2004年06月06日

美鳥の日々 第10話「ココロ no 距離」

真行寺耕太きゅんが釘宮理恵さんボイスにより完全な萌えキャラになっています。よね!?

冒頭夢世界。
あまり夢の話しが続くとTVの最終回が夢オチだったらどうしようと不安にならないこともない、かな。

美鳥の過去の話が多かったのですが、今現在の岩崎紅子が登場する話はないのでしょうか?
出てくるとすれば第8話との関連も予想するのですが…

一度話を戻して綾瀬貴子ちゃん。
何だか惚れてしまった直後の貴子に戻っているような感じです。
デートの時の暴走っぷりは素っ裸を見られたことでリセットが掛かってしまい。またふつふつとマグマを蓄えているようなものでしょうか?

残り話数からいうともう活躍の場はないのでしょうか?しょんぼり。

今の美鳥は過去の美鳥からは想像も出来ないほど性格・行動ともに積極性を見せていますが。
正治くんと一緒に居れる喜びが優先されていて、母親や耕太くん。学校の友達や家で働く人々。
そんな心から美鳥の事を思い心を痛めている人々と美鳥自身の心の距離を伝えたかった話しだったのではないかと感じました。

勿論、さまざまな心の距離が描かれていました。正治と美鳥。貴子と正治。耕太と美鳥。遥と美鳥。等など。

アニメ版は流石に正治と美鳥の恋の行方の全て見せるとは思っていませんので。
この物語の主人公である春日野美鳥と言う少女の心の成長を描いて終わりなのかも知れません。
今回の最後で美鳥が思っていたことは、美鳥の為だけの想いであり。正治を含めて回りの人のことを慮ってはいない内容でしたし…

美鳥ちゃんは良い娘さんですが、更に良い娘へと成長してくれると信じていますよ。

あんまり頭が回らなくて語れない自分です(苦笑)

TVアニメーション 美鳥の日々
posted by みやびあきら at 23:37| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>真行寺耕太きゅんが釘宮理恵さんボイスにより完全な萌えキャラになっています。よね!?

アニメ化される前は、美鳥ちゃんに釘宮理恵さんボイスをイメージしていたので、岡野浩介さんボイスをイメージしていた真行寺耕太きゅんが釘宮理恵さんボイスというのは強い違和感がありまして、アニメの美鳥は見ませんでした。

あ、真行寺耕太きゅんが岡野浩介さんボイスのイメージがつかめないなら、GTOのアニメの吉川昇きゅんの声をきいてください。
Posted by うーん at 2004年07月03日 01:44
うーんさん、コメントありがとうございます。
岡野浩介さんの吉川は分かりますよ、見てましたので。
岡村明美さんとのやり取りが印象に残っていますねGTOでは特に。
他にも岡野さんのお仕事は意識して聞いていますので想像をする事も出来ます。

私は原作を読んでおりませんので美鳥の日々での耕太の役回りに関してはアニメ以上の事は分かりません。

誰が配役されれば良かったとかは詮無き事ですので何とも言えません。

ただアニメの美鳥の日々は面白かったと私は思っていますので機会があれば見て頂きたいとも思います。

そういえばアニマックスは岡野さん分が多い所なのですが、岡野浩介ご自身はフリーになられたとか。
せんせいのお時間、恋風と岡野さんの最新ボイスを聞いてきましたが、今期はどこで聞けるのか気になりますね。
取り合えずアニマックスのナレーションで補充は出来ますけど(^^
Posted by みやびあきら at 2004年07月03日 13:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック