2006年01月20日

その 木曜日のアニメって…

木曜深夜は地獄だぜ……
ただでさえアニメが大量にあって時間も重なって録画機フル稼働だってのに。
2006年1月19日はwowowアニメの2本が休みで楽できるかと油断してたら、こんなんですかよ。

「ローゼンメイデントロイメント」金糸雀だけでなく翠星石までもが逝ってしまい。翠星石の居ないローゼンなんて梅干の無い白旗弁当だよとか、お手上げだよと訳分からない流れのままで、本日の〆。そう、あのGONZOアニメを見たのよ。

「ソルティレイ」ですよ「SoltyRei」!!

……ぽかーん。

全24話予定のアニメですから今日の第13話「distance」が丁度2クール目の幕開けみたいなもんですよ。そうここから新しい展開になるんだろうとは思ってましたが、まさかまさかのローズ・アンダーソン死亡!!

嘘、うそーん。確かにラジオのローズ先生の人気比べて怪盗のローズの人気は今一つだった思うし、自分もその空気の読めなさにツッコミを入れていましたがそりゃあないぜ、何てこったい!! しかしこのことでローズがリタ・レバントであると確定したんだろうな。墓前に報告しておいてそうじゃありませんでしたって事は無いと思うし……

では自棄になって正式感想を書く前に大予想してみましょう(現実逃避)

ローズは肉体的に完全に死亡(その前にソルティが持つ謎の蘇生能力が発動するかもしれないけど)事業部長がその肉体を回収、今までの実験から更に踏み込んだ段階へと進む。元々ソルティをR.U.C.から逃がしたのは事業部長の企みで、完全に最初から人の肉体も心も持たないリゼンブルの究極型である実験体を一般社会に送り出し、AIに人間社会への適応能力を学習させると共に、人としての肉体を持たない人型のものが通常の生活などに耐えられるかなどなどをテストしてモニター中。

次の段階は人間ベースで究極まで、つまり脳?の主な部分以外をリゼンブル化した存在の実験の最終段階を遺伝子が変異した者、つまりローズの肉体を使い(多分ローズにはそれに適した特殊能力がブラストフォールにより付与されている)そのテストを行う。で、色々あってその事を知ったロイさんが三度娘を取り戻すべく立ち上がる。

間は端折って、完全リゼンブルのソルティと限界リゼンブルのローズが戦う事で最終的な実験段階。完全な機械の体に人の意思や心をフィードバックさせるテストが行われるも、ローズ暴走。命令も受付けずに暴れるローズを止めるべくソルティとロイが立ち向かうも彼女を倒すことが出来ない。そのさなかに己の意識を取り戻して自分を破壊するよう(殺すよう)に父親に願い出るも、ロイにそれが出来ない。そして一緒に死のうとするところをソルティが!!

エピローグは、一般登録市民で全くの普通の少女であるリタ・アンダーソン。しかしその正体は怪盗ローズ・アンダーソンでもあり、その肉体はかつてソルティ・レバント言われた少女のものであると。私はただのAI、人工知能で人間ではありませんから、だから私の体を使ってください、私の心は無くなってもこの体がローズさんと一緒になることで本当にロイさんの娘になれますと…… 中略

そして深夜の街を駆け抜けるバイクが一台。名前はソルティ。バイクにAIを移された…… ってZ.O.E.かよ!! ドロレスかよ!!(爆)

もう少なくとも二人の融合しかないような気もしますが、腕が千切れただけでリゼンブル化すれば助かるとかだといいのですが、どうにもぺっちゃんこ(泣)な気がしますし…… これでこのまま超展開で話が纏まらなければやっぱりあのGONZOか! になりますが。このままで終らずに見事〆てみせれば、凄いGONZO!!として称えられることでしょう。ちゅうか、ソルティレイは切らずに見続けて大正解でございます。とにかくこんな展開にはなりましたが当たりです!!

とりあえず勢いだけで書いてもうた。もうねショックでか過ぎて心を和ませようともう見たのにIGPXの13話見て、のんびりしようと…… うん、見て平和っていいなぁと……
posted by みやびあきら at 12:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みやびさん。お久しぶりです。
お久しぶりなくせにイキナリですが、なんですって! 翠星石がぁ〜〜〜っ!! ああぁぁ…(泣)←翠星石のフィギュア持ちな私です。
ローゼンメイデン・トロイメントは残すところあと1話くらいだと思いますが、ちゃんと終わりそうなんでしょうか…? アリスゲームやNのフィールドの謎とか。
そしてお父様って、本当に槐なんですか????
Posted by Looh at 2006年01月22日 16:28
Loohさんも動揺、自分も動揺。
いや、翠星石を楽しみに見ていた部分がかなり大きかった事を痛感いたしました。
失われて分るそのその存在感の大きさ。
この喪失感を埋めることなんて、復活してくれない限りは無理だと思いますよ……

nのフィールドは次元的にまた量子論とか出てきそうなんですが。
ここはもっとファンタジーなものなのかも?
アリスゲームの本当の意味を皆が取り違えている説と。
槐はお父様の形を写した人形説も唱えておきます。

ああ口汚いやさぐれているのに可愛い翠星石がぁ〜〜〜〜(泣)

追伸:私も何か買ってたりしますが言わない事にしておきます(爆)
Posted by みやびあきら at 2006年01月22日 21:00
今回は見てて「人の話を聞け!!」って言いたくなりました。
「やめろ」って言うのにやめない、「逃げろ」って言うのに逃げない。
かなり不快に思っていたところにローズ下敷きだったので、自業自得だと思ってしまいました(笑)

>大予想

ロイにはショックでしょうね。
今回もそうですが、自分のことだけ考えるとヘタレるタイプみたいなので、しばらくはそんな感じかも。
ローズ復活の手段と、ソルティが創られた過程がリンクしたり・・・するのかな?
Posted by nono at 2006年01月22日 22:04
まぁ空気読めないのがローズっちゃぁローズなんですけど。

どちらかというと買物に出て、街中でお茶してた後で、何ゆえあんな寂れたところに現れたのかってとこでしょうか。
バイクに乗るでもなく、車でやってきたロイ達からみても距離的になにをそんな偶然彷徨っているのかと突っ込みを……

まぁ本当の娘と、本当の娘になれるかどうかって二人の問題が解決するといいのですが、およよ。
Posted by みやびあきら at 2006年01月23日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック