2006年04月13日

彩雲国物語 第1話「うまい話には裏がある」

原作は未読。事前に感じた印象としては「ふしぎ遊戯」と「十二国記」を足して割ったら? みたいなものでございました。声優さんやスタッフも被ってますし。ですが決して馬鹿にしているわけではなく、このことに関しては後述いたします。

さてオープニングから世界観を物語っておりますな。中国風な架空の国「彩雲国」を舞台に繰り広げられる…… いやぶっちゃけダメ王さま? 育成シミュレーションとでも言えるかも? バイタリティ溢れるヒロインで主人公の紅秀麗(CV:桑島法子)は、大変に前向きで、また才気ある女性でございます。演じる桑島法子さんは電波入ってる役を演じられるととんでもなく嵌る方ですが、某国記での歪んだキャラとは違ってのなかなか魅力的の娘さんを初回から演じてられますなぁ。

父親の紅邵可(CV:池田秀一)は客に対して井戸から汲んできた水を桶ごと出してもてなすようなことをしておりましたが、いやいや日本で一番、赤、紅が似合う声優の池田秀一さんをキャスティングしている時点でただの昼行灯のはずはないですな。※紅大君とは違いまっせ、違わないけど(爆)

名門だけど貧乏な紅家。才気はあっても女性であることで官吏にもなれない秀麗。色々あって金五百両に目が眩んで、釣られて引き受けしは後宮に入り、棚ぼたで即位したはいいけど働かない、どうにも典型的な駄目王様みたい思われている紫劉輝(CV:関智一)を教育する事。まさに王様育成計画です。名君になれれば一番ですが、とにかく政務についてくれる、普通にこなせるくらいにはなって貰いたいと霄太師(CV:石井康嗣)は思っているのか? いや王の才覚を分っての行動なのでしょうなぁ。

茈静蘭(CV:緑川光)の声を聞いて、つい額に文字がとか、宿星がとか。王の声を聞いては出世したねとか。ついつい別作品の事がうかんではしまいますが、それでもこの作品はそんなことに関係なく楽しめると思います。

さて、偽名で出会ってしまった二人ですが。優秀な秀麗は正体を察し、どうやらちゃんと本名を名乗って、正しく挨拶が出来るまでは直接的な行動はおこさないのかな。筋を通せる真のしっかりした女性でございます。好感度アップです!! 他のキャラも藍楸瑛(CV:森川智之)や李絳攸(CV:檜山修之)といった強力な布陣。お前らのためだろ!ではなく、王のためだろ! 国のためだろ!コンビでございましょうか(^^;) 美味しいキャスティングだなぁ。

全39話予定のようですが、好評につき延長とか、地上波進出を願いたくなる第一話でございました。

で、後述なお話。
妹と女性が好きなものとして「王朝物」「宮廷物」「王侯貴族物」「それらがある時代の世界観物」などなど、ちょっと話し合ってみたんですよ。例えば夢枕獏先生が陰陽師に関する分析でそのあたりの事を語っていたり。日本の女性の下地としての「源氏物語」紫式部(「枕草子」清少納言も含めましょう)作品、世界観。

時代を一気に下らせますが「ベルサイユのばら」の人気の元になったものは何? 上にも出しましたが「十二国記」や「ふしぎ遊戯」他にも色々とありますよね。最近NHKで「少女チャングムの夢」のアニメが始まりましたが、元は実写ドラマ。これも宮廷物だしなぁ。

女性が好きなものとして、こういった世界は非常に受け入れやすく、また嵌りやすいんだと考えます。ああ「アンジェリーク」とか「遥かなる時空の中で」も思いっきりそうだよなぁ。

まぁ結構話し合ったのですが、そのあたりはおいおい本編の感想と一緒に書くかも?書かないかも?

NHKアニメワールド 彩雲国物語 #彩雲国物語_01

彩雲国物語―はじまりの風は紅く彩雲国物語―はじまりの風は紅く
雪乃 紗衣

彩雲国物語―黄金の約束 彩雲国物語―花は紫宮に咲く 想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語 彩雲国物語 漆黒の月の宴 彩雲国物語 朱にまじわれば紅

by G-Tools
ドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~
ドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~
ドラマCD 桑島法子 関智一

関連商品
ドラマCD 彩雲国物語 第二巻 黄金の約束
彩雲国物語 朱にまじわれば紅
彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計
彩雲国物語 心は藍よりも深く
ザ・スニーカー 2月号増刊 The Beans (ザ・ビーンズ) VOL.6 [雑誌]
by G-Tools
アマゾン 角川ビーンズ文庫 TOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てみたい・・・。
地上波ならなぁ・・・と残念です(´Д⊂グスン
Posted by 逢坂キャコタ at 2006年04月14日 00:49
>>逢坂キャコタさんへ。
画面から受ける感じとしてはアニメの「ふしぎ遊戯」をイメージしていただけると一番分かりやすいかもしれません。
効果の使い方とかちょっと心がときめきの導火線です(意味不明)

十二国記や、マ王!のように地上波で放送する可能性はあると思いますので。
なので、とりあえず今は本放送を応援してみます。
原作は妹が買ってくれると嬉しいと思いつつ、EDテーマの「最高の片想い」はFateの主題歌を歌われているタイナカ サンが作詞・作曲をされた上で歌っておりまして。
これが結構いいのでCDでも買ってフォロー。

それにしてもBSなのでそんなに話題になっていないのが残念です。
Posted by みやびあきら at 2006年04月14日 04:00
ふしぎ遊戯っぽいのですか。メモ。
ますます、見てみたくなりましたよ〜。

地上波で流れてくれる事を期待して
待つ事にしますヽ(´∀`)ノ
いろいろと教えて下さってアリガトウゴザイマスv
Posted by 逢坂キャコタ at 2006年04月18日 13:34
>>逢坂キャコタさんへ。
第2話も見ましたが、楽しめました♪
NHKの女性プロデューサーの意向なのかも知れませんが、こういったアニメも見たい自分にはありがたい話です。

彩雲国物語は登場人物がしっかりとしていると感じますので、とにかく見ていて安心できます。
人間的に器が小さいとか歪んでいるキャラが多いアニメと違ってオーソドックスだからこそのクオリティの高さが良いですね。
Posted by みやびあきら at 2006年04月19日 00:00

この記事へのトラックバック