2006年04月15日

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 第1話「ソード・ダンサー」

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 第1話「ソード・ダンサー」

原作未読。でもオープニングを歌う佐々木ゆう子さんの新曲を待っていた身としては、それだけで感謝してしまうような心境。でもノンスクランブルとはいえwowowだから話題になる事が難しい気がしてしまう。富士見&wowow繋がりで言えば「スクラップド・プリンセス」も隠れた名作アニメになってしまっている気がするし。でも富士見作品のアニメ化はメディアワークス作品のアニメ化よりも何が違うのか分りませんがクオリティが高い事が多いので、今回の『ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜』もそうであって欲しいと願います(「まぶらほ」とかもしっかりと作られてたしなぁ)

はい、OP。キャラクターデザインとしては可愛い感じがするのですが、世界観的にはかなりハードな模様。戦車かぁ、ふぅーむ。映像的に悪くないと思いますが、何よりも俺の心はその楽曲に集中(苦笑) 「砂上の夢」(AA)に聞き入る。ああ予約してるけど、出来るだけ多くの人に聞いて貰えて、それでCDが売れるといいなぁ。どんなに曲の評価が高かろうと売れないと次がないですから(今までのアニメのテーマソングとかは名曲と言ってもいい気がするだけの曲でもアニメ自体の出来がアレで知る人ぞ知るってのだったからなぁ)

で、本編ナレーションの演出関係。ん? 何かNHKのドキュメンタリードラマというか不思議なナレーションの語り口調ですな。ナレーション担当は小杉十郎太さんなのですが、小杉さんが悪いんじゃなくて、その演出意図を掴みかねる。どうにも浮いている、しっくりとこないために居心地が悪いものになってしまっている。これは慣れるものだろうか、改善されるか視聴者が慣れるのが先か、その辺が折り合ってしまうのか? おそらくはあれが素晴らしいといった評価をする人はあまりいないんじゃないかな。

世界観を色々とナレーションで説明しつつ、謎の落下物。大気圏に突入する際に明らかな意思、意図を持って突入角度が直前で変わっている。これは気になる伏線ですね。でも出てきている皆さんが謎だぁ。これこそが第三の目にも深く関わる技術や能力に関わっている人々なのでしょうな。謎の人名?「ジョウガンキ」も気になるところ。

やっと登場主人公。火乃香(CV:豊口めぐみ)ですが、お仕事で蜘蛛退治でございます。サブタイトルの「ソード・ダンサー」って意味を象徴するかのような展開がこの後に待っているのですが、あの大蜘蛛達って、普通に人為的なモノを感じますよね。見ていてなんであんなところに大量に発生して巣を作っているんだ? 餌に困るんじゃ? と疑念が過ぎった瞬間にちゃんと説明があった。そうか作業員達が食われちゃったんだね、それなら納得。このタイミングは個人的に絶妙のフォローとなったので、脚本的にはOKでございました。

アクションに関しては最初は光る太刀筋のみなので、どう実際に斬っていたのかは不明。ただその太刀筋は見えるもので無しって感じで速いのでしょう。巨大な月は本当に距離的に近いものになっているのか(だとすると潮汐力半端ない)演出もあっての事だとは思いますが「忍風カムイ外伝」を思い出しちゃいました。あの空中高くってシルエットは「飯綱落し」地上で切る方はまぁ違いますけど「変移抜刀霞切り」とか。「十文字霞くずし」は地上波では大昔に放送されたくらいで、一応CSで見たけど…… あれはっきりと思い出せない。まぁそんな話は置いといて、多分あの月をバックにって演出がしたかったんだと強く感じました。結構好きですよ、ああいうの。

でかいでかい戦車。砂上戦車と呼ばれていたようですが、砂漠化した大地(砂漠って、砂だけじゃないですけどね)移動手段やまた身を護る上での用途して戦車が進化(実際は文明が失われているので、特化の方が正しいか)している世界のようですね。相棒となる人工頭脳?戦車(ボディは極端な話し換えられるのだろうな)ボギー(CV:石塚運昇)ですが中々に経験豊富な相棒のようで、なんか秘密もあったりするんでしょうか? いつから二人が(ここは二人と表現しておきましょう)組むようになったのかも語られると嬉しいです。

その後のイクス(CV:浪川大輔)との出会いで物語が動き出す…… ソラから来たんですかね、やっぱり!? 次回は浄眼機(CV:子安武人)が登場すると予告でありましたが、まだまだ序盤なのでこれから盛り上がってくれると信じています。

丁寧に作られていて、ディフォルメ顔もうまく扱っている印象ですがどうにも静かな始まりなのですよ。ですがそれで見切ってしまうのはどうかと。尻すぼみや竜頭蛇尾となりかねない第一話は良かったんだけど…… 作品よりも、順を追って物語が動き、また感動を生む作品が好きな自分。実際に序盤の印象はまったりとしてどうなるかと思っていた作品でも、最後には大きな感動を持って見終えることが出来るアニメもありますので(すてプリなんかは本当にそうだった)まぁ弁護する訳じゃないですが、予感がしますとヘタレアンテナを信じて見ますよ、己の(苦笑)

ザ・サード〜蒼い瞳の少女〜|WOWOW ONLINE
ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 (角川書店)
XEBEC - THE THIRD
ザ・サード (富士見書房) #ザサード_01

「砂上の夢」 (AA)
アマゾン 富士見ファンタジア文庫 TOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) ザ・サード“蒼い瞳の少女” 第1話 「ソード・ダンサー」
Excerpt: 蒼い瞳の刀使い(ソード・ダンサー)―ザ・サード 過去の大戦によって荒廃した砂の惑星が舞台のこのアニメ。WOWWOWの新作アニメと言うことで期待しています。世界観とボーイッシュな主人公の少女の魅力..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-04-18 14:17