2004年12月20日

今日中にいくつか上げないとね。

 「蒼穹のファフナー」
 ここの所、面白くなってきて反って感想を書く事が出来ないのですが(^^;) これは素直に楽しんだ人の勝ちです。
 1クール目は作りなおしてほしいよなぁ〜、という思いはありますが、ここは一つどん底を知ってしまったからこその猛追が堪らない、と。

 さて、先週日野道生があのような殺された方をしたのを見て衝撃を受けたのですが、母は強いと言うか弓子の前向きな立ち直りの早さは時間を割いている余裕が無いとは言え、見ているこちらが引き摺ってしまう暗いものを短時間で拭えたと言うか希望を持てて良かったです。

 悩みはじめると限がないので、普通の感想で…… とも思いましたが、何か最終回までに考察の一つもしておきたいですね。
 シリーズ名前に込められたメッセージとか題していってみる?

 「うた∽かた」
 話すと限が無いのは、もうね、どうしましょうか? 書ける事を書いて綺麗に仕舞えればよいのですけど……

 「神無月の巫女」
 驚いた!! ええとっても楽しんじゃったので、そんな感じで流されるままに書いてます、今(苦笑)
posted by みやびあきら at 04:38| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファフナー投げなくてよかったですよね、お互い(笑

うた∽かたも神無月の巫女もある意味最後まで行けてよかったですよ。まだ感想書いてないですけど。
Posted by ミオル at 2004年12月20日 18:09
「ファフナー」、前半と比べると、まるで別の作品ですね。
しかし、作品の根幹をなすとはいえ、脚本家の交代でこうまで変わった、と言うのは前代見聞なのでは?
実写作品で言えば、監督が交代した、くらいの変わり方のように感ずるのですが。
Posted by 流転 at 2004年12月20日 19:37
>>ミオルさん。
いや、本当にこれだから多少苦しくとも我慢しないと後悔する事に……
まぁ、私の場合は貧乏性なので化ける可能性を捨てきれずズルズルなんですけどね。
でも本当にファフナーは良かったです♪
後は、最終回に引っ繰り返されない事願うばかりです。

それにしても、コンパクトでインパクトのある感想を書けるようになったら楽なのになぁ〜(苦笑)

>>流転さん。
そもそもシリーズ構成の山野辺一記氏が、今までに聞いた事がない「ベースプランニング協力」なる肩書きを与えられ引っ込められた時点で、シリーズ全体の構成に失敗してしまった事を如実に知らしめてしまったのですけど。

しかし、それで面白くなったのも事実です。
でも前が酷過ぎた反動分のプラスアルファも考慮しておかねばなりません。

だけれども脚本家が代わって良かったのは紛れもない事実ですよね。
他が代わってない訳ですから余計戦犯扱いされてしまうポエマーにどう言葉を掛けるべきか……

脚本家が途中で代わったり抜けたりして面白くなくなった作品は少なくないですが。
ここまで作品の印象が変った例として「蒼穹のファフナー」は語り継がれていくかも知れません。
不名誉な事だとは思いますけど(^^;)
Posted by みやびあきら at 2004年12月20日 22:10
こんばんは。 「うた∽かた」
自分も大絶賛では残念ながらないのですが(笑)

な、なんと!!「うた∽かた」第13話「初冬の双夏」
OVAにて発売だそうです。(公式HP・12話紹介より)

さて、蛇足になるか、補完されて素晴らしいモノになるか・・・(笑)
まぁ、アレなのでどっちに転んでも嬉しいです。
 感想考察、とっても楽しみにしています。
自分とこは感情の赴くままに書いちゃったので
観づらいので 皆様 観やすく羨ましいです。
ではでは。
Posted by 米にぎり at 2004年12月21日 23:27
>>米にぎりさんのコメントをこちらの記事に移させて頂きましたぁ〜〜♪

>な、なんと!!「うた∽かた」第13話「初冬の双夏」
ええ、聞きました(^^;)
もともと13話のアニメと聞いていて、12のジンを全て解放して最終回を迎えるとばかり思っていたので。
もし、その13話で完結するようなアニメであった場合はTV放送アニメとしての評価は下げざるを得ないなぁ〜。
等と考えています。

ちなみに感想と考察では、試しの意味や模範解答でない正解?に付いても書いています。
また、大した事では無いのですが沙耶についても考察しております。

ちょっと気合が入り過ぎて無駄に長くなってるのですけどねぇ〜〜(苦笑)

仕方が無いので別けて上げて行こうと思います、って本当は未公開で2本上げてあるんですけどね、推敲中です。
Posted by みやびあきら at 2004年12月21日 23:36
あ、お手数おかけしてしまいすみません。

文章系の方のレス確認がどんな感じでされているのか
解らず 一番上のスレに板違いレスしてしまい
すみません。。。

これからは 板違いレスにならぬよう気をつけます
重ね重ねすみませんでした。

追伸
過去ログにて 書き込みした後 発見しました(^^;)
いや〜、こちらも二度手間すみませんです。

>13本
自分も最初は13かと思っていたのですが
制作的に質を抑えられなかったので
こういった形式をとったのですかね?
11話の質を12話でされても 辛いので
苦肉の策っぽいですが。。。
作画的にはOKですが
仰る通りこういった作品的にはかなり厳しい感じですね。さて。。。
Posted by 米にぎり at 2004年12月22日 00:59
実は、逆に話数を減らしても本筋を語るに構わなかった気もしないでもないです。

残念だったのは語られなかった事柄が多過ぎた事。
途中でサブキャラの話を膨らませた割には、一夏は知らないままで終わっていましたし。
そもそも見ている方も解決したように見えない所の分をカットすれば、もっとコンパクトな話になったような……

商売上の問題もありますので、未放映話を入れる事に対してはやぶさかではないですが。
それを見ないと完結しないというのだけは避けて貰いたいなぁ、と勝手な考えを持ったりもして(^^;)

せめて見た人がステキな話だったと感じられますように願っております。
Posted by みやびあきら at 2004年12月22日 04:34
>サブキャラ話
ですが、結局は脚本的消化不良かもわかりませんが
視聴者にも 一夏と同じような世の不条理さ(と、いいますか生理的な気持ち悪さ)
を感じさせる作りにするためにワザと語らない構成にした感じもあるのですが・・・(好意的な受け取り方として)

 しかしながら、ワザとするにしては無神経すぎる題材があるのもまた事実で、
 この見事なまでに、人の神経を逆なでさせる気持ち悪さがまた
「うた∽かた」の陰の部分 といえる所以でもあるのですが・・・。(ここの徹底的感の部分も含め個人的に気に入っているのですが)

ですが、皐月のは。。。胸くそ悪さ感ではかなりの気持ち悪さな部類で
(アニメで気持ち悪くなったのはあまり経験が無いもので)
正直アレでは反面教師すらにもいたらず勘弁して頂きたかったのですが!!
(その点では題材にするのには中途半端な感じがしました)

(救いの無さ 加減では全話共通して徹底はしてますが。。。)

皐月のは「うた∽かた」らしからぬハンパさで 大変残念でした。
「うた∽かた」自体のハンパ感は置いておいて。ですが

9話に関して コメントがありませんでしたので
この件がタブーでしたらこの書き込み削除をお願い致します。すみません。
 語らずは当然感も解るのですが、しかし・・・
駄文ですみません。


追記:>ステキな話
鬱展開(試し)も終わりましたから カラっと晴れ渡るステキ話になる。。。ますかね???(笑)
楽しみです。では。
Posted by 米にぎり at 2004年12月22日 12:55
皐月に関しては軽々しく扱ったつもりではなかったにせよ、セカンドレイプ(…もっとかも知れぬ……)までかましてくれたスタッフには文句も言いたくなります。
サブキャラで扱うにしても、しっかりと中心に据えて扱うべき話だったでしょう。
それでも、あえて扱うというのであれば。
Posted by みやびあきら at 2004年12月22日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック