2006年05月06日

ウィッチブレイド -WITCHBLADE- 第5話「探」

先週の続きで激しい戦闘になると思わせておいて、一度すかした上で、同じ話で今度こそ闘いが始まった!! って構成と演出は上手いと思いました。これで次回以降に回されたんじゃ燻ったままになるところを相手側の冷静さ見せつつ、普通に賢い人ならいきなり戦わずに報告や調査も考えて一度退くと言うのは確かにありです。

でもこの事こそが蘇峰玲奈ではなく天羽雅音が、今、ウィッチブレイドを装着している、ウィッチブレイド自身が装着者として選んだ真相の一つなのかも知れません。

知力も含め肉体的問題などなど総合的に見れば玲奈の方が優れているでしょう(実際は比べるまでも無く)しかし、戦わない。今、眼前の存在と戦うことよりも優先すべき事があるような人間では駄目だという事を示していたって事が後々に分る伏線ような出来事だったのではないでしょうか。

気持ち良い事は後先考えずにいってしまわなければならない、エクスタシー至上主義! 恍惚得ずしてなんとする!!

際限の無い欲望こそが本質であるのならば、ネオジーンだろうとなんだろうと関係無い……

と思ったんですが、児童福祉庁の親分(笑)である「ナソエフ」(NSWF・国家科学福祉財団)関係の伏線が天羽梨穂子に張られているとすれば、単純に考えれば最高のネオジーンの素体として拉致されるとか。クローンブレイドを装着させられて姉妹になってしまうとか。

実はウィッチブレイドが本当の装着者として選んだのは梨穂子なのだが、まだ未成熟である為に装着相応しい心と肉体を得るまで母親の雅音に護らせる為だけに…… とか。梨穂子を護りたい意思は自分自身から生まれたものなのか、実はウィッチブレイドが命じての事なのかの葛藤。本当の娘なのか仮初めの娘なのかも分らない状況ですけど、米国向けなら必ず家族の絆ネタはあるでしょうし、壊れた後により強くなるとかも(勝手なこと言ってみる)

娘を護る為に必要な力ではあるけど、娘を本当に護る為には排除しないととなるかも?

今回はやけに雅胸さんを強調する意味でも胸がバストが揺れるだなんだでクローズアップされてましたけど(苦笑) 確かにブラジャー普通の店には売ってないサイズだし、可愛いのもないだろうし(輸入物で探すってあたりかと) 早速正体が斗沢祐介にばれましたもあったしで展開早いですね。

生え際を気にする鷹山澪士局長。製薬会社の社長紹介でも引っ張るし、そのネタ(爆) こんな遊びは大好きなので今後も期待したいです(ナォミとかを含めた細かいネタの一環でしょうか)おっと、古水達興のお酒の注ぎ方は彼が内側で相当な怒りを持っている証でしょうか。そして表情では笑っていても内側では何を考えているか全く分らない人間であるとも見せていたのでしょう。危険な人間です。局長みたいに可愛いところは無いのでしょう(局長のライバルがまた何かしてくれそうですが社内的に)

またまた忘れてましたが、今回のエクスコンは凍らせて砕くカキ氷マシン? なんだろうねぇ元になったのは。でもなんにせよ導示重工特殊機局の担当者の趣味が悪いというか、身近にあったものからデザインするのはイラストレーターの加藤直之さんの連載でも紹介されてましたけど、面白いものが生まれてくるんですよね、実際問題として。

追伸:蘇峰玲奈は好みなんですが、その部下であるも好みです。中の人繋がりでいえば生天目さんに登場してもらって伊藤さんは古女房じゃやはり勝てないところを……(爆)

ウィッチブレイド -WITCHBLADE-公式 (http://www.witchblade.jp/
ウィッチブレイド公式ブログ
GONZO 作品一覧 -ウィッチブレイド-
ウィッチブレイディオ(ラジオパーソナリティ:能登麻美子&神田朱未) #ウィッチブレイド_05

B000FJMXOWウィッチブレイド Vol.1

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ウィッチブレイド Vol.1ウィッチブレイド Vol.1ウィッチブレイド Vol.1あまなつ
XTC(エクスタシー)XTC(エクスタシー)XTC(エクスタシー)あまなつ ←マウスカーソルを重ねると大きなお尻画像と価格表示。
posted by みやびあきら at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今期のストーリー系では、頭一つ抜けていると思います。
総じてキャラがタフでアクの強く描かれて、
ストーリーも詰め込み具合が心地良いです。

私は愛すべきエロキャラ、チョーさんがお気に入りです。
エロキャラがいるからこそ、女性キャラの守備が描かれ、
自然発生する情熱とチラリズムが健全な、、ゴホン。失礼。
主人公すら存在感の薄いアニメが多い昨今、他のキャラも
日常が想像できるような、良い立ち方をしていると思いますです。
あとは、作画維持とストーリーの軸足がぶれないことを祈るばかり。
Samurai7のようにはなって欲しくないものです。
Posted by ぶいにゅ〜 at 2006年05月06日 22:11
>>ぶいにゅ〜さんへ。

キャラの立て方の演出が小憎らしいほどにくすぐってくるんですよね、本当に。
作画に関しては、やはりアニメの総本数の多さが気になってしまう現状ですがなんとか踏ん張ってもらいたいです。

展開が早いのは今後にまだ予想外な事を引き起こして楽しませてくれそうな予感をもたらしてくれます。

野球中継などでの放送時間変更に注意して、逃さず見続けたいです。
後、DVDは現在購入の方向で検討してます。
ええ、DVD版を期待してるぜ!!(爆)
Posted by みやびあきら at 2006年05月08日 00:00

この記事へのトラックバック