2004年12月09日

ふしぎの海のナディア 第36話「万能戦艦Ν−ノーチラス号」

 前回の第35話「ブルーウォーターの秘密」ナディアの生まれ故郷である旧タルテソス王国で自分の誕生日も分ったり、結局「おめでとう」「おめでとう」で済ませてしまう庵野監督の基本演出が理解できた所で(苦笑)物語は終わりへと向かって加速していきます。

 第36話「万能戦艦Ν−ノーチラス号」

 長かったねぇ、ほんと。
 この最終盤を描くために途中は、南の島編なんかは捨てたと言っても良い作品なのですが、これからですからこれから。

 話をすっ飛ばしてエレクトラさん登場。これ以降この記事は一部先行ネタバレが含まれますので注意して下さい!!

 随分な格好ですが、あれは宇宙戦艦ヤマトから来てますので気にしないように。地下で赤く映える朽ちたかのような戦艦の姿もヤマト。エレベーターが傾いているのも第一艦橋も、主砲の音も。とにかく一杯ヤマト。メーターは松本零士メーターだったりするし、他にも色々な作品から来てるけど気にせずに、自分が分る所で笑うなり唸るなり致しましょう。

 エクセリヲン級発掘戦艦なのや一部の描写はトップをねらえ!からでございます。そうすると自ずからこの戦艦のメイン動力がお分かり頂けるかと。燃えるね、男の子としては燃えるね(いくつだよ、自分)

 ナディアガーゴイルに連れて行かれて、ブルーウォーターはネモ船長のものも含めてネオ皇帝の力もあって、結局両方持っていかれたり、最後は重力子ミサイル飛んできたけど撃ち落して大爆発だよ。バリアは持つのか? とかも含めて次回を待って下さい。お馬鹿な、だけどバリバリやりまくりな展開が待っていますので。

 後、これからの話として揺れるからな!!(何がだよ!) 刮目して待て!!!

NHKアニメワールド:ふしぎの海のナディア  #ふしぎの海のナディア_36
posted by みやびあきら at 16:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不思議の海のナディア懐かしいです…。
私が小学生の頃?
こんなお姉さんになりたいなって思ってました(≧∇≦)b
Posted by かゆら♀ at 2004年12月10日 05:49
かゆら♀さんコメントありがとうございます。

>こんなお姉さんになりたいなって思ってました(≧∇≦)b
ナディアになってもエレクトラさんになっても。そうグランディスさんになっても業の深い女性になってしまいそうですよね。

まぁ、なるようにしかならないんですけどね(^^;)
Posted by みやびあきら at 2004年12月10日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック