2005年01月13日

らいむいろ流奇譚X 〜恋、教ヘテクダサイ。〜 第1話「漢の名は強志朗!」

 その昔「獅子王」の連載コラムを小山師匠から受け継いだのだが、あまりに面白くなくて好きだったコーナーを全く読まなくなった記憶がある。「ドラゴンマガジン」で連載を読もうとして、とても小説とは認められずにおぞましさに震えた経験がある。

 漢詩に五言絶句や七言律詩とかの用語あるが、大先生の小説(のようなもの)は、私にとって、五行絶句、七言慄死である。正確には三行で本を床に叩き付けた破壊力である。そりゃそうだ最初から破壊的な文章は、私には立ち寄りがたい世界を見事なまでに…… 言葉が見つからないな(爆)

 しかしアニメとなれば何とか他にも参加しているスタッフの事もあって、何とか耐える事も出来なくは無い。特に今年の俺はあの『下級生2』のアニメを最後までお付き合いしてしまった馬鹿ちんなので、何を恐れる事があろうか! 怯むな! 立ち向かえ!! で、ある。

 ……で、内容は見た人には分ると思いますがあかほりワールドは何にも進化してません。もしかしたら変節している部分もあるのでしょうが、これってエロと声優さんを除くとかなりスリム化が計れそうです。ええ、エロと萌え(に関しては甚だ疑問だが…)と女性声優だけですから。

 とは言うものの、男性声優も押さえてるよなぁ、畜生!! その辺りは抜かりない為に最初からヒロインたちが発情していても、どう考えても主人公はおかしい! のに冷静な一部の男優さんの演技も含めて。うわ! 一本出来てるよ、出来は悪いし中身無いけど!!

 やっぱり八大地獄と言いますし、地獄のランクもピンきりですよね(おいおい)

 日本て良い国だな、一度成功すればしがらみで何とでもなるんだから…… 等とボロクソな書きようですが、これはこれで実際にマーケットが存在するのですからアリなのでしょう。私が何をほざこうと世界はらいむいろが輝く事もあるのです。それに根が貧乏性な自分は、もしかすると面白い回があって評価が変わるかもしれない。そんな大穴に掛けてみたくもなるので押さえて置こうなどと(極稀にアタリの話とかあるんだよね、業が深いぜ、全く)

 最後はガイバーのメガスマッシャーそういう事で。

 終わりたいけど、一人くらいは無理矢理でも気になるキャラを認定しておこう。え〜と、う〜んと、直江シュロ(CV:今井麻美)に決めた! よ〜し拠り所に無理矢理しておこう。これで今夜も2話を迎え撃てるぜ!!(空元気)

らいむいろ流奇譚 X CROSS 〜恋、オシヘテクダサイ。〜  #らいむいろ流奇譚_01
posted by みやびあきら at 16:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひどい言い方ですね。あかほり大先生に対して(ぷんぷん)。

この人の一番のギャグは自虐なのか自慢なのか分らない自分の話ですねえ。

「ナースウィッチ小麦ちゃん」のバカホリ先生ネタは感動ものでした。偉い人にはぺこぺこして、責任は他人に取らせるなんて意外にそこまで割り切った生き方は普通の人にはできません。

とかいって脱落モードなのですが>らいむ
Posted by Watersilver at 2005年01月13日 23:49
いやぁ、ちなみタイムボカン王道復古はあかほり先生の傑作脚本だと思ってますよ。

ラムネ&40とかでも良い話ありましたし。
小山高夫さんは常々不肖の弟子と言ってます(本人もでしたか?)普通は謙って言ってるだけなんですけどね。

本当にラジオとか聞いてても酷いしなぁ。脚本だけ書いてれば良かったのに…… 先生。
Posted by みやびあきら at 2005年01月14日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック