2006年03月01日

ガイキング 第13話「衝撃!キャプテンは父さん?!」

←人名が自動だとおかしくてすみません音声記事です。

声が同じ(中の人)でダイヤの頭をくしゃっと褒めて労う動作も同じだったりした為にキャプテン ガリスダイヤの父さん!?と思わせるかのような展開が続いていましたが、丁度1クール終わりの第13話でそのあたりは一気に解決。父さんでも無く地上の人間でもなくダリウスの科学者であり、ダリウスの地上侵攻に反対し大空魔竜を作り上げ抵抗し続けた人だったのね。

まぁみんなの父さんみたいな人ですが、本当に凄い事やってのけている人でございましたよキャプテンは。完全に素顔の全て見せなかったのは今後の伏線なんでしょうけど、ダリウス大帝あたりと関係でもあるんでしょうか?

作画関係、特にメカの動きはメカデザインの大塚健さん自らが見事なアクションを描いてくれておりまして、いやぁ格好良かっですし、見応えががありまくりでした。スピード感と重量感溢れる熱さが共に感じられたのは特筆すべき事でしょう。とにかく熱い炎を燃やし続けるヒーローロボット物。少年主人公のロボット物でここまで熱いのも最近は無いので今回はとにかく保存版って事でございますよ。

大塚健さんのブログ「ケンオーのブログ」に今回の第13話に関して書かれておりますので「ガイキング13話 その2」お時間ありましたら是非とも読んでいただきたいです。バトルかぁ、ちょっとレイズナーVSザカール戦を思い返したりもして、V-MAX対V-MAX レッド・パワーの戦いですね。あれのスピード感に肉体で戦う力強さと熱さを加えると今回のダイヤVSノーザになるって感じでしょうか。

しかし二度も敗れた北方将軍ノーザサスページと共に暫くは前線に出てこないことでしょうね。ヴェスターヌと正体不明のプロイストがメインになって大空魔竜と闘うことになるのでしょうが、フェイスオープンの最大戦闘時間巡る策略が用意されそうな予感。直接戦闘能力でノーザ以上の将軍は居ないでしょうから果たして!?

次回から放送時間変更で日曜の朝6時半からですか。しかも3週間空いちゃうしで…… 今回の放送を見た大人はまだ見続けることでしょうが、本来のターゲットの子供達に何かを残せてちゃんと見続けてもらえれば、またここから見てもらえればなぁ。正直ちょっと見ている理由を自分自身で図りかねていたんですけど、大塚さんがラストバトルを担当されるそうですし(後2回はあるかも? 有るとイイナ!)最後までお付き合いします!!

東映アニメーション/ガイキング
ガイキング(テレビ朝日) #ガイキング_13

posted by みやびあきら at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック