2006年03月02日

IGPX Immortal Grand Prix 第19話「タケシ、前へ」

 ←音声記事です。矢印がちょっと(^^;)

チーム・ホワイトスノーの●どもがいつ出てくるのかと不快感を拭えないまま見続けていましたら今回は出てこなかったので、僅かにほっとした管理人です。奴らは永久追放にならんのか!!

ええ何だか不思議な脚本でしたが展開的にはきっちり1話に物語を入れてきましたので意外ではあるものの収穫でした。レースが続かなかったですからね次回に。

でも今回描かれた落ち込んだままのタケシファンティーヌとのデート→タケシのミーティングさぼり→タケシを捜すリズファンティーヌはどうやらリズの気持ちを察する→タケシヘタレのまま→サトミオーナーの明日のミーティングにタケシが来なかったらレースにタケシは出さない発言→ファンティーヌタケシ心の擦れ違い→何故か少しは立ち直ったらしく遅刻はしたがミーティングに出てくるタケシ→いよいよレース……

多少前後したり適当に書いただけなので修正が必要ですがこんな感じでしょうか。驚いたのはチーム・スカイラークがチーム・サトミから少なくとも10ポイントは取らないとIG-2へ降格の危機に陥っていた事。おいおいホワイトスノーみたいなのをのさばらせる最低な運営しておきながらのレースなんて面白くなるとでも思っているのかと小一時間どころか延々と問い詰めたいのですが、どうやらファンティーヌを引っ込める為の脚本上の陰謀かよと……

サトミ・サトミは完勝しろと発破を掛けてますしねぇ、嫌な予感。レース直前に分かれましょう発言飛び出すし、そうそうアンドレもこのレースで限界みたいな流れを台詞で作ってますしね。そりゃあロケット・ジョージが出場するレースの方が面白いもの、人気も出るだろうしでの退場フラグですかそうですか。ああ分かれるのは多分、リズタケシへの認めたくない恋心関係の話を清算する為にもなんだろうけど……

レースに関してはこの二つのチームは似てるんですよねスタイルが。だってまさに妖しげな武装は持たないチーム同士で、本来はこういったレースの方が緊迫感があって面白くなりそうなものなのですが被ってますか?被ってますかそうですか、とほほ。リズがヴェルシュタイン相手にあそこまで戦ったのにリタイアしたのはポイント調整に感じられてしまった嫌な視聴者です。スカライラークが3機ともリタイアでポイント0だったのも退場させる気満々ですね……

だから運営は相手のコントロールどころかシステムを全て奪ってパイロットの命を危険にさらす様な装備でもレースを成立させちまってポイントを奪わないどころか、サポーターも騒いでないのかこの世界は? スノーホワイトみたいな戦い方に疑問も持たない運営…… まぁいいや最終的にあいつらが永久追放されずにこのままレースを続けられるようなクソ運営のレースなんざファン離れがおきて当然だと思います「チーム・スカイラークが降格したら運営批判がおこるがいいさ!!」(浅井清己さんの台詞でお願いします、って出番少ないって!!!)

ええエイミーが次回復帰ですね、キャットフードメーカーとの契約もありますので出場が無かった2レースでどの程度資金的なマイナスが生じたのか気になりますが、タケシ降ろしてロケット・ジョージ…… チーム・スレッジママ戦のようなのでリバーくんに尻を引っ叩いて貰ってタケシ浮上を願うばかりです。

IGPX 公式サイト(←音量注意!)
IGPX:タケシ・ジンノ リズ・リカーロ エイミー・ステイプルトン│Cartoon Network
IGPX(テレビ朝日) #IGPX_19

Go For It! (TVアニメ『IGPX』オープニングテーマ)Go For It! (TVアニメ『IGPX』オープニングテーマ)
GRANRODEO mavie 飯塚昌明

曲名リスト
1. Go For It!
2. mistake
3. Go For It!(off vocal)
4. mistake(off vocal)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
TVアニメ『IGPX』エンディングテーマ 「Believe yourself」TVアニメ『IGPX』エンディングテーマ 「Believe yourself」
exige Minami Kuribayashi Kaoru Okubo

曲名リスト
1. Believe yourself 作詞:Minami Kuribayashi、作曲:Minami Kuribayashi、編曲:Kaoru Okubo
2. Funny Girl 作詞:Minami Kuribayashi、作曲:Minami Kuribayashi、編曲:Shinya Saito
3. Believe yourself(off vocal)
4. Funny Girl(off vocal)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みやびあきら at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数少ないIGPXのまとまった感想なので、凄くコメント付けたいけど、今さっき気が付きましたよ、名古屋テレビは完全1週間送れだってことに。

なのでこっちでは、ロケットジョージasアンドレの玉砕ゴールで劇的同点までしか見れない。

入院中のベッドではしゃぐエイミーに少し萌えました、バジャマは素晴らしい。

もう2戦いくらいアンドレで総合ポイント稼ぎしてもらってもいいかなー。
Posted by くさなぎ at 2006年03月04日 23:55
地域差が出てしまうのは困りものですが、放送されないのはもっと困りものですよね。

先週のアンドレのやったことはずっこい事なんですけど、カニンガムの前に居る時に実行しなかったのは避けられるどころか、阻止されたうえに潰される判断や。
ダメージを負ったマシンで完走する限界点何かも考えていたんでしょうね。

>入院中のベッドではしゃぐエイミーに少し萌えました、バジャマは素晴らしい。
エイミーは可愛いのにヒロインではない為か扱いがちょっと勿体無いです。
アンドレがフォワードで…… タケシ抜きのレースも見てみたいですけどダイエット必須ですね(^^;)

個人的にはロケット・ジョージ全盛期を超えるパイロットは未だにいない。
カニンガムよりも超えるべきは過去のアンドレなんだと信じてます。

しかしポイント制なのは理解できるけど他もしっかりして欲しいです運営には。
Posted by みやびあきら at 2006年03月05日 05:00

この記事へのトラックバック