2006年03月22日

ゾイド ジェネシス 第48話「神の雷」第49話「決戦」

伏線とは回収されるからこその伏線であり、そのまま放置されてしまえば伏線でもなんでもないということ。世の中にはあからさまな釣りもあるだろうが、このゾイドジェネシスの場合は後になってあれが伏線となっていたのか! と驚くことが度々あります。監督、シリーズ構成の方々を始めとして1年間のアニメーションを作る意味。物語として成立したものを作り上げることは大変に困難な事でありましょうに。そうであってもちゃんとしたビジョンを持って始められればここまでしっかりとしたものが創れるのだなぁ。

そこのあなた驚きましたか? 私は驚きましたよとにかく吃驚だ!

これまで度々出てきたディガルド軍の通信機、通信網のお話。この終盤にきてその重要性や張られていた伏線がどんどん明らかになってまいりましたが、このような形で更に描かれるとは! 第48話「神の雷」では一般のディガルド軍の兵たちに機械兵の真実をジーンの誤りを伝える為に、またその妨害やそれを乗り越える新たな通信機をプロメ部長を中心として作り上げたりなんだりで盛り上がりました。

その前にちゃんとザイリンが恩師であったボラー司令に手紙を送り事実を伝えて、またそれにボラーが応えていた事。それに併せて機械兵製造工場を持つ基地を襲撃し、落としたり。そこをジーンに破壊されて、別の製造拠点を抑えようと云々。うーん、作戦行動として正面から戦うだけでないことが元から多かったのですが、子供向けであってもやることはやってくれています。子供の頃に見たら俺みたいなタイプはさぞかし喜んだ事でしょう。

ルージくんがプロメさんにまで己の人間的魅力を持ってして融和させてしまった辺りとかは端折りまくって、最初ザイリンを捜しに行って、でも再開した直後は複雑な想いもあってか素直?になれず。でも一人でザイリンに会いに行った流れ。何が驚いたってね、その二人が若いする演出ですよ、本当に凄かったんだ。

ザイリンがルージに続きが気になっていたろうと渡した本。確かに初めてザイリンルージと会った時のエピソードが生きているのですが、それだけじゃないところが凄い。ミロード村に行商人の姿で潜入した時の小道具であったはずの本。このザイリンが潜入工作を行う際の持ち物、これって霧の河の戦いでザイリンが破れ、またボラー少将の部隊がその機体を回収したときに一緒に回収されていたんですよね、そしてザイリンの元へ送ったっと……

回収された潜入装備を見て、ザイリンっていついかなる時でも対応できるようにと自分が搭乗するゾイドに載せてあるんだぁと感心したのですが(それをちゃんと怪我をして首都で療養中のザイリンにボラーが届けた意味も深い)つまり今回も突然の反乱となったのですが、いつも通りに愛機バイオヴォルケーノにも載せてあったからこその今回の話が更に生きてくる訳です。つまりディガルドのザイリンとしてではなくザルツ村のゾイド乗りのザイリンとしてルージ君と会う事を考えた時に、自分が今持っている荷物を見た時に、あの時のことからちゃんと振り返っていたってことですよね。

そして自分の酷い過ちを考え、まるで遺言と形見分けをするかのように……

まさに見続けたことによって得られるカタルシス! そうだったのか、そうだったよなと一緒になって思い返され、思うことが出来ちゃうってもんですよ。

プロパガンダといった概念があったとかどうかは分りませんが、ディガルド軍を象徴するかのような英雄と討伐軍を象徴している新たな英雄。若い二人の和解を持ってして、またボラーラ・カンの様な前の世代とはいえ確かな実績と能力を持ったものが彼らを支持し支えている姿の意味は本当に大きかった。

再度端折って、ラ・カンVS(メカ)ゲオルグの戦いへの流れ。ハックの話していたリーオの弾が通用しないバイオトリケラを実際に見て「バーリヤよ!」と叫ぶミィは、ヨーク村で自分が目にし聞いたバリヤーをちゃんと憶えていて、その能力を理解していたってことが分る訳ですよね。

そしてラ・カンの捨て身の行動。あれは先ほどの通信で完全に新たな時代を作るの若者への橋渡しがなったと考えてか。そんな彼らを護る事こそを優先し、また付き従ってきた部下達が願うキダ藩再興の為にもと…… 難しい事は抜きにして、ゲオルグラ・カンへ対する異様なまでに大きい執着も理解した上での足止めだったのでしょうね。見事だったよなぁ、いつメインパーティーに死者が出てもおかしくない展開でしたが、セイジュウロウは不治の病フラグ消滅、ロンは一度爆死かと思わせて生きていたりしましたので……

バリヤーの特性を一気に理解したのはソラシティに行った事も大きかったのでしょう。一旦その内部に入り込まれると、バリヤーやシールドが意味を成さなくなることも理解しての超近接戦闘。一連の他のゾイドの戦闘シーンも含めてとにかく極まる戦いでございました。

では、第49話「決戦」に話を移しまして。
ルージ・ファミロンを良く知るものはラ・カンに代わって指揮を執ることに異存がないのですが、新たに集ったばかりの者達からすれば檄文を最初に出して、長く指揮を取り続けていたラ・カンの代わりが出来るのかと疑問も感じるでしょう。で、あの頑張りに涙するのですよ。

ここに来ても、ちゃんと無敵団が関わってきているのに喜びつつ重い荷物を運んでみたり。直接前線で戦う者にだけでなく、後方を支援する者、多くの一般の住民へもその働く姿を見せるルージくん。ああ本当に主人公だよ君こそが!!

ザイリンプロメたちを神の雷と名付けられたバイオ粒子砲の攻撃から救い出しており。向かった先が確かにゲオルグの体を再生、維持する設備が整っていた、またそれらが描かれていたゼ・ルフトだったりする伏線の回収。ああた驚いたよ! ちゃんとルネちゃんいたしさ!! 大きな司令部もあったし、通信機の故障で受信しか出来なかったってのも、そのことで態度が不明でありジーンから処分は後回しにとかだったのかも知れませんが、街の人達が自ら街を直しているようでしたし、最初にザイリンの部隊がやってきたときの反応からいっても軍事的支配は終わったってことが推察できますよね。

そうだ、ラ・カンの熟年ロマンスの伏線まで回収されてるし。ミロード村の住人の避難先としてラ・カンが願い出たて受け入れてもらえたことなんかも、ルージの父親が居て分るし。ミロード村から距離的にも近く、ディガルドにまだ支配されていない街。ラ・カンの無事を願う女性。また息子の無事をと…… たったあれだけでも分るって凄いぞ。

いよいよ最終決戦!!
初手はジーンに取られてしまいましたし、あのピンチを救うのは順当に考えればザイリンなのでしょうけど、予告に映ったバイオプテラから先週今週と出番が無かったフェルミにも注目しないといけないでしょう。

気合の入ったミィさまの作画といい、近づいたんだよね二人の距離がなルージとの関係。でも、演説からするともう会えなくなる人のほうが多そうだし、最初の目的であるミロード村のジェネレーターの修理も自分でしないといけないし。教師になって云々。うーん、戦いには勝つのは間違いないでしょうが、その後のみんなの身の振り方が予想できないのですよ。

次回はいよいよ最終回!! 第50話「再生」です!!
演出:水野監督 脚本:西園悟 作画監督:沼田誠也 さんたちが担当されるのかな? もう愛を持って受け止めますんで、楽しみにしております、本当に。
recollections SPECIAL-BOX(初回)(DVD付)
recollections SPECIAL-BOX(初回)(DVD付)
レ・ミィ×コトナ レ・ミィ コトナ

関連商品
ありのままでlovin’U(DVD付き)
握りしめたその手に (枚数限定生産盤)
ゾイドジェネシス オリジナルサウンドトラック
recollections
ZOIDS ランスタッグブレイク(レ・ミィフィギュア付)特別CD付
by G-Tools
recollectionsrecollections
レ・ミィ×コトナ レ・ミィ コトナ

by G-Tools
TV東京・あにてれ ゾイド ジェネシス
小学館プロダクション テレビ企画・制作 : ゾイド ジェネシス
ゾイドジェネシス : avex mode(今はいきなりのレミコト歌声攻撃! 音出ます♪)
レ・ミィ×コトナ : avex mode
ZOIDSアルティメットウェブ #ゾイドジェネシス_48 #ゾイドジェネシス_49

Amazon アニメDVD ゾイド TOP10への個別リンク
ゾイドジェネシス オリジナルサウンドトラック
ゾイドジェネシス オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 中川幸太郎

関連商品
recollections SPECIAL-BOX(初回)(DVD付) recollections 握りしめたその手に (枚数限定生産盤) ゾイドジェネシス SPECIAL BOX Vol.2 with ハヤテライガー ホロテック ありのままでlovin’U(DVD付き)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. ゾイド組曲 混沌
2. ゾイド組曲 制圧
3. ゾイド組曲 目覚め
4. ゾイド組曲 攻撃
5. ゾイド組曲 死闘
6. ゾイド組曲 平和
7. ムラサメライガー 目覚め
8. ムラサメライガー 戦い
9. ムラサメライガー 苦悩
10. 苦悩
11. 情景
12. エヴォルト
13. 沈着
14. 戦闘
15. 苦闘
16. 放浪
17. 侵入
18. 怒涛の攻撃
19. ソラと地上
20. 家族
21. 迫り来る危機
22. 故郷
23. 生命
24. 息吹き
25. 対峙
26. 追跡
27. 語らい
28. 組曲天空人 誕生
29. 組曲天空人 空へ
30. 組曲天空人 人々
31. 組曲天空人 苦悩
32. 組曲天空人 決断
33. 組曲天空人 地上へ
34. 思い
35. 夜鷹の夢 TV SIZE EDIT
36. Real Love TV SIZE EDIT
37. ありのままでlovin’U TV SIZE EDIT
38. 握りしめたその手に TV SIZE EDIT
39. 『ああ、無敵団。』(BONUS TRACK)

posted by みやびあきら at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック