2006年03月08日

闘牌伝説アカギ 闇に舞い降りた天才 第23話「剛運の威力」

 ←鷲巣さまのロンが聞きたい?

今回のアカギの台詞は最初の「ロン」「一通、ハネ満」「ハネ満」だけでしたっけか。録画してあるので確かめれば良いのに、記憶に頼って書いてみた。うむ、見事な一気通貫でしたな。すげー気持ち良さそうに上がっておりました。見ているこっちも気持ちの良い上がりで勢いが止まらないアカギに対して、今回は吉岡の語りが中心の鷲巣さま側の視点でお話が進んでいきました。途中からは鷲巣さまもノリノリで殺る気が溢れすぎなのが心配になるほどでした。

麻雀の腕では劣っても持って生まれた剛運でついにかなりよい配牌が来た鷲巣に対して、今一つなアカギの見えている配牌。しかし手は揃うのだが役が安め安めになっていく鷲巣に部下の吉岡も駄目かと感じ始めていたら、来ました乗りましたドラちゃんですよ!!

おお、これぞ剛運の成せる技かと吉岡アカギの血液計算を今回はしてます(笑) と、ここまで書いていて吉岡…… だったよね後ろに立って見てる包帯巻き部下の名前。卓に着いているのが鈴木だよな。つい声優さんの名前で呼びたくなるだよね、三宅健太さんとか。

かなり読みは良いのですが、結局周りの連中も含めてですがアカギ以外は顔に出過ぎ、声に出過ぎなのが読み易くさせている気がします。それを利用したり利用させるの手なんでしょうが、鷲巣さまなんて次こそ殺せる、このツモで殺せる殺してやる感が高まり過ぎて勝手に一人で逝ってしまいそうな勢いに…… 笑えないですけど。

今回見ている途中で妹がやって来て一緒に見てたんですが、アカギの声が聴きたいんだけどと待っていたのですが最初だけだったから聞けなかったのな(苦笑) 途中質問されるので状況の説明などをしてみた。鷲巣麻雀は普通の麻雀ではないことや、何を待っているのか、透けて見えている筒子、イーピンがね…… 「どうして手袋してるの?」「盲牌を防ぐ為なんだけど、何故かと言うと……」ついでにアカギ杯の説明もしてみた(爆)

実はぶっちゃけるとアカギが負ける筈はないので、今気になっているのは「アカギ杯」の結果ね。ああ誰が勝ったのかなぁ、風間さんを応援したいんだけど玄田さんもなぁ〜〜。わはは、そっちばかりが気になってしまいアニメ本編は勝敗じゃなく過程を楽しむもんだと思考をスイッチ中でございます。局所的勝利の予想にドキドキして大局的にはアカギの勝ち、でもそうどうやって勝つのかに注目でございます。

アカギ公式 #アカギ_23

Amazon コミック 福本伸行 TOP10への個別リンク

ラベル:アニメ アカギ
posted by みやびあきら at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック