2006年02月24日

今日からマ王! 第77話「魔王降臨」

テレビアニメ「今日から王!」も明日が最終回ですね。
2004年の春から放送ですからほぼ2年間に渡っての放送。途中でお休みや総集編なども挟みましたが感慨深いです。

フォンウィンコット卿スザナ・ジュリアが自分の運命を受け入れた真相は有利こそが創主を倒すことの出来る存在になれると確信しての行動でもあったのでしょうね。フォングランツ卿アーダルベルトからすれば事情も分からないまま、それでも渋谷有利と出会い変わり始め、またこのお話の結末を迎えるにあたって…… 彼の憤りはジュリアを失った、そうさせた眞王(創主に取り込まれてたけど)への怒り、不信があったとはいえ彼の抱いた疑念は正しくはあったのか。

大賢者さまも最終的には有利の味方ではあるようですが、それも眞王創主に意識を乗っ取られる前の願いを聞き入れてのことでしたか。まぁ有利を信じてたこととはいえ無茶をされます。常に敵を欺くには味方からを実践され続けていたところが小憎らしい。有利は許しちゃうと思いますが、一発殴ってもよさそう?

最後の箱の鍵はウィンコットの血であった訳ですけどご先祖様含めてウィンコット家の皆様は他所の家系や登場人物よりも思慮深く、言われなくともやってのける最も優秀な血筋でございましたな。地球に行っても、眞魔国に残っても、また有利の魂の元になってもです。日記にヒントは残すは、他に最終とラップを残すは、コンラッドに渡したペンダントですらそうなると信じてのことなんでしょう。

ツェリさまが自由恋愛をしているようで仕組まれていた恐ろしい現実。でも創主の思惑通りに事が運ばなければ最後に倒せない捨て身の計画。相手の計画を滞りなく実行し最後の最後でシナリオを書き換える……

小悪党を続けたツェリさまの兄のシュトッフェルと腹心のレイブンも最後は覚悟の戦いに挑んでるし。言い訳のように魔王陛下のご機嫌を伺っているような事を言ってましたが、彼なりの贖罪なんでしょう。各地で抵抗を続ける皆様も含めて待った無し!! 先週と同じで放送時間が午前9:03〜9:28と変更になっているのと、万が一にも何か緊急なことがあって時間変更があっても大丈夫なように余裕を持って録画予約をしておきます。

NHKアニメワールド:今日からマ王!
まるマ公式サイト:眞魔国王立広報室−しんまこくおうりつこうほうしつ−  #今日からマ王_77



Amazon 角川ビーンズ文庫 TOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック