2006年07月05日

コヨーテ ラグタイムショー COYOTE Ragtime Show 第1話「脱獄」

物凄く面白かった!
こいつは好みに合いまくりでございます、いやでも最初だけかも知れないし……
これからどうなるかは分りませんが、第1話の時点で今期はこれがあれば戦える!! って気持ちが湧いてくるくらいに素晴らしくツボに入りまくりだった(テレ玉のその後の番組で超絶凹むんでこっちを見返すことを推奨…… ええ2度見ましたよ!)

これは海外映画・ドラマ、日本のアニメ、コミック、ゲーム(他にも国内外の小説とかかもか、SFの)などを幅広く知っていると敷居が低くなるかも? ノリもそうだけどそこかしこに感じるものがありますねぇ。

冒頭の宇宙船の描写は往年のSF作品中でのデザインを思い返した。
アンジェリカ捜査官の旺盛な食欲には戦う女を感じましたし、惑星上に降りてから胸が揺れたのは重力のある証拠って事で(^^;)

声が湯屋敦子さんだったんですけど、上手い上手い、もう最高のキャスティングだよこれは。捜査官と聞くとFBIってとこですが、銀河連邦警察捜査官だって。なんて、なんて、魅力的な響きであろうか!!(笑)

現地でエスコート担当の警官、チェルシィの声は下屋則子さんですねぇ、のりちゃんです、ええガンバレぇと思いましたよ、きっとこの現場は勉強になるよ、うん。と、勝手に思った。

虫、まさにサンドワーム。
「デューン/砂の惑星」の映画を始めてみた時は、そのサンドワームにある種の感動を覚えたと同時に、主演のカイル・マクラクランの瞳に吸い込まれた。ああ美しい男性は最高だよと!(爆 後に「ツインピークス」のFBI特別捜査官役で知名度が上がった…… と思う個人的には「ヒドゥン」は抑えておくべきだと。それから当時付き合っていた某スーパーモデルと一緒にグラビア特集がされたイタリンアンヴォーグがマジで欲しかったよ)

話逸れてるな。
音でってのはこれまた「トレマーズ」を思い返す。あれも砂漠の地下に人食い虫が!! ええB級映画最高ですよ♪ ああでもなんとなくあの走行シーンで何故か「マクロスプラス」を思い返したのは、あの虫除けの所為か、はたまた道路の所為か!?

刑務所、刑務所。
日本の映画だと網走な感じになっちゃうんですが、そこはアメリカ映画のノリそのままな入り方。武器を持ち込んで咎められても銀河連邦政府の大統領の許可証ってのはまさに葵の御紋みたいなもんで、そこにしびれるあこがれる!!

時間が無いので間すっとばして、もう爆弾処理班の姿が最高。堀内賢雄さんの声が聞こえた段階で、あんた怪しいよ、一回こっきりのキャラに見えない!! とワクワク。いやぁ実力のある役者を投入してきてくれて最高だ。ああ最高だ。

アンジェリカへの密告電話もこの脱獄計画に利用する為のリーク。爆弾を持ち込むためだけでなく、ミスターをよく知る人間であり、かつ信頼に値する人間を巻き込むことで死者を極力出さないようにとかする意味もあったのでしょう。

へい、マダム・マルチアーノとその12姉妹がヤバス。しかもマダム・マルチアーノの声が沢梅陽子さんで、ミスター役の大塚明夫さんの奥さんだ! いやっほうっ!!(馬鹿)わぁい、素晴らしい共演ですねぇ(参考リンク:SUPER INDEX INDEX Premium 声優名鑑 FileNo.01 大塚明夫 ・ FileNo.02 沢海陽子

いいねぇ、スタジオマウスが制作に関わっているから(名前あるし)マウスプロモーションの実力派は勿論の事、外画吹替えをされている方とかばっちり使っていただけそうでおいら嬉しいよ。

んで「フタコイ オルタナティブ」のOPへ寄せられた肩透かしコメントとかへの皮肉かどうかは知りませんがやってくれました十二姉妹。あんた達、ほんと悪趣味な殺戮ドール。キリングマシーンなアンドロイドたちだよ!!

殺される殺される。惨いけどクリミナルギルドだもの、イメージ的にはコブラの海賊ギルドみたいなものでしょうから、どんな悪逆非道もやってのけるってとこでしょうか(ミスターはある意味コブラかスネークか、ただのコックか!?)

ええミスターにしびれました。
おやじ最高!! おっさんキャラが主人公のSF、スペースオペラは面白くなる予感ばりばり。

「見損なうな」「見損なうな」

さ、最高な親父犯罪者、海賊だ、コヨーテだよ。

津波と聞いて、虫を利用するのは想像が付いたが。
12姉妹は頭脳部分?が残っていたら何度でも復活する事を印象付ける為だったのでしょうか、最初からあそこま破壊されるとは思いませんでしたので巣晴らしか。しかも警察だけでなく地元政府までクリミナルギルドが深く入り込んでいる事がわかる形での回収、幕引き。上手いちゅうか、スキ!!大好き!!

ニュースに合った惑星破壊の危機を絡めた展開が待っているのでしょうけど、いやぁ最後までこの勢いで行ってもらえるとイイナ!! 作画もテレビアニメとしては最高クラスだった思うし、このB級SF映画のノリは最高。声優陣もなかなかこれがまた、若い女性の方が多かったんですが良いですねぇ。

現時点で今期評価No,1なんですが、流石に全編を通してこのレベルが保てるかは心配です。
それでも皆さん、放送を見そこなうなよ!!

ちなみに12姉妹を見て、洋平ちゃんの地獄の12姉妹を思い出したので。我が家では村田姉妹(エイプリル・ムラタ)と便宜上意味もなく呼んでみた。でもこっちは美人だけどね(だからカタカナ)

COYOTE RAGTIME SHOW OFFICIAL WEBSITE
TE-A room : コヨーテ レディオショー #コヨーテラグタイムショー_01

B000GWBR2Cコヨーテ ラグタイムショー Vol.1
大塚明夫 広橋涼 堀内賢雄

アミューズソフトエンタテインメント 2006-09-22
売り上げランキング : 356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000GWBR2Cコヨーテ ラグタイムショー Vol.1
大塚明夫 広橋涼 堀内賢雄

アミューズソフトエンタテインメント 2006-09-22
売り上げランキング : 356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4861763177コヨーテラグタイムショー 1 (1)
ufotable たあたんちぇっく

ジャイブ 2006-07-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みやびあきら at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白かったですか! 私は相変わらず田舎モノの限界で見れないんですけど(^^;、キャストを見た時から、めちゃめちゃ期待しているアニメなんです。男性・女性、どちらもいいですよねっ。海外ドラマファンとしては! この調子がずっと続く事を祈りつつ、みやびさんの感想を楽しみにしとりまする。
Posted by るぅ at 2006年07月06日 21:05
もう収まりを無視して、大量にキャラを詰め込んでましたね。
普通なら、なんて言葉はNG。理屈よりシチュエーション前提。
この豪快さに、ちょっぴり切なさを加えるくらいで、
変に重苦しくならずに駆け抜けて欲しいです。
ラピュタみたいに笑いのあるラストだといいな、と。

前作のフタコイでは、作品の軸足が常にブレていて、
長編としては面白くない、オムニバスというほどの多様さ感じられない、
後味の悪さがありましたので、反動でそういうのが見たいのかもしれませんが。
ホント、期待大です。
Posted by ぶいにゅ〜 at 2006年07月07日 23:47
>>るぅさんへ。
海外ドラマ好き。
せめてer見てると湯屋敦子さんのお声に反応しまくれると思うんですが。
もしかしたらこんなエエ女の魅力に悶える人って少数派!?
おじさん主人公に狂喜するってマイノリティ!?

楽しいけどこれまた人それぞれなんで仕方がないかも知れません。
でも自分は楽しみまくれた第1話でしたよぉ。
多分るぅさんにもかなり合うアニメだと思います。


>>ぶいにゅ〜さんへ。
フタコイは結局妙な方向に進んだ挙句に消化されない部分が多過ぎて。
なのに主人公が勝手に達観して終わっちゃったので置いてけぼりな印象を持ってしまいました。

置いてけぼりにするのならば、楽しくぶっとんだ方向に持って言ってもらえればそれはそれで。

コヨーテは最後にすっきりと終わってもらえれば良いですね。
勿論、途中でもやれることは徹底的にやってもらった上で。
Posted by みやびあきら at 2006年07月08日 00:00

この記事へのトラックバック