2006年03月26日

ふしぎ星の☆ふたご姫 第51話「ファイナルプロミネンス☆プリンセスはあきらめない」

『ふしぎ星の☆ふたご姫』第51話「ファイナルプロミネンス☆プリンセスはあきらめない」

ヘタレだけど星中で人気のあるブライト王子好きとしては、ヘタレな敵になった時点で面白さが減ったと感じてしまってたんですが。やっと元に戻っての目立って役に立たない姿を見て安心した歪んだ愛情を(苦笑)

悪く言われたり、人気・知名度は低いが王たる器とまた努力する事をしっているシェイド王子はまさに月見草でございましてぇ…… だからといって野村監督じゃないよ、ブライトが長嶋監督…… かもな(爆)

プーモが消えそうになっているファインレインを見て、自らの身を投げ打って!! のあたりはうるうるしました。見事、ふしぎ星を救う事が出来てもプーモの姿が見えなかった時は、次のシリーズはプーモを取り戻す旅になるのかとか思った自分がいたりしたっすよ。

で、生きてたんですけどね。
プリンセス・グレイスは最後のグレイスストーンが間に合ったみたいなことで説明していましたが、プリンセス・グレイスの名を持つグレイスストーン。役目を無事終えて眠りにつけるみたいなことでしたけど、実はグレイスストーンの発動で力を使い、最後の力をもってしてプーモの命を救ったのでは?

ここでプーモにも、ファインレインにも重荷を背負わせない為に本当のことは言わないまま消えた気がしましたけど…… ナギーニョの台詞が意味深です。

大団円で終わって良かったんですが、なんと次のシリーズが学園モノだと初めて知って驚いた!!
え、マジ? ちょっと心配にもなりましたが、他国の姫たちの制服姿を見て、こいつは見ねばと!(爆)

最終回に相応しく、出演声優さんが31人ときたもんだ(ロックマンは33人だたったけどさ)好みの声優さんも多く、色々とそっち方面で応援しがいがありましたとさ!!

追伸:アウラーとブウモが美味しかったってことでしょうか!!
ふしぎ星の☆ふたご姫
TV東京・Anime X-press ふしぎ星の☆ふたご姫
制作インフォメーション
#ふしぎ星のふたご姫_51

posted by みやびあきら at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ふしぎ星の☆ふたご姫 第51話 「ファイナルプロミネンス☆プリンセスはあきらめない」
Excerpt:  友情、絆、笑顔。キャラとハートが大まかカバー♪(詳しい感想と、今年1年の振り返りは、後日別の記事にて書かせていただきます)  ふたご姫らしい最終回でしたね。  王道展開ですっきりとまとめた感じで..
Weblog: ほぼふたご姫な感想blog - aqua
Tracked: 2006-03-27 16:26