2004年06月08日

ぷぎゅる 第9話「イカ‥いや、ナチ子という名です。」

イカのナチ子だらけのお話。

表面上見える顔は偽者・擬顔なのは既に語られていたが、あれほど沢山あると不気味だ(苦笑)
人気者になるべくチェコちゃんの顔を付けモノマネしてみるが、生臭いのでヤクザ二人に撃たれる切られるナチ子であった…

火災発生!人助けをするべく火事場に突入するナチ子。
でも辺りには香ばしい香りが立ち込め… って、人いないし!体焼けるし!水の変わりにチェコちゃんには醤油をかけられるし!
で、みんなに喰われそうになるお約束の展開なナチ子でありました。
(俺もイカ焼き喰いたくなりました。うん美味しいそうだ)

ならはしみきさんの真剣な演技が笑い涙を誘うよね…

そして驚きのエンディング!
アニメージュの付録には3番までしか書いていなかった歌詞にショックを受けましたが。
実はまだ明かされていない歌詞があったのです。
うわ!何番まであるの!? シングルCD出ないんですか?買いたいってばさ!!
ENDアニメは相変わらずブラックです(^^;

ぷぎゅる公式
キッズステーション ぷぎゅる 特設ページ
posted by みやびあきら at 19:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック