2005年01月09日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第13話 PHASE-13「よみがえる翼」

 年明け最初の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でございます。話数言えば丁度1クール最後な訳ですから、何か大きな動きがあるのだろうと前回の予告を思い出しつつ視聴。確かに大きく動きましたね。さて、シンの大活躍によって危機を脱したミネルバ艦内は安堵感と喜びに満ちていた感じかな。気になるのはタリア艦長とアーサー副長の会話で分かった事柄です。

 1.)デュランダル議長がDNA鑑定のスペシャリストだったような話
 専門家ですか!? 議長の思惑を予想する材料としてはかなり大きいものですが、逆に選択肢が増えましたねぇ、やはり全ては彼の計画の上なんでしょうが妄想しだすと夜が完全に明けるのでしません。

 2.)艦長を含めてのパイロット能力の評価はシンよりレイが上だった事
 確かに今までの戦闘を見れば明らかでしたが、描写的には地上での戦闘力がかなり落ちていたように見えたレイ。そんな彼は誰かのクローンかどうかはともかくとして、シンの近くに置かれている意味はあるのでしょうね確実に。さて、みんなから祝福されるシン見ての彼の反応…… どうとでも取れますが、今は気にしていないと判断しておきます。ただあの戦闘力上昇に関しては気にしているだろうと。やっぱり議長の影が射す。

 3.)インパルスとシンの関係
 インパルスはバンダイ的にもお話上でも乗り換え前提の主人公機ですから、ここはまさにデータを取っているとしておきましょう。これまた議長が!

 カガリは18歳だからと言われていますが、それにしてもですよね。ユウナみたいな程度の男の手練手管に簡単に屈しすぎます。予告を見るとアスランは前作では婚約者に両天秤に掛けられて捨てられて、本作はプロポーズしたのに一度は捨てられそうです。うっそ!あんなんに敗れるアスラン・ザラが不憫でなりません。視聴者の嫌悪感を誘うために用意されたキャラとはいえユウナ・ロマは小物という意味ではロード・ジブリールと良い勝負ですが、きっと現時点での嫌われ度では大きくリードしている事でしょう。見たいものだけ見せろ! とは申しませんが、もうちょっとこいつは強敵だ思わせる人物にならなかったものかと……

 マリューバルトフェルドは良い雰囲気でしたがあのまま友人関係でしょうねぇ。何だかこの二人が一番人間的に落ち着いて、あの頃から変わったな。そう思わせる人間になってますね。

 で、襲撃されたんですけど、どうよ!?

 全然訓練された部隊に見えない描写がショック。バルトフェルドの腕がコブラよろしくサイコガンネタだったのは構いませんし、彼の戦闘力は高いと思われるのでこれまたOKなのですが、マリューはいくらなんでも訓練を受けたコーディネイターの特殊部隊相手にどうですか? 窓の下は体を屈めて通らないと狙撃されますし、そもそも突入した部隊が家屋破砕弾使ったり、ガス、フラッシュ。とにかく銃だけ持ってのこのこやってくるのはちょっと恥ずかしいでしょう。

 それからキラ、いくらなんでも子供たちやマリューが危ないのにボーっとし過ぎ。でもその後にラクスの葛藤には反応が早い! キラ駄目だよキラ。その女は天然を装ってるけど真実計算高いんだから、確かにキラ何かあったら泣いてくれるだろうが、無意識で自分すらだませる女優だから。…こう考えるとキラも被害者というか、傷ついた心の隙間に入り込まれたと言いますか…… やっぱ利用されてるよな。

 フリーダムが地下に隠してあるベタなのは突っ込まない。いっその事アークエンジェルとフリーダムがドーンっと鎮座しているくらいは見せて欲しかったっす。

 しかし普通はあの程度の相手なら種弾けないでも倒せたろうに、ちょっと一方的な虐殺。いや直接殺してませんよと言うのはやっぱり言い訳で己が傷つきたくないからにしか見えません。結局相手を死に追いやるのですから…… むぅ、成長してないじゃん。いや、これもラクス・クラインの策だと言いたいけど、言えないな。

 折角シンが活躍した直後にこれだと1クール目はアスランが主人公。2クールめはキラが主人公でアークエンジェルが重要な役回りをしそうな印象です。う〜ん新キャラは議長以外どうにも扱いが悪いですね。

 あ、議長と言えば今回の襲撃の黒幕ですが。それがもし議長だとしたら、その真意は?

 確かにラクスを殺してもそれ以降のシナリオもあったでしょうが、どちらかと言うとラクスキラ、アークエンジェル勢力を表舞台へと引き摺りだ狙いが大きかったように思えます。だって、あんなしょぼい失敗前提の襲撃でしたし(苦笑)これで議長の思惑に大きく関わるシードを持つ者が、再び否応無く議長のシナリオの上で踊り始める事になる… のかな?

 やっぱりコーディネイターの未来を考えると、キララクスアスランも絶対に必要な存在ですからね。議長の思惑中心に考えていくと面白いですが、作画関係はやっぱりバンダイの意向かメカ重視ですね。きれいだけど面白くない戦闘でしたが今回は。

GUNDAM SEED DESTINY WEB  機動戦士ガンダムSEED DESTINY 予告編ライブラリー
ガンダムパーフェクトウェブ  SUNRISE Official Site #機動戦士ガンダムSEEDDESTINY_13

 追伸:いつの間にか姉になってたカガリさん。作品の最後にはきっと成長してくれると信じていますが、いや本気でお願いします。で、弟や思い人の事も考えてやってね。キラも姉弟でアスランに甘えないように、姉を叱ってやるくらいは頼みます。

トラックバック概要:デュランダル議長が、策謀を巡らせてはいるものの。実は、やっぱり良い人でした♪ とかだと嬉しいんですけどネ!
posted by みやびあきら at 06:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第13話
Excerpt: 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 【よみがえる翼】 ミネルバの危機をシンが止めた。シン、レイ、ルナマリアも無事帰還。 アーサーの感激ぶりが面白い! 「敵艦6隻ですよ!」「ヤ..
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2005-01-11 11:10