2006年03月21日

ガイキング 第14話「遊園地バトル!ローサの休日」

時間枠移動! 2/25以来の放送でございました。

第13話が凄く良かったことで、それまで何となく見続けている感もあった視聴モチベーションも上がったことで久しぶりだったんですが、楽しく見ることが出来ました。でも、この副長お当番回のノリで再開して大丈夫だったのかと逆に心配もしてみたり(^^;)

北方将軍ノーザ更迭によりヴェスターヌが軍を指揮することなり、これからは鉄獣兵団がメインの敵となるわけですな。あれ西方将軍でいいのか、西の軍団だから。

そのころ大空魔竜は砂漠の中の廃棄された遊園地の中で修理中。吹き荒れる砂嵐も味方にしてダリウス軍から身を隠してもいたと。そこで回転木馬を見て溜息をついているローサ副長から話は暴走し始めまして……

ルルノーサ副長の日記を勝手に読んだことに対してはピュリアもツッコミを入れてましたが、この娘性格変わったと言うか、素が出てきてましたか!? 勘違いをするわ、男達を利用する手段も分かってやってそうなところは、この作品中で一番の悪女かも知れぬ。ぬぅ、ルル恐るべし!!

で、遊園地を直して遊具を動かしてって副長を労う?って流れは結構面白かったです。しかしどう見ても過去の学会で地下世界の存在を訴えて干されちゃうのはともかく、普通にあの姿で学会にも潜入しているキャプテン ガリスに驚いた。しかもあれってたまたま遊園地で黄昏てたよりも、ローサを呼び出したんですよね多分キャプテンが? ストーカーよろしく付いてったのかもしれませんがあの誘い方は、仲間に誘うというよりもプロポーズに見えましたよ、ローサも赤くなってたし。

回転系のアトラクションに実際に乗り込んで行った計算により、新たに完成した技は今後も活躍することでしょうが、ええっとやはり面白かったのはキャプテンの冷静な自己突っ込みでしょうか。仮面を被った男がいきなりって、ちゃんと自分がおかしかったことを分かった上で行動してるのね。でも、そんなことよりも、メリーゴーランドの白馬と白馬の王子、騎士としてのガリスでしたかやはり。

純粋すぎたと称されたローサはその辺りに関しても純粋であったのね。まぁあの熱烈なプロポーズ的な誘い方を落ち込んでいるときにされたらね、しかも必要とされてるんだもの惚れるわな。この辺りは今後特に進展はなさそうですが、こっそりと応援してあげたい恋心でございました。

東映アニメーション/ガイキング
ガイキング(テレビ朝日) #ガイキング_14

posted by みやびあきら at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック