2004年06月11日

恋風 第11話「春雷」

……おい。おいおい。おい

どうしちまったんだ!?来週が最終回だよな?
最初の七夏千鳥修羅場もきついシーンだったが。

いや、コメントどうするよ? 出来ない?出来ませんか? いやどうしよう。

いやいや、耕四郎お前って奴は!!!

凄いよ、まさかTVアニメでこのような内容が国造りの神話とか、そういった神代の話では無く。
この現代日本を舞台にしたアニメーションで斯様な作品を見られるとは思ってもみませんでした。
実写のドラマなんかでの古い作品ではあったような無かったような曖昧な記憶がありますが。

まさかじゃなくて… してしまいましたか。
キスくらいで終わるかと思ったら、その日のうちに同衾… いや深い意味での同衾な。
してしまうかよ、少なくとも条例違反。

嗚呼!どうでもいいや法的解釈は。人の道を外れてしまいましたか耕四郎。
そりゃ七夏の思いが強烈なのも分かるけど、性行為その物を匂わす超演出に全くこれからの展開が予想できかねるほどに頭の中がパンクした。

ありえねぇ〜〜〜〜〜〜。けど普通じゃない作品を見せられるとはこういうことか!!

凄いよ。纏まらないよ。直後の天上天下も兄妹の偏愛だったけど、完全に恋風に飲み込まれてますよ。
容赦しない。そうさ容赦なんてしてる場合じゃない、ばっさりと他の自主規制アニメを一刀両断。

でもきっと肉を斬らせて骨を絶つだよ。

賛否両論。作品の深い部分を知ろうとせずに、余計な動きに出る輩もいよう。
ここで退いてはなりませぬよ。創作活動に。文化に制約を設けてはならないのですよ。

禁断の果実はあまりに甘く、食した者を快楽の世界へと誘ったが。
しかしその身を滅ぼす事にもなろう。

神は人を救うのではなく。罰を与える為にのみ存在するのだから。

負けるな恋風製作委員会

「恋風」 〜 公式ホームページ〜注!音が出ます。
http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/anime/koikaze/index2.htmlなのでインデックス2を併記。

P.S.千鳥要に見捨てられて、今日で最後のはずの予告劇場でも裁かれず。
どう終わらせるの?中途半端につづく形で終わらせられたらたまったもんじゃないのですが…
必殺の太刀で倒せなかった場合はどうするのよ…

いんや落ちつけや俺。まだ未遂の可能性だってあるし。でも二人の高まった確認しあった思いは本物で…
千鳥には見捨てられても七夏の場合、安西双葉ちゃんはどうよ?
でも前回酷い事言っちゃったし。でも双葉ちゃんならまだ諦めずに七夏の力になろうと……
母親の再登場はあるのか?ダメオヤジに希望はやはり持てないのか?

とにかく、待て次回!!
posted by みやびあきら at 14:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック