2006年05月21日

ウィッチブレイド -WITCHBLADE- 第7話「過」

「過」は‘過去’であり‘過ち’であり‘過ぎし’こと‘過剰’‘禍禍しい’などなど。良い意味ではない意味でのサブタイトルに感じつつ。良い意味もあるのだろうなぁ、真実は隠れているだけで……

時間切れ簡易感想。後日、追記・修正。

ガイバーII……

じゃなくて、さよ〜ならぁ〜〜〜(泣)

妹と話したんですが、梨穂子鷹山澪士蘇峰玲奈の間に生まれた子供だと。

自分の妊娠に気付き、その子供の最も優秀なネオジーンと優秀な人間の間に出来た子供。ウィッチブレイドに適合でき、しかも底知れぬ可能性を秘めた子供。だから何も言わずに失踪したのだろうと。

母子手帳も身を隠して生活する為に玲奈が偽造したもの。育ての親と生みの親。そのへんの家族の絆、愛情も含めた物語になるのだろうと。

きっと玲奈澪士のことを愛していたのだろうし……

妹が言うには玲奈がそんなに悪い人には思えない、と。ファーザーに会ったときに抱きしめられていた時の表情は心を許しているものではなかったと。へのことも含めての人間としての玲奈をもっと見るべきだと。

ウィッチブレイドを奪ったのに装着しなかった理由は、娘の未来を案じて。そして研究結果から導き出された危険性を理解して……

やべぇ、本当に面白いよ「ウィッチブレイド」が!! ツボに嵌っています。 つづく

ウィッチブレイド -WITCHBLADE-公式 (http://www.witchblade.jp/
ウィッチブレイド公式ブログ
GONZO 作品一覧 -ウィッチブレイド-
ウィッチブレイディオ(ラジオパーソナリティ:能登麻美子&神田朱未) #ウィッチブレイド_07

Amazon
XTC(エクスタシー)XTC(エクスタシー)XTC(エクスタシー)あまなつ
B000GAL20Gウィッチブレイド Vol.2
能登麻美子 神田朱未 松風雅也

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-08-23
売り上げランキング : 513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ウィッチブレイド Vol.1ウィッチブレイド Vol.1ウィッチブレイド Vol.1あまなつ ←マウスカーソルを重ねると大きな画像と価格表示。

B000FJMXOWウィッチブレイド Vol.1

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あしたの手あしたの手あしたの手あまなつ
B000FGG1RKあしたの手
能登麻美子

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-06-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みやびあきら at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず、第2幕が終了といったところで。
やってくれますね。本作のヒロインは鷹山か。(違

完璧超人な梨穂子がネオジーンで、玲奈がその母親なのはほぼ確定でしょう。
あと第一話の冒頭から、梨穂子を抱き上げようとした雅音が誤って装着者に選ばれたっぽいですね。
NSWFお得意のバイオ技術があるので、鷹山が父親かはまだ決定打が無いかな。
母子手帳のあたりは、玲奈にしてはあまりに把握外なようで、
どちらかというと偶然によるもの、、と思いますです。
Posted by ぶいにゅ〜 at 2006年05月21日 02:57
>>ぶいにゅ〜さんへ。
デレる鷹山を見てみたいかも!?

妹が経産婦は調べれば直ぐ分る筈だからと言っており、私もそう思うのですが。
雅音が出産経験者なのか、ウィッチブレイドがその辺りも含めて身体の情報を書き換えてしまったのか?
謎は深まります。
Posted by みやびあきら at 2006年05月22日 00:00
どうもです〜〜。

うわ〜〜、何か予想が私のツボにもハマりますよ〜〜。
雅音の立場が無くなる〜〜(笑)

「育ての親と産みの親、どちらを選ぶ梨穂子ちん」って感じですか。
というか、鷹山と雅音の関係っていい感じだから、どっちみち父親は同じになったりして(笑)
Posted by シバッチ at 2006年05月23日 16:17
>>シバッチさんへ。

コメント有り難うございます。

こういった場合、多くのケースで海の親よりも育ての親って展開が多いと思うのですが。
雅音の方が育てられているところがこの作品のミソかも?

結構、人の愛情、情愛、とにかく愛がテーマの作品なんではないかと感じてます。

さっさと感想の続きを書かないと放送日が!!(爆)
Posted by みやびあきら at 2006年05月24日 00:00
デレならぬ照れ隠しに水を飲む鷹山は、かなり素質アリ(笑
アウトボクシングからインファイトに移ったときが見ものですな。

親子関係が主軸でしょうけど、もう一人の主人公、
斗沢を違う軸として強く立ててくると思います。
明らかに主人公並の扱いを受けてますからね。
この二つが不足なく絡むかが勝負の分かれ目だろうなぁ。
Posted by ぶいにゅ〜 at 2006年05月24日 22:45
この作品は何かしらキャラに特徴を持たせているんですけど、上手いですよねぇ。

斗沢ちゃんはきっと、またあの写真を超えるものを撮影してくれると信じています。

多分、記録者なんだと思いますよ彼は。
Posted by みやびあきら at 2006年05月27日 20:00

この記事へのトラックバック