2006年04月05日

2006年4月4日(火)25:00〜 アニメ感想 速報版?

日付が変わって4月5日AM1:00〜なんですが、まぁラテ欄的にってことで。

キッズステーション24:00〜24:30の地獄少女第26話「かりぬい」最終回の内容にまじかるぽか〜んとしてしまったショックをリアルタイムと録画追っかけなどで一気にごまかしつつ見たんよ。


エア・ギア第1話
大暮維人先生もつくづくアニメ化した際に報われませんね……
で、カラス邪魔!!(爆)

出来ないことでも出来ますと言うのがやる気の見せ所ですが、きっちり作品として作れないのに出来ますってのもないんじゃないでしょうか? どこが面白いのか、面白くなるのか分かりませんでした。で、声優をまた下手なのを持ってきてますなぁ…… 予告で聞いて諦めていましたがこれは分かった上で聞いても興を殺がれます。

お色気は無理。演技力も無理。疾走感を見せるにも街中のモデリングがあ痛たた。演出もどうだろうか、脚本もどうだろうか。かなり絶望感漂うところから始まった印象です。

TV東京・あにてれ エア・ギア
エア・ギア(東映公式)


桜蘭高校ホスト部第1話「今日から君はホストだ」
葉鳥ビスコ先生はドラマCD化された時も喜ばれていましたが、アニメ化、そして実際に出来上がったものを見てさらに喜ばれていることでしょう。

妹がデビュー直後からチェックを入れていたのでうちには葉鳥ビスコ作品は勿論きっちりと揃っておりまして(妹が雑誌掲載分もいくつかスクラップしてるし)ぶっちゃけ妹がファン。でも妹はCD版キャストがかなり好みだった&上手かったのでアニメでのキャスト変更がかなりショックだった模様。確かに変わらなかった鈴村健一さん以外に関しては、旧声優陣の方が演技力は上だったと私も思うよ(アニメを見てもこればっかりはキャリアの差とかもあるし)

だがアニメの出来は素晴らしく良かった。間違いなく好意を持って見た人にはその魅力が程度の差こそされ伝わったのではないでしょうか。今週見損ねた人も来週からちょっと試しでも良いので見て貰いたいのですが。流石に第2話でもこのクオリティを保っているかまでは保証できません(^^;)

五十嵐卓哉監督エエ仕事してはる。シリーズ構成の榎戸洋司さんは、やはり最後がどうなるかは別にしてやってくれちゃってます。キャラクターデザイン・総作画監督の高橋久美子さんはなんて丁寧なお仕事をされているのかと。ええぶっちゃけ画力は葉鳥先生よりもあったりするし(非難してるんじゃないっす、葉鳥先生の絵はまだまだこれから進化すると思ってるだけです)キャラも非常に見易く、また魅力的だ。

予想以上の出来にボンズも監督と脚本・演出あれやこれ。その力を生かすも殺すもスタッフ次第だと痛感。でもOPとEDの曲は全く頭に残ってないや(苦笑)

桜蘭高校ホスト部 | 日テレ
桜蘭高校ホスト部(VAP)
桜蘭高校ホスト部(白泉社)
-桜蘭高校ホスト部(クラブ)まにあっ!- http://www.ntv.co.jp/host/podcast/index.xml


錬金3級 まじかる?ぽか〜ん第1話 ぽか〜ん1「はじめての呪文は甘い罠」ぽか〜ん2「午後の呪文は赤いカブ」
キャラクターデザイン・総作画監督が平田雄三さんと聞けば見るわな、それは。構成・脚本が井出安軌さんと来ても見るわ、うんうん。

でもあまりの激戦区に投入されており、関東地区で放送されるテレ玉、tvk、東京MXともに何か別アニメ作品と重なっており、しかも事前の雰囲気?だと浸透度の低さを感じます。これは不利ですが、キッズステーションが見られる人ならば気軽に見てもらいたいところです。

で、ぶっちゃけオープニング動画は良く出来ています。動きもそうですが 妖精帝国が歌う「鮮血の誓い」を聞きながら見るとほうっ!と感心していただけるんじゃないかと。特に今期は●テーマソングや今ひとつな映像がここまで目立っておりますので、特に。

内容はぽか〜んとほのぼののんびりなお話なんでしょうかね。重いストーリーとかテーマで見せるのではなく。ゆうま(CV:斎藤桃子)パキラ(CV:平野綾) りる(CV:生天目仁美)鉄子(あいこ CV:明坂聡美)4人の魅力で彼女達の平凡だけど平凡でない日々を魅せるって感じ?

ええ乳首あったし(爆 見ればわかりますけど)パンツも流石は平田さんだなぁ素敵です。おっぱいの方も担当キャラがバインボイン(死語)と揺れてまして(未見の人を煽っています) おっとそれからノーパンもね(爆) だけどまったりだぁ。郵便配達夫は二度ベルを鳴らしませんが、きーやんだったし(笑った)

地味にって言うと失礼に当たると思うのですが。とにかく凄く丁寧に作られていると感じましたので、魔法使いのゆうまヴァンパイアのパキラオオカミ少女のりる人造人間の鉄子たち4人のプリンセス!?の生活を見てみたい方にはお勧めいたします♪

錬金3級 まじかる?ぽか〜ん オフィシャル ウェブサイト


ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜第1話「桃子、声優になりますっ!」
斎藤桃子さんが主人公を演じているアニメの裏では、苺原桃子主人公の声優アニメ?が放送されております。演じる高本めぐみさんは新人で今年成人式を迎えたってことで20歳ですか、若いですね。

アニメ内アニメである「スケート伝説・愛」だったかな。そのフィギュアスケーシーンのクオリティが某「銀盤カレイドスコープ」を遥かに凌いでおり。この動きでフィギュアスケートのアニメがみたいものだと思った視聴者がここに。このシーン専用の作画担当者もいたって気合の入りように驚いた。

東京の各駅構内の造形がしっかりしており、どこなのか分かるのも妙に感心。痒いところに手が届いていましたね。

でも肝心の本編は、本来は痒くならないところ、痒くなってはダメなところが痒い! しかもかゆかゆ!!(爆)

まさか声優業界の描写で「REC」がまともに感じられてしまうようなものを見せられてしまうとは驚愕した(嘘。でも気持ちが沈むし笑えない)

ええ外に人に興味はありませんが、中の人たちには興味があるので見続けます。なんだろう声優人気ってなんなんだろう? 俺は圧倒的に演技力や、例えまだ未熟でもその可能性を感じさせる人が好きなんですけどね。よーわからんは作っている人たちの考える声優像や声優ファンの姿が。間違いなくブームとか関係無しに声優ファンですが、全く作品の表の部分や商売の部分は俺には向いていない。何と言うかなめられている感じになりますよ、こんなんでも喜ぶんだろうって。

とは言え、佐々木祐理花役の落合祐里香さんの声を聞けば、ゆりしーはまがりなりにもアーツビジョンに所属しているんだよな、とか。緑川光さんはホスト部での役は別の人に代わってしまったに、負け組こっちにへ出てられるんだよなぁ(エア・ギアにもだぜ。ギャラ的には2本分だけど、何かと変えられないものはどれかって…… ねぇ)そうなんだよなぁ、中の人はこれからも好きな人が出てくるのであまり滅多なことは書きたくないんだけど。

中の人のことだけを感じるんだみんな!!

らぶげっちゅ ミラクル声優白書 オフィシャルページ


『Fate/stay night』第13話「冬の城」
テレビ埼玉改めテレ玉で視聴済み。感想はおいおい。慎二さよならぁ〜〜〜

『エンジェル・ハート』は切ることにしました。最悪CSで見られるし気にしない気にしない。主人公は未だに下手ですね、泣けてきます。

吉永さん家のガーゴイル第1話「吉永さん家の石ッころ」
テレ玉で視聴済み。妹はtvkで録画。俺は本日の東京MXで録画。これで違いがあったとしても気が付けるぞ(違いないはずだけどね)

ええとガーゴイルの若本規夫さんが作品をしっかりとさせてくれていますので、ファミ通文庫原作作品として「ぺとぺとさん」の評価を超えられるかは別にして、押さえて置きたい作品ですね。

盲導犬の描き方に関しては、私の生活圏内に盲導犬センターがあったりしますので、トレーニングをしている場や、また実際に本当の盲導犬を見る機会も多いのですけど……

20年くらいは普通に生きられる犬種でも、10年とか寿命が半分になってしまうほ過酷な盲導犬。暴走してきた自動車から主人を守る為に自ら車に飛び込んで庇った盲導犬もいたりしますので……

難しいことを第1話から題材にしていたと感じました。納得できる部分と納得するには…… と悩む部分。こればかりは本当に盲導犬をパートナー、家族としてしっかりとQOLを……

難しいね、これは。

で、どうしてあの変態こそどろは黒いブラジャーを盗んでるんだ!?
吉永さん家のガーゴイル
ガーゴイル : avex mode


ガラスの艦隊第1話「流星の如く…」
GONZOって本当に分からない会社だ……

予想の遥か斜めをいっていたアニメだった。ぶっちゃけ面白くない。
それでも見続けたれたのは甲斐田裕子さんの声の力だと言っておきます。もし下手糞なのを使っていたら録画終了後にもう見たし、即消していたと思うよ。

既に小説アニメともに『銀河英雄伝説』という名作、傑作があるフィールドにどう立ち向かうのか? 戦闘描写に関しても『星界の戦旗』で描かれたようなものを見せる事は出来るのだろうか?

……無理でした。

戦略も戦術もあったもんじゃない。ええと、ええと、ええと……

津田健次郎さんの初主人公テレビアニメって言うし見ないとね!(そこか)
でも今、キャラ名が「疾風のクレオ」って死って知って……

伊藤静さんもいるよぉ〜〜 石田彰さんは降伏した敵も殺す役だよぉ〜〜 ミシェル=アシール=ヴォルバン=ド=カベルって女性だよね。だからヴェッティ=ルナード=スフォルツァ=ド=ロズレが無傷で捕らえて屈服させる気満々なんだよね??

サテライトも関わっているけど、こいつは笑えないや。

ガラスの艦隊公式ホームページ
「ガラスの艦隊」オフィシャルブログ
ガラスの艦隊(テレビ朝日)
地獄少女 5
地獄少女 5
posted with amazlet on 06.04.05
アニプレックス (2006/05/24)
posted by みやびあきら at 07:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

School Rumble♯1
Excerpt: ようやく、この日がやってきました! 最初は、時代劇から始まりました<img src="http://hinatasou.btblog.jp/im/emoticon/star.gif" alig..
Weblog: ひなたぼっこ。
Tracked: 2006-04-06 14:00