2005年02月12日

ファンタジックチルドレン 第19話「誓い」

「ファンタジックチルドレン」タグ(登録ワード)一覧へのリンク

 アニマックスで始まった第1話も見返した上で書いてみます。結構忘れていた事も多かったですねぇ(^^;)

 悲劇は続くよまだ終わらないんだよなギリシア編のクライマックスとでも言いましょうか。やはりティナの肉体は通常の生命体とは違う形で再構成されていたようで、兵器としての暴走の副作用か最終兵器(なんだってね)の機動装置は完全にティナの肉体と融合してしまい、その部分だけを取り出す事など出来ない事態に陥っておりました。

 ソランアギ達の下へ真っ先にティナを連れて来て助けるように言う辺りは、ソランの事だから暴力的な事はしないだろうけど、このところ殴られたりなんだりの状態だったのでちょっと心配しちゃいました(しませんでしたか?)しかし助けられないと悟り、ティナの命を絶つ事でこのギリシアの破滅の危機を救う事を考えたソランの気持ちは分かります。そして自分には出来ない事も、ティナが自らソランの手に掛かる事を望んだこともよく分かりました。流石に愛する者の手で命を絶てればティナにとってはそれが一番望むことなのでしょうが、ソランには酷な話です。後追いしかねないですよね、一歩でも間違うと。

 アギの提案で地球へと転生させる案が出されましたが、ここで過去の自分の記事の訂正と別案を。パルザメルが見ていた星座に地球があるんじゃとか書いていましたが、考えてみれば2億光年も離れていたんじゃ銀河系全体の明かりでも見える訳無いですよね(苦笑)でも、一応方向は合ってると粘ってみますが、えっとですね2億光年と言ってましたよね今までも何度か。我々の銀河系の直径が約10万光年とかで、属するおとめ座銀河団が約1000万光年くらい。更におとめ座超銀河団が約1億光年とか言われていますので…… と、隣の超銀河団!?(爆) でけぇ〜!! (隣接する?)超銀河団の端っこ同士としてもスケールでか過ぎるってもんですよ。でかいのはギリシアの人間だけじゃない超絶スケールのアニメーションでございますよ『ファンタジックチルドレン』は!!

 こうなるとワームホールか何かがたまたま近くにあったとか、まさにインフレーション膨張宇宙モデルに対応するが如くインフレーション・ホールでもないと到達不可能な想像を絶する距離ですね。宇宙の銀河や銀河団の配置モデルが泡で(ビールの泡のような)解説されているようなマクロをミクロで見るとちょっとは理解が出来なくも無い距離を超えた物語なので、人間時間での数百年は生きている人間には長い長い時間ですが、宇宙規模と考えるとなんと小さいことか。それでも懸命に生きている登場人物に更に入れ込んでしまいますね。

 おっと話を戻して、セスが「お前さん止血はいいのかよ!」てな状態で立ち聞きしていたみたいなのですが、問題はカプセルに入れられて周囲の音が聞こえなくなり、視界も狭まったティナの目に映った光景ですよね。ソランが何かに気づいて視界から消えた直後の血が飛んでます。順当に考えればソランでしょうし、その前にセスの足元にソランが落とした銃を映り込ませていたりしましたし。一番最初に疑われるのがセスソランを撃ったのではないか?という事でしょう。

 いくらなんでも酷すぎると言うのであれば、セスソランを撃とうとしたがセスの後ろにゲオルカのクーデター部隊が現れ「危ないセス!」とばかりにソランが飛び出し…… でもそうすると血が飛びすぎるよねカバーに。でも本当にソランの真後ろにセスがいたのであれば説明も……

 セスを撃ったのはクーデター兵でほぼ間違いないでしょうけど、こうなるとその現場を見ていたと思われるアギ達、ベフォールの子供たちに聞いてみないと分からないですよね。見ていなかったとかだと、少なくともトーマソランの転生体であったとして、自分が撃たれた所までは思い出すかも知れませんけど。む、難しい話です。

 今回の話で驚いた事はまだあって、クックス!無事だったよクックス!(苦笑)そんなあっさり普通に留置されているとは考えもしませんでした。一応自分なりにその状況を推測して説明してくれましたが驚いた。そりゃぁ驚くよ。しかもアリスに服を脱げ発言の後に女装で脱走とは恐れ入りました。しかもアリスも何でだかすっかりクックスのペースに乗せられています。自分でも分からないうちに関わってしまうアリス萌えってことで(マジです)あ、アリスが無事なのも凄く驚いたよ〜。

 で、ヒースマの暴走キター!! ギリシアに帰れる目星が付いたら今度は無事に帰るためにはキルヒナーの事が気に掛かり、あんな無様な事態はごめんとばかりにゲルタ博士のいたゲド機関の施設へと向かいます。で、そのころゲルタルーゲン博士の持っていたといわれるフラグメントの一部であろう欠片を見て過去を思い出し…… 第1話でパルザでもあるコンラッド(コンラート・ルーゲン)が脱落するときにメルが投げかけた言葉が本当に重かった事が見返してみて分かりましたよ。

 「弱虫! 裏切り者! あなたが居なくなったらあたしはどうなるの… お願いパルザ……」 そして 「さよならコンラート… コンラート・ルーゲン」

 おおたまんねぇ〜〜〜〜!! 二人のことを知って、その後の事も知ってから見ると見事だよね。一応、第1話でメルメルである自分を失い始めてデュマに捕まるのですが、ここでベフォールの子供たちデュマの会話を聞いていると既に互いにかなり?接触が合った事が分かるのですけど、う〜むデュマサイドはまだまだ謎が多いですよね。今回もヒースマに欲しい情報を与えるかのように見せて……

 う、ティナを見つけたことがほぼバレ。ヒースマ捕まる? それとも取引を持ち掛けられる? ゲオルカの思惑通りに動くとは思えないデュマや、己が助かることを優先しかねないヒースマ……

 見逃せないぜ! ファンタジックチルドレン!!

ファンタジックチルドレン公式
TV東京・Anime X-press ファンタジックチルドレン  #ファンタジックチルドレン_19
 P.S.ところでアニマックスでの放送では次回の予告はサブタイトルコールだけでなく次話の映像と音声も入ってました。地上波では1話の段階からサブタイだけでしたよね確か。なのでアニマックスで見られる方はCM(番宣)も含めてチェックされてみてはどうでしょうか?

 トラックバック概要(一部修正・変更):ヒースマ自慢自信満々の象徴でもある鼻っ柱が折られる事態が!! って今後はOPにあるように量産型?ワンダーに襲われる展開も!? あれするとタルラントが捕まるか協力するのか?
posted by みやびあきら at 17:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この作品は、関西では、地上派放映がありません(確か)しかしCSがあるってのは幸いですよね。地域格差をおかげさまでかなり是正できます。「巌窟王」が見られるのもCSのおかげ。地上波・BSに比べてエアチェック失敗率が格段に高いので、毎回ドキドキなんですが…CS内蔵のDVDというのはないのか!と妻が吠えてます。いや、何かわかるよ。その通り。

 で、敬愛するみやびさんのおススメってことで「お伽草子」の後番の「ファンタスティックチルドレン」も見てみました。

…。

 シオドア・スタージョンかアルフレッド・ベスターみたいなストーリーは悪くないのですが、

「世界まんが昔話」みたいなキャラデザはなんとかならんもんでしょうか(^^;

 いや、萌え絵なら良いってもんじゃないのは当然のことなんですが、どうみてもストーリーと合っていない気が…第1話だけ見て視聴を放棄するのがいかにもったいないことかは、真下ファンを長年やっていればよくわかっているつもりなので、少なくとも第何話まで様子見すればいいか、教えていただけませんでしょうか。
 お手数かけてすみません。
Posted by てんちょ at 2005年02月12日 20:04
…あ、関西やってたんですね。知らなかった。すいません。すいません。深夜アニメを見落とさずにチェックするのって、本当に難しいですねえ…
Posted by てんちょ at 2005年02月12日 20:07
公式サイトには30秒の予告QTムービーが置いてありますね.最近気付きました.なぜか第二話予告には音声が入ってませんが (笑).
Posted by nsh at 2005年02月12日 20:52
>>てんちょさん。
私など小者でございますよ「小人閑居して不善をなす」でございますよ。
あれ? 意外と暇じゃないし「小人の過つや必ず文る 」か!?(最悪じゃん)

キャラクターデザインに関してですが、私は中村さんの絵は大好きと言う訳ではないですが、この作品の成長と共に見事に嵌ってきていると現在は感じております。

で、そうですねぇどの辺りの話数と言われると難しいですが、第3話で出てくる人物。う〜ん第7話以降は確実かも?
非常に難しいですね、上げるのは。

最初ははっきりと描くのではなくバラバラのジグソーパズルのピースがあって、一見取っ付きが悪いようですが、間違いなくそれらは、この絵のピースであり。確実にそのピース達が嵌っていく様が予感としてある。とでも書いておきます。

ちょっと腰を冷やした為か痛くて痛くて(苦笑)

>>nshさん。
公式サイトをちゃんと見てなかったので言われてみればそう表記がしてありましたね。
でも折角なので見ないでおきます(^^;)
ちょっと他の部分も見ていたら、結構情報が書いてあるんだぁ〜〜。
読んでよいのか分からなかったので途中で止めました。
ドキドキしながら次回の放送を待ってみます♪
Posted by みやびあきら at 2005年02月12日 23:22
 横から、失礼。
 ファンタジックチルドレン。てんちょさん同様、私も最初は「駄目かネ?」と思ってました。特に主人公トーマ君は、初期の時分には共感度が低くて低くて…。
 それでも物語世界に引き込まれたのは、「第4話シノン」からでした。後に続く物語世界の世界観が、一気に前面に出てきた話で、すっかり興味津々にさせられましたよ。
 その分、期待してた方向が皆さんと違うのか?、最近のギリシア篇展開にはやや不満もありですが。

 公式HP。相変わらず「ファンタジックチルドレン」は、ネタバレ記事満載ですか?。
他の方々のブログ記事とかで読んで、見ない様にしてました。
 一方では「ネギま!」の公式HPみたいに、テレ東・スタチャ両方とも、何も書いてないも同然の公式では、困りものです(ほとんど声優さんのプロフィール紹介ばかりで…)。各回のスタッフや、サブ・タイトルのラテン語部分すら書いてない公式HPって、ほとんど「手抜き!」と怒り中です。
 ネタバレし過ぎもなんですが、データ的価値すらない無い公式HPは、もっと困り者です。
Posted by 読一 at 2005年02月12日 23:57
>>読一さん。
私も未だにトーマは生きてきていないと思います。
これから一気に来るとは予想しますが、ソランいい男だったし(思っていたよりは活躍出来ませんでしたが)トーマよりも少年時代のソランが良く見えます。しかしそれも仕方が無いことですよね。幸せな家庭で育った地球の少年が基本なので。

ギリシア編はある意味都合の良い部分も多いとは思いますが、人間ドラマの部分に惹かれました。
ええ、私は、恋愛ものには弱いのかも知れません。

ネギま!は利益を回収する手段が一般のアニメとは違うと感じておりますので、にんともかんともです。

各公式サイトへリンクを張っていますし見にも行きますが……
細かいところは見ないようにしています、上手いネタバレ具合を自分自身で望みたいので。
Posted by みやびあきら at 2005年02月13日 03:26
わたしの記憶だと12話あたりで,感想系で急に評判が良くなった気がします。もっとも主人公じゃないとある人物の好感アップということで(^^;)。

…って1クールか?…,ずいぶんですね(苦笑)…。
Posted by taro-r at 2005年02月13日 11:55
>>taro-rさん。
ああ、アギっちですね。自分もアギが主人公でよくない? とか書いた記憶が(笑)

トーマは良くも悪くも子供のままなので、パパン拳法が使えても今回の話で苦悩しているように何も出来ないんですよね、ヘルガの為に。
正確には何もという事はないのですが、挫折を知った主人公の反撃はここからだと信じています。
Posted by みやびあきら at 2005年02月13日 18:18
初書き込みです。場を乱すかも知れませんがすみません。ファンタジックチルドレン、本当に面白い。映画とか、ゴールデンでやって、芸能界の話題をかっさらって欲しいです。ところで、この作品を気に入った私は予約までしてコミックをかったのですが、ひどかった。本当に返品したろかと思った。なんであんな少女マンガ系みたいになっちゃったの?もうDVDに期待、そしてDVDは高いからお金ためとこ。
Posted by ふぁんた at 2005年02月13日 21:33
>>ふぁんたさん、コメントありがとうございます。

ゴールデンタイムと言うのは確かに。
やはり深夜帯では低年齢層に見てもらう機会が大きく減る訳ですから……
もしかしたら、子供時代に『ファンタジックチルドレン』を見た事でその後に人生良い影響が出る場合だって!
等と妄想してみました(^^;)

出来る限り下からも含めて、もっと幅広い年齢層に見て貰いたいですね。

で、コミック版はそんなに酷かったのですか!?
別作品なんでしょうね、結局。

それではこんなサイトですが、今後とも宜しくお願いいたします。
Posted by みやびあきら at 2005年02月14日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック