2006年03月24日

落語天女おゆい 第12話「信じる言葉 ふれあう心」最終回

『落語天女おゆい』 第十二席「信じる言葉 ふれあう心」

さて無事に全話視聴する事が出来ましたが、どうにもやっぱりおめだるい。
落語天女は言霊天女なので、最後は言霊の力で…… 小塚原左京もそれで倒されちゃいましたか。
左京よりも弟の右京のほうが楽しそうに悪いことしてたんですが、兄貴にあっさり殺されちゃったからなぁ。落語で人を殺めてはなりませんので、そういった意味では処理の仕方に困ったのでしょうけどおめだるい展開をさらにおめだるいものにしてしまったんじゃと感じる。

Aパートで戦いのこのお江戸での趨勢は決したので、Bパートは別れの宴って感じでしたが、貧乏長屋なので出される料理や酒もああいったものでございましたが、貧乏であっても心は錦ということで。そうだよなぁ、江戸時代に飛ばすにしても妖魔なんかと戦うんじゃなくて、普通に落語や剣の修業しながら町人生活を見せてくれた方がよかったですよ。半端に戦闘魔法少女なんかにしてしまう必要性はあったのだろうか。

宝珠の力で時を越えて来ましたが、帰りは平賀源内内藤晶の愛の結晶ともいえる…… で、源内さんは普通にそのまま幕末に居座るのであれば明治時代に突入するんじゃ!?(苦笑)

細かい時間を設定して帰還いたしましたが、その伏線になってるのかなさんと小石川鈴ちゃんペアのズレは。現代の登校風景、いきなり仲良くなっている4人を見て、しかも「おめだるい」ときたんじゃ他の娘達は何が何だかって眼が点でしょうけど、コミック版はこの現代が舞台と聞いてちょっとは気になります。

さて、やはり月島唯の落語が一席聴けたりしたことからも、とにかく落語の必要性を考えれば「落語」をして欲しかったですね。桂歌丸師匠の再登場に桂歌丸師匠の落語も聞きたかったと書きつつ、残したものは「おめだるい」 この言葉を印象付ける為におめだるいアニメになったと考えれば、ここから逆説的に創作落語をお願いしたいところでした。

追伸:キャラクターデザイン・総作画監督の大島美和さんの絵を好きな事を再確認できました。CSで「きんぎょ注意報!」を見てて、動画スタッフに大島さんの名前を見つけて驚いてみたり。大島さんの次の仕事を楽しみにしております!

落語天女おゆい公式
TE-A room : 日本橋天女放送局 #落語天女おゆい_12

posted by みやびあきら at 19:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

落語天女おゆい 第十二席「信じる言葉 ふれあう心」
Excerpt: 落語天女おゆい公式サイト アニメ・パプリカ あぁ〜悪の帝王Aパートで消失。 なんか、相変わらず悪役のやられ方が地味だなぁ…。 それとは逆に、妙ちゃんの言葉がかなり印象的だったよ!?..
Weblog: パプリカのアニメ鑑賞よた話
Tracked: 2006-03-25 04:35

落語天女おゆい#12「信じる言葉 ふれあう心」
Excerpt: 前回ラストで圓朝師匠が切られた時は、正直ちょっとショックでしたが。 すぐに予告で全員無事な姿が流れていたので、安心して1週間過ごすことが出来ました。 ほんとはもう少し心配させてもらいたかっt・・ケ..
Weblog: 今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-
Tracked: 2006-03-27 22:13

(アニメ感想) 落語天女おゆい 第12話 「信じる言葉 ふれあう心」
Excerpt: 落語天女おゆい (月島唯・現) 落語天女も今回が最終回。ラストはスカッと悪玉を倒してハッピ-エンドを迎えて欲しいですね。ポン太くんと鈴ちゃんの可愛い恋の結末にも期待です(笑)。それでは、感想..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-03-29 12:05