2006年07月05日

つよきす Cool×Sweet 第1話「よろしくッ!近衛素奈緒です!」

……ここにベヘリットがあったら。
……もし原作ファンの集まっている場所にベヘリットがあったら。

血の涙を流してコットハンドを召喚出来そうな出来だった。

後、反撃するなら。
サイトー!! そいつをよこせーーっ!!!!
だと思いますよ。

妹にベヘリットの話しをしたら。
「誰を生贄にするのよ?」と聞かれたので。
「勿論、ピーーーーだよ」と答えたら。
「何にも価値ないじゃん」と言われた。 ……おっしゃる通りです。

さて、出来る限り冷静に判断をすれば、私にとってこの10年で最高のテレビアニメである「ちっちゃな雪使いシュガー」の監督とシリーズ構成・脚本担当者が同じアニメ。
本来なら好意的に受け止める、非常に贔屓目で見始める事が出来たはずのアニメ。
だが、無理。これは無理
ここまで原作に敬意の欠片も無いまま作られたのでは、改変どころか改悪だらけでは弁護のしようが無い。

ただ木村真一郎監督で一番出来の悪かった意味不明アニメは「G-onらいだーす」だと思っているので、それよりはマシなところもあったとは思います。
当時G-onのスタッフの日記に、監督の言っている事が分らないし、意思の疎通がどうにも出来ない。もうこの監督とは二度と一緒に仕事がしたくない。そのような内容が書かれていた事があり(現在は無いよ)当時、好きなスタッフが集まっていたし(原作・キャラクターデザイン・総作画監督がまじぽかの平田雄三さんだったのよ。ええ、好きなんですよ、応援しているんですよ)そんなに酷い制作現場だったのかとショックを受けたものの、その時はシュガーの遺産(高評価補正)もたっぷりと残っていたので、それ以上は考えまいとしましたが。

無理、絶対にこれは無理です。

声優さんも好きな人が多い補正(主演DVD買ってたり、CDとかもかなり買ってる人が多い)をもってしても、この破壊と勘違いとやっつけな出来ではどうにも納得の出来るアニメになり得ない始まりでした。

PC版だけで、PS2版をプレイしていない人も少なくないかと思いますが、両方全ルート、テキスト差分も確認し、音声は一切飛ばさない、誤ってキャンセルした場合はバックログで戻って聞き直すプレイにより、現在も遊び続けている人間から言わせていただくと。

近衛素奈緒はあんな情けない典型的萌えアニメの女性キャラではありません!!
アニメオリジナルキャラとして考えないと全く似ても似つかない描き方をされており、その落差は他のキャラ以上に酷いものでした。

勿論、土永さんの演技が元と力量どころか全てにおいて劣りすぎているとか。でもそれは中の人が悪いんじゃなくて、そんな決定をした責任者が悪い訳で。藤田圭宣さんはアーツビジョンの方ですが、将来はアーツかアイムに所属するだろう、日ナレの藤田咲さんのカニと共に貧乏籤ですよ。藤田さんこことのところ良い感じで仕事をされていて評価が上がっているところに、とてつもないマイナスファクター。何とかこの事をバネにして次は…… いや、もういいんですよ、あんまりなことになっているんだもの。

「トリニティ・ブラッド」なんかでも、ちゃんと原作を読んでから仕事に挑んでいた藤田さん。もしかしたらつよきすも確認されていたかもしれません。だが、世の中には無理な事もあるんだと……

もとい。
今期のアニメのテーマソングの中では●●●●●●のEDと争うようなOP。意図が分りかねるアイキャッチの多用。鉄の風紀委員、鉄 乙女らしき人間が日本刀を一般生徒に向けて指導していたり。姫とよっぴーの会話もおかしいし、そもそも近衛が遅刻しそうになっているといった在り得ないアニメの独自設定。あれほど自分に厳しくて強い、とてつもない折れない心を持つ素奈緒が直ぐに泣くし、演劇を愛し、その道を目指すものが降りてきた緞帳を持ち上げようなんて、無知蒙昧な行動(夢の中であっても自殺行為です)

ココナッツをわざわざ否定する椰子なごみ。もういいんだ、いいんだよ… カニ、蟹沢きぬが……
遅刻しないで間に合っている祈ちゃん。姫がメガミマガジンでも下着見せまくっているから嫌な予感がしてたけど、無駄にアイキャッチで披露してお話しの全体の流れなんぞ無視して、ようはエロだろ、エロければいいんだろうな頭の悪いサービスのつもりの演出……

フカヒレ…… あんなのフカヒレでもなんでもないや。

パンツをレオだけに見せていいのはよっぴーと朝のカニだってば……

生徒会…… おいおい竜宮って通称なだけなのに、あんなありえない竜宮殿とかいった恥ずかしい建物に…… 2階の窓から見える海が美しく、その1階は倉庫で物置なのに、2階は快適な…… 一部の生徒しか知らないその内情が、あんなあからさまな陳腐なものに…… 頭悪いよ(泣)

本来竜鳴館に演劇部は存在し、近衛素奈緒が部長であり、前部長から託された思いや、あのイベント必須アイテム…… 中学生時代に起こった事件こそが対馬レオの今の現状を生み出し、また素奈緒が更に強くなった、好きと嫌いは気持ち裏腹な事柄も全て消え去っている。つよきすという物語の重要な部分を、根本、根幹を全て台無しにしてしまったのに、この出来の悪さ。贔屓目に見ても凡庸な内容にしてしまったスタッフの愛の無さ、出来るであろう能力を使わない姿に絶望した。

なんだろうねぇ、俺の中でNo,1であるシュガーがもしゲーム化されるとして(その前に地上波全国ネットで完全放送を願い続けていますが)
ゲームライターがアニメを先入観に捕らわれたくないと見ていない。キャラデザの変更、声優の大幅な変更、主人公の変更……

サガでもシュガーでもない、オリジナルキャラの転校生が主人公です。クラスが違うのでサガたちと関わる事は少ないです。サガと幼馴染でサガの所為でトラウマ持っていて嫌っています。演劇部設立を巡ってグレタやアンヌと対立します。グレタにイジワルされます。ハンナ先生の声は平松晶子さんのままですが、シナモンの声は平松さんから変わります。後、ヴィンセントさんは岩田さんのままですが、川上とも子さんも浅野真澄さんとかも総取っ変えです……

ゲームディレクターがジンジャーってのは雪使いの中ではルパンファミリーで言うところの峰不二子とか言ってます。
テーマソングは当然変更、ですが販促の際には原作アニメを忠実にゲーム化と言い張ります……

怒るね、絶対に怒ると思うよ俺は。
そんなののどこがシュガーなんだって。ゲームなんて絶対に買わない。

最悪なのはつよきすの場合はテレビアニメ化であり、放送地域の人たちは無料で見られるってこと。そしてより多くの人たちの目に触れ易いメディアであることを利用してやりたい放題……

G-onよりは意味不明でないが、これがつよきすを名乗るのは破廉恥な行為です。
この製作会社とスタッフは原作を先入観で片付けてしまう事が出来る人たちだった事実。
商売的に見ても売上を著しく悪化させる事を平気で出来るって事。
次に原作付きの作品をアニメ化する際には、ちゃんと原作に敬意を払いますよとか言うかも知れませんが、そうなたったりすればつよきすは馬鹿にされたものですね……

もし資本主義社会なんだからと言い張るのであれば、原作ファンも新規ファンも取り込んで売上を伸ばすべきなのに、小さく纏まっている。もしかしてイベントで声優ビジネスしようってくらいですか?

テレ玉では「コヨーテ ラグタイムショー」の後って、笑っちゃうような順番。その落差に見ているこっちが恥ずかしくなります。
tvkでは直後に「ストロベリー・パニック」ですが、私がこのアニメを見続けている原動力の一つに聖スピカ女学院生徒会長、冬森詩音を氷青さんが演じてられるからって事があるんですが(プリキュアSSや砂沙美では先生役ですな)あ、きらレボの女社長も良いよねぇ……

世界は誤解に満ちている……

追記:PS2版で追加された近衛シナリオが、確かにPC版のつよきすとはルート的に執行部関係が少ないものの、これがなかなかに良かった。俺は近衛素奈緒がかなり好きになった分、よりダメージがでかかったようです。

ドラマCDではレオのとてつもなく問題な発言で、聞いている俺は血気盛んになれるし(爆)
posted by みやびあきら at 19:00| 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする