2005年02月19日

舞-HiME 手抜きな考察(現在進行形)おっと音声ファイルが!

 一連の流れは(http://earthtail.seesaa.net/article/2009858.html#comment)なのですが、簡単に持ってくると。

>白無垢に関してはどうしても疑問が残るんですよね、詩帆で良いのかと。
もしチャイルド同士の戦いになったら、チャイルドを倒した瞬間にどちらであっても楯が消える訳です。
>それではどうやっても相打ちになる。避けるにはHiME本人を叩くことになりますが、しかし相手のチャイルドの能力を受け継ぐ?ことが出来ずに最強のHiMEへの道が遠のきますよね?
>それじゃ儀式の最後に力が足りない…… 何てことになりやしないかと。
>そもそも同一人物が柱になるのならあの柱の絶対数が足りなくなります。
>一人が消えて、同時に二本建ち上がるとは思えません。それならば犠牲を最小に抑えるにはもて捲くりな男を用意すれば……

>そんなんじゃ犠牲、生贄の意味が薄れます。
>あれは、誰か別のHiMEが嫉妬や憎悪を利用していると見た方が良い気が致します。


>一番地がどこでいつ発生したのか? 起源は古そうなのですが、必ずそれら対抗する勢力が内外を問わず生まれて抗争を繰り広げていたと考えるのがよいでしょうね。

>今回、なつきにシアーズ財団が接触を試みていますが、そこにも彼らが知る重大な秘密。
>はっきりいえば今回の祭りを妨害する、失敗させる方法がありそうです。
>禍の星を退けつつ、誰かの手に強大な力が託されるのを防ぐ道とか!?

>残酷な手段を取るのであれば、次回副会長が舞衣に急接近し、大切な人になってしまい、心置きなく白無垢と戦い、楯が消える未来も用意されているかもしれません。

>しかしそうなると命の兄の正体がうやむやに…… 黒曜の君もうやむやに。

>いや、君が誰かの中に寄生するような存在であれば器さえ用意できれば男女を問わず現れる可能性がありますよね。
>しかしそれでは、一つの存在が常に勝者、またはドローで次回にチャンス持ち越しみたいでどうにもこうにも。


 見落としている何かがある気がします。最後の敵は一体誰でしょうか? 愛した相手が星の力で敵になるとか。やはり前回の生き残りと戦うとか。そもそも自決したらどうなるんでしょうね? 風花真白は教授の調査に関する記述で死亡者の名前であがっていますが。(魂が)死んだ本当の真白の肉体に前回のHiMEの勝者(または最後まで残ったが、何か違う選択をした者)が冥界から還ってきて宿ったのかな? そんな風に考えています。別の肉体に転生できるのであれば、黒曜の君の目覚めも理解できるかも? でも成り代われる記録があったからこその石上の行動だろうし……

 週刊少年チャンピオンで連載していますので、おそらくは一度チャンピオンになると自ら引退、返上する以外はそのままで(そもそも普通の方法・ルールでは逃げられない気がしまくりですが)激戦を勝ち抜いて辿り付いた者だけしか挑戦権を得ることが出来ない。そしてその王座を掛けて最終激突するんじゃないかという認識はダメですか!?
 あ、前回の王者は(自ら)死んだのに冥界から呼び戻されたのかも? 今回の儀式の準備をするために。んじゃ姫野二三は?

 Seesaaの新サービスに対応すべく様々な実験を行っております。テストで記事を音声で読んでみる!?MP3で聞いてみる!?笑いたい人はコチラ→舞-HiME 手抜きな考察(現在進行形).mp3

 参考&感謝 seesaaブログの記事を読み上げてみるスクリプト
posted by みやびあきら at 23:30| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柱の元で男女…というと国造りの様な気がしますが…。すべて(人類も含めて)滅んでやり直し…って国造りでやり直しを300年毎にやっているっていうのはどうですかね?…。まぁそうなるとリセット落ちで安易か?…。でもリセットというより現実の自分が単なる土塊で偽りの記憶を植え付けられているっていう落ちは結構ダークで好きなんですけどねぇ…。

石上はなにか勘違いしているのかも知れませんが,もし彼の思惑があたっているのであれば,最後に勝ち残ったHiMEの大切な人がコクヨウの君になるんですかね?…。だったらなおさら国造りのような(^^;)…。
Posted by taro-r at 2005年02月20日 01:09
何と言いますか天地開闢から始まって天孫降臨辺りまでの日本神話を紐解きたくなる展開です。

新たな国産み、神産み、国造りなのかも知れないのですが。
どう考えても人の手が加わってる訳ですから、あくまで神事として再現?している部分がどうなのかなぁ、と。

今一番流れが見えているのは炎 凪だと思うのですが、それに対して何か逆転を狙っているのが真白でしょうね。
意外と凪もしれっと知らない振りをして実は味方なのかも知れないですし。
そもそもキャスティング的には生贄役をやらしたら日本一な声優さんを配役してますから(爆)
石田彰さんが他者を助け世界を救おう?として首が斬られたり、飛んだりって過去に何度か見た光景ですので。

例の柱が天地開闢の十二柱なら、最後に勝ち残った者の大切なものすら一度柱と成り、チャイルドを戦わせるのではなく。
己自身で戦う展開もありえますよね、一番大切なものを賭けて。
Posted by みやびあきら at 2005年02月20日 04:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック