるタイトルだが、すまん俺は退いた。
スク水のシーンに態々テロップで次回の放送日&放送時間の告知をしないでも良いだろうに。
愚か者め!
ももシスの単行本も何冊か持っているヤングアニマル読者としましては。
青年誌掲載作とはまた違ったテイストもよしです。
でも普通なんですよね。超安定していて刺激は少ないが…
山口勝平さんは相変わらずズルイ(ここでは美味しいの意)
そして山崎和佳奈さんの声を聞くと物凄く落ち着くみやびなのでした。
TV東京・Anime X-press せんせいのお時間


ぽぽたん 第1話「ひみつのいえ」キッズステーション版
いきなりレートの低い汚い画像に萎え。
あいのおっぱいにいきなりボカシ入って終了宣言。
でも写真の乳首はOKなキッズステーションは訳が分らん。
ぽぽラジのテーマソングは購入しているのだが。
もうキッズステーション版には期待も出来ずに絶望あるのみ。
過去に「未来超獣 FOBIA」なんかを放送していた所とは思えんわ。
一時深夜枠で色々放送していたのにスカパーとかで人気出てきてからは半端な対応じゃよ。
特に感想は持てなかった本編ですが(おいおい)
バックにうつる巨大な宇宙船だかなんだかよく分らないものを見て。
スペースバンパイア」思い出す。
そうか!あのおっぱいやキャラは「マチルダ・メイ」がモデルなんだ!
この事件には巨大な陰謀が隠されて… と、MMRネタを色々思いつくが。
あっさりアナグラムは出来るし、シルエットもまんまいけるしで中止。
大原さやかさんのお声を堪能し、ももーいの歌で充分ですな。
TVアニメーション「ぽぽたん」公式サイト
参考:TSUTAYA online / アーティスト情報 - マチルダ・メイ
余裕のある方はイメージ検索でも。
スペバンのDVDは一度発売が中止になって気持ちが荒れたが。
後に発売されて即、購入。吹替えも入っていれば完璧だった。
故 淀川長治さんが大絶賛したロケットおっぱいの破壊力は今見ても驚異的。
その裸身は一度は見ておいて損無し。
映画本編も大好き♪ 何となくテッカマンブレードやヘルシングも語りたくなってきたよカールセン!!
P.S.音楽も良いです。一度聞くと忘れられないメイン旋律。

GATV 第2回
新谷さんがまたクイズで敗れましたが、やはり絵心の無さが連敗の原因ですね。
毎回アニメの再放送があるようですが次回は第1期の何話でしょうか?

規制と言えば「北へ。」のTV埼玉版は第1話、第2話両方に音声カットがあった。
どちらも「何処の馬の骨とも知れない」系のセリフに思われるが。
もう、言葉狩りも何処まで行けば気が済むのだろうか?
BPOのCMが同じ枠で入るのだが視聴地域の住人で直ぐにBPOに連絡したりTV局に文句を言う痛いのが多いのだろうか?
そのうち「馬の耳に念仏」は馬に失礼だとか言い出すのか?
「馬鹿」なんて言葉の意味も字面も悪いから全部カットになるかもね。いや本気でそんなレベルのお話。
社内で「臭いものに蓋」的行動を抑止する人はいないの??
#せんせいのお時間
posted by みやびあきら at 14:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック