2006年06月04日

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU 第25話「地獄に堕ちたクルーども!アイドルは君だ!!」

ガイキングって全何話なんだ?

先週からまさかまさかで続いた、ピンクのカバ、ヒポポタマスはストレスの証、アイドルコンテストは続くよどこまでも。だったのですが……

面白かったんだけど、メインのお話があまりにもそっちのけだったの超設定、超展開に苦笑も含まれつつのお笑い回。これでガイキングを初めて見たって人が居るかも知れませんが、色色違います。でも、これもガイキングなんですよね。その懐の深さに、俺も心を広くしてみましたよ。

メカ関係は大張バリバリ! ってほどでもないですが、大張さんしてましたし。そもそも大張正巳、愛姫みかん、久城りおん、まさひろ山根さんなどなど、原画陣の個性が溢れまくりで。オリジナル?キャラでレベッカ(CV:長沢美樹)なる潜入工作員出てくるし、アイドルコスチュームにまでなっちゃうし。

ローサ副長は演歌アイドル歌手路線。フジヤマ・シズカ嬢は禁断のフェイスオープン! でも見えない!!(爆) ピュリアは「GAIKING」歌っちゃうし!?(ルルよりも良いのが困りもんじゃ ^^;)あ、腹黒いキョウコちゃんは先週と全くの別人になってました。突っ込んでくれ!!って画面からほとばしってましたよ(苦笑)

メインヒロインであるはずのルルも頭をブンブンと、それはもうブンブンですよ。ミンメイアタックただ最後の歌いながらの戦闘シーンは歌が地味…… ちょっと勿体無かったですね。本来なら一番盛り上げるべきところが、盛り上がらなくて。

井上シンドロームだったのかも知れませんが、これはこれできっと演じているキャストの皆さんは楽しかったろうし。アニメーターの皆様も個性を発揮出来て良かったんじゃないでしょうか。子供向けなので過激?な事はやってういませんが、作画&演技クオリティは抜きん出て高かった回なので善しといたしますよ。

そうそうカバの声が次大帝プロイスト役の・澤春菜さんだったんですけど、キミキスで魔王水澤摩央のエロさにあちこち直撃されている身としては、俺の方が幻覚を見そうです、寝てないし(馬鹿)ゲーム遊んでいる時も魔王じゃなくて、次大帝さまと忠誠を誓いかねませんことよ。

嗚呼でもサブタイトルのネタっぷりは、パクリというかオマージュにしても地獄に落ちてないし、ネタだけじゃん、と。そして次回は大地魔竜です!(誰もが考える大海魔竜の存在を!!)

東映アニメーション/ガイキング
ガイキング(テレビ朝日) #ガイキング_25

posted by みやびあきら at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック