2006年03月29日

ガラスの仮面 第51話「紅天女」最終回

ガラスの仮面 第51話「紅天女」最終回

原作がいつ終るとも知れない作品のアニメの最終回としては無難だったかな?
梅の谷に来てからは姫川亜弓の本音・本性が出てきてしまったり。北島マヤの更なる天才性が発揮されてしまったり。まぁ色々ありましたが、月影千草を超えるところまでどころか追いついてもいない二人を正直に描いた為に。

そう最終回は本当の天才女優月影千草とそれに長らく付き従ってきた源造の二人が目立ちまくりでございました。考えるまでも無く、最も素晴らしい物を見せた者とその相手役が目立つのは当たり前の事なんですけどね。

亜弓さんとマヤ二人の見せ場はこの間の泥レスだったかもなぁ、互いの本音をぶつけ合って醜く争い、完全なライバルであると宣言したことで美しいものを見せ合うって感じ辺りが。

マヤ速水真澄の絡みはもっと見たかったけど、また空気読めない鷹宮紫織ばばぁが邪魔しくさりやがって!!(はい、紫織原作からして嫌いです)あげくに夢、幻にしてしまってよろよろな姿は見たくなかった。出来れば毅然とした態度でありながら、俺には受け止める資格が無い、そんな資格を得ることが出来るのかと表情には出さずに内面で苦悩する真澄さまが良かったかも。

梅の谷への吊り橋に火をつけた後、源造が物凄い勢いで走りきったのはどう言って良いのやら(^^;) 禁足地なのにかなり人を入れちゃいましたからね。さてこれからどうなるかは原作で…… 10年経っても終ってそうにないけど、また別の配役で再アニメ化とか期待してみようかな5年後なり10年後なり15年後……

TV東京・Anime X-press ガラスの仮面  #ガラスの仮面_51

アマゾン 美内すずえ コミックスTOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 06:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

アニメ ガラスの仮面
Excerpt: とうとう伝説が終わってしまった。 ラストは先生の紅天女。 かなり濁した終わりでしたが。 原作でも最後は描かれてないとのことで。 なんか、わかりますね。 終わっていないからこそ、この漫..
Weblog: アーリオオーリオ
Tracked: 2006-03-29 06:19