2006年03月09日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第10話「The Quadrille」

 きっつい恋愛関係こそが真骨頂!?

正直切ろうと思ったけど、我慢して見ていた結果の第10話での驚きまくりの真実ってとこでしょうか。
これがあるから、うわぁ何これ?。もういい加減にして欲しいよな。随分とべたなキスからの恋人展開だよなぁ。だから性犯罪はやめい!! あまりにリアルすぎる赤頭巾話はよせ!! とかを乗り越えて辿り着きしは第10話「The Quadrille」ちゃんと先週のもだけど今までの伏線が予想以上にきっちりと張られて回収されたのには素直に感心。でも感心できないお話しというか主人公の桐原有人にはまったく感心できない。

有栖川ありす桐原きらはを倒す気満々だったのは最初は単純に須羽アスカのいつものえげつない策で、有人を巡るものや終わらないアリスに関してで云々と…… まぁそれも確かにあってはいるんだけど根底にあったもの、最大の前提問題が凄かった。

ありすが有人によって生み出された存在であること。だから過去の記憶も何も無い空っぽの存在であったと。しかも生み出された理由が、本当は妹のきらはへの想い、愛…… なのかな。まぁ明かす事の出来ない本当の思いを誤魔化す為に愛する妹の代替存在として生み出されたのがありすだったと。だからどこか似ていて、きらはが最初に危険視し、警戒していたのもある意味で同属嫌悪ってとこでしょうか。まぁ今回は戦っている最中には今まで多かったケースと違ってきらはが冷静でしたが。

ありすの口から語られる真実を聞いて認めたも同然のように苦しむ有人は…… ヘタレの極みか。答えは出せないしキサきらは至上主義の毎度のお言葉は入りますし。って言うか実は両想いだった事を知ってしまった割にきらはが冷静。一気にあの現場で上に立ってたよ。

本気を出したって訳でもないのでしょうが、悪どく強かったアスカがあっさりきらはに敗れてしまうし、うーむタキオン組の乱入もあっての消えたんじゃなくて捕らえられたか、己自身で閉ざしたかのありすを巡っての戦いが続くのでしょうか?

ありえない話しではなかったけど、ちょっと有人ったらガチで近親相姦願望がそんなに強かったのか。しかし血が繋がっているのかどうか語られていないし。これってありすを認めるという事はきらはへの想いも認めるってことだし。そうなると代替存在は代替存在でしか…… 最初は代替物だったのかそうではない本当の想いへと昇華出来るかが鍵ってとこでしょう。でもきらははその場合どうなるの?

終盤に入ってかなり下にして見続けていた作品の浮上に驚きつつ、終わり良ければ全て良しとなるのか次回もきっちり見ましょうか。ついでにキッズで見直そうかな、HDDから削除しちゃってるから一部を除いて(^^;)

あっ、キリカって倒されてるのかな? 寓話や昔話ってのはかなり残酷な物が多いんだけど、それを童話として纏めなおす、書き直すことでHappy Endもありですよね。終わらないんじゃなくてこれからも続くアリスとかも……

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲(公式) #アリスロンド_10

Amazon コミック 介錯 TOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 19:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第10話「The Quadrille」
Excerpt: 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲公式サイト アニメ・パプリカ 先週、記憶が無い事が判明したありす。 てっきり記憶喪失かと思いきや…ただ単に有人が作ったって言うじゃないですか!? しかも、妹を..
Weblog: パプリカのアニメ鑑賞よた話
Tracked: 2006-03-09 18:06

永久アリス輪舞曲#10「The Quadrille」
Excerpt: 引っ越しのごたごたで1週見逃してしまいました。 ああ、キリカ先輩の過去話が・・_| ̄|○ かと思えばアスカはまだ登場していてビックリ。 ここまで引っぱるようなキャラだったんですね??。 ..
Weblog: 今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-
Tracked: 2006-03-10 22:33

鍵姫物語”永久アリス輪舞曲(ロンド)” 第10話 「The Quadrille」
Excerpt: 「今回はまた、えらく濃い絵だなぁ」
Weblog: アニメ生活
Tracked: 2006-03-11 11:46

(アニメ感想) 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第10話 「The Quadrille」
Excerpt: 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲Vol.1 前回キリカが戦線離脱。物語も次第にその本質を現し始め、面白見も出てきました。どうでもいいですけど、今回はなんか作画が良くなってるような気がします。ストー..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-03-11 13:44