2005年01月05日

お伽草子 東京編 第24話「万世橋」(東京編・最終回)

 終わったけど、終わってねーッ!!

 もう感想を書く機会を窺っているうちについに最終回かぁ〜、とリアルタイムで見ておりましたよ『お伽草子 東京編』

 最初に言っておくと、私は東京編が好きでしたよ。平安編よりもどういった見せ方をして楽しませてくれるのか期待しながら見てました。けれども惜しい、惜しすぎるほどにアイデアを生かすことが出来なかったと感じてしまいました。

 全ての事柄を説明して欲しいとは申しませんが、あるアイデアがあるとして、それを生かす為に大きな矛盾や齟齬が生まれるのであれば、何とか策を打たねばならないと私は考えます。それが出来ないのであれば、折角考えた事、思いついた事がどんなに面白い(面白くなりそうな)モノであっても切る勇気、変更する勇気が必要であったと思います。

 とにかく、個々のネタはともかくそれを一つの物語として描くのに失敗してしまったのが『お伽草子』平安編東京編ではなかったでしょうか?

 本当に、勿体無いんじゃよ!!

 でも大丈夫!? だってまだ終わってないんだもの。そう、3月に、3月22日に特別編が放送されます!!

 予告では、あの懐かしいナレーションが復活してそりゃ吃驚!! もうネタアニメに徹する必要なんてないのに、何故に?? 紆余曲折の末に気が付けば原点回帰?

 って、全然本編の事に触れてませんね。どういうことなんだ万歳楽。信じられないのも無理は無いヒカル。時が止まっているよ、万歳楽。銀河鉄道じゃないけど国鉄の電車に乗って平安京だよ万歳楽。兄さん! 走行中の車両の窓から手を出したり身を乗り出したりしたら、ヒカル、危ないよ、ヒカル。どうしてなんだ万歳楽。わからないよ、万歳楽。兄さん!!

 …すまん、ちゃんと総括するよ。ただ今して良いものか、三月になってからすべきか悩む。

 確かに色々と呆気に取られたが、お伽草子を見捨てる事など俺には出来なかったよ。 つづく?
トラックバック概要:頼光四天王は、やはり平安編の方がキャラが立っていた。転生後は微妙な人物が多かったが、珍走団の土蜘蛛とか、こそ泥の酒呑とかは幾らなんでも… あ、トラクマは猫だ!!(爆)
posted by みやびあきら at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2004冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お伽草子 第24話
Excerpt: とりあえず本筋の方は終了〜〜。 ということで、感想なんですが、何かよくわからんかったなぁ〜。 ストーリーとか、謎とかってのはそれなりに理解できたけど、何が描きたかったのかなぁ〜ってね…… 光にとって..
Weblog: Green Onion
Tracked: 2005-01-06 20:31