2006年07月12日

つよきす Cool×Sweet 第2話「生徒会なんて、大キライ!!」

……木村監督が原作側の意向を取り合わなかった作品はこれが初めてではない。
……山田氏がオリジナルキャラ、オリジナル脚本を重要視した作品はこれが初めてではない。
……大宮三郎プロデューサーがキャスティングを始めとして好き勝手にするのはこれが初めてではない。

そんなことは分っているが、中途半端に原作や原作ファンを意識しているところがまたコメントしかねるほどに……
悔しいとも、虚しいとも、なんとも言いかねる。

私も痛い原作厨の一人というか何だか先頭グループを走っているようなのですが、前にも書きましたが原作ゲームが完全無謬な存在であるとは言っていませんし、意地の悪い書き方をすればアニメ化するにあたりお話しや演出上で付け入る隙は幾らでもあると思っています。

原作を生かした上でアニメならでは見せ方、楽しませ方はいくらであったろうに、この第2話は第1話よりも萌えアニメとしても出来が良いとは言えず。どうにも底辺に近づく作り。どうせなら突き抜ければどっかで別の次元に転移してメガロ!のように馬鹿馬鹿しく、真面目に考えるのなんて必要なく、ただそこで享楽にふけさせるって道もあったと思う。勿論、現時点で享楽主義的にエロ要素だなんだを楽しんでいる人もいるとは思うし、それを否定はしないし、出来ない。

でもね、なんでそれをつよきすでやっちまってるんでしょうか、原作の大切な部分を完全に無視して……

演劇少女、演劇を愛している割には底が浅いというか、準備とかそんなのを無視している近衛素奈緒。……実際に演劇をしている人にこれを見せたらどう受け取るのかな? 所謂大人の対応なら苦笑するくらいで済ましてもらえるかも? でもね、翌日の放課後ってそれは無いかと。カルメンだったのかどうかはあの内容では困りますが、直後の放送のストパニでも演劇が題材。カルメンで繋がるし、声優さんは深い意味でも被るし。

演劇部でもない皆さんの方が一所懸命に話し合い、打ち合わせなどなど。入念な準備を行っているのは、放送枠的に洒落にならない悪いジョークのようです。ギャグアニメだから? いやそれ以前にことごとくとでも言いたくなるほどに、各要素に対する敬意が感じられない。いやもっと懐を深くして見るべきなのかも知れない。

そう同好会を設立しようと張り紙をするとか頑張ってるじゃん。
でも館長の許可ってのは分るけど、生徒会執行部に大抵の事は任しているのでそっちで許可もありだと思うが、これはアニメだった。でもとにかくここで橘館長を無理矢理出す為だけに館長の許可ってことにこじつけたように思えましたがどう?

竜鳴制服祭り……
準オフィシャルでエリカが提案したのは「竜鳴ネコミミ祭り」だったはずだが……
霧夜エリカがこれじゃ単なる、思いっきりステレオタイプな変態ではないかと。
アニメスタッフには乙女さんが姫を止める(無理矢理でも諌める)事が出来る数少ない人間であるって設定は無い模様。乙女さんがあんな恥ずかしい格好をするとはアニメは本当にエロくして見せればって、そんな在り来たりな餌で釣ろうとしているのね。在り得ないが、アニメの作り方としては一つの手法だよね。

原作では地味にペットボトル回収など地域活動も行っている生徒会執行部や竜鳴館であっても。そんな真面目な活動は面白く見せる事が出来ないとばかりに完全お下品路線。嘘みたいに椰子も参加してるし、スバルがあんな格好まで…… 姫が自らあそこまでやる!? 安売りし過ぎて絶望した!! どうにもアニメ制作陣のサービス精神はそっち方面に進むようです。

「姉、ちゃんとしようよっ!」のキャラも出してみたりとか既存のファンに媚…… サービスしたつもりでしょうが。
「嬉しくない!」「嬉しくなんかないもんね!!」である(この言葉も知識の在る無しで受け止め方は大分違うだろう……)

実は参加している脚本家3人のうち、一人、または二人。早い話木村氏以外は原作ゲームを遊んでいる可能性を考えていた。
今回担当の宮下義浩氏はネットで色々と調べているとプレイしていても全くおかしくない、ゲーム関係に明るい人だと考えていました。で、おそらくはゲームに触れているか、原作シナリオには目を通していたのでしょう……

原作ゲームの台詞などがこのような形で使われてしまって、ショックが大きかった。在る意味で最悪のコンバートを見てしまった……

うむ。乙女さんがパンツ見せまくっているのも、アニメで実際に動いていれば見えてもおかしくないし。テレ東規制みたいに不自然なスカートの動きをされるよりは、アクションシーンとして見えて当然ならばアニメとしてビシっ!と決めていただければ問題ないです。でも未来少年コナンでラナの下着が梯子を登るシーンで見えてしまうと大塚さんが書いても、宮崎さんが絶対に見せるなと、見えないとおかしいところでも修正を入れて書き換えるくらいの気概とテクニック……

すみません、頂点の方々と比べてしまいました。申し訳ない。
まぁパンチラは良いけど、あの不良たちは笑いどころなのでしょうね、ハハハ……
そこで万物悉く…… 地獄蝶々か……
派手な花火をってのは、一般生徒も含め目撃者が多いからこその花火であり、原作でも…… 洋平ちゃんの出番減らすなよ。でも偽者だから…… アハハ……

次回は体育武道祭ですか、早いですね。2-Cと2-Aの因縁や、女子生徒同士のトラブルの伏線が張られませんでしたが、どのような内容になるんでしょうか? とりあえず3-Aの乙女さんと素奈緒には張っておけましたが、対馬ファミリーも、生徒会執行部も、2-C、2-A。それどころか素奈緒周辺もきっちり描かないまま来ているような気がします。中心が未だにはっきりせずに、事前の監督のコメント通りに。
>素奈緒が事件や困難に遭遇してツンツンする。で、終ってみればデレデレ……みたいなスタイルでやっていこうかなと。毎朝変な夢を見ているのも注目です(笑)。
有言実行でございます。
しかしそれではツンデレキャラではなく、お話しの構成がツン→デレであり、ツンデレなのは各話の構成を指しているだけではないかと。先週は浅田静香にデレ。今週は鉄 乙女にデレ。次回は…… 野球があればくーあたりにデレか? この構成なら最終的にレオにデレてお終いってシリーズ構成を考えているのかも知れないですね。

残す希望は残った脚本担当の鴻野貴光さんしか居ないかも知れない。ラムネのシリーズ構成をされていた方ですが、どの程度どの程度…… 希望的観測ですね。

さて、原作ゲームにおける重要な要素である対馬レオのテンション理論。テンションに身を任せないで、大人な対応、熱くならずに極めて冷静に頭で考えてから行動する発言する。テンションに身を任せてもろくな事にはならない。世間からは冷たい目で見られたりだなんだと、はみ出してつらい思いをするくらいなら、無理矢理でも本心を抑えこんで日々を生きる。

大江山祈シナリオは在る意味でBADENDであり、テンションに身を任せても出来ない事がある。どれだけ頑張ってみても結局は傷付くだけだといわんばかりであり、祈先生に情けを掛けて貰った上で、二人で怠惰に生きてはいるけど、深くも関わらず。それは互いの関係にも人生に起こる何事にもテンションを上げずに…… やっぱバッドエンドですよね。

それ以外のシナリオでは止めておけと思いつつも、やはり譲れないものが在る。守りたいものが在る。確かに世間一般で言う、賢くない生き方かもしれないが、それでもやらなければ、成さねばならぬ事が在る。ヘタレ、根性無しと言われても甘んじて受けていたが、だがやる時はやる男。そんな主人公だから成り立っていた物語。

原作ファンのうち少なくない数の人々が、テンション理論に逆らっているのかも知れない。
ここで言わねばならないと感じてテンションにそれなりに身を任せている…… のかもだよな。

結局は私の場合は怒りよりも危機感の方が大きくなっている。
原作を台無しにされたという怒りに関してはGONZO版ヘルシングの方が上であり。セラスが汚く皿に注がれた血をかっ喰らっているのを見て、碇の塊と化してテレビの電源を傍にあったボディ●●ードみたいなので突き消して二度と見ることなかった。あれも実験アニメとしては、最高というか最強の「serial experiments lain」の小中千昭さんがシリーズ構成をしてたんだけど。総監督も未だに待ち続けている「おいら宇宙の炭鉱夫」の飯田馬之介さん。

俺の好きなアニメのスタッフって本当に作品による評価が天と地で驚く。
クリエイターは結局のところ生み出した作品で語るしかないので、どれだけ努力していても評価されない時もあるし、逆も在る。Cool×Sweetもスタッフが過去に関わった作品の中では俺にとっては最下層クラス。本当に残念な事に、予想以上に酷かった。

制作総責任者であるプロデューサーは責任を取るんだろうか?
市場マーケティングはなされたのか? したが無視したのか?
むやみやたらにエロアイキャッチを挿入するのはアニメ制作上で楽をする為なのだろうか? でも関係ないほどにエロサービスなのは所詮はエロゲー、原作ファンもエロ目的、エロゲーだから好きなんだろうとか思われたのだろうか?

年齢制限の意味は別にエッチ方面だけの事ではない。半端にされるなら大幅にその放送規定にあった内容に変更するのは当然だが、とにかくどうしてこうも中途半端なのだろうか。

原作ファンの自分勝手な物言いかも知れない。
だからといって原作に敬意を払わない制作スタッフの自分勝手は許されるのだろうか!?
人生は妥協の産物だと言えたとしても、妥協ではなくだれかがバランスとって調整すべきだったのではないだろうか。

本来ならプロデューサーの役目だとは思うが、アニメを作るってのはそういうことだと、そんなの当たり前と受け止めろよといわれても、別のケースだって多いはず。充分に原作を理解し、そこから新たなアニメーションを生んでいる作品だってあるのに、都合よく受けては送られてきたものを大人の対応で受け止めろと言うのだろうか。

それもありだろう。
だが例え無意味であっても意思表示をしなければ、何かそれはおかしくないですか、おかしいと思った事をそのまま、テンションに身を任せずにスルーして生きた方が楽だし、厨よばわりもされずに楽だぜと……

つよきすの原作に流れるメッセージには、時にはテンションに身を任せて闘うことがあってもいいんだと、立ち上がって良いのだと。
それで傷付き、損得勘定で言えば、割に合わない事になって、心が折れてしまうかもしれない、深く傷付くかも知れない。
熱くなる事は恥ずかしい事かも知れないし、醜態を晒して世間から後ろ指を……

でも折れたままでよいの?

変化しない事が当たり前、日常なんてそのままで良いじゃない、変わらない日常で波風立てずに生きようぜ……

アニメでも素奈緒は変えようとしているのだろう、真逆のキャラになっていてもそこは通じるところなのだろう。
だがアニメ制作スタッフには業界の通念を変えてみせようという気概とか、何か新しいものに挑戦しているって魂は感じられない。いつも通りにアニメを作っているだけの…… いや言い過ぎか。だがそこに志はあるのですか? どうしてオリジナル作品で勝負せずに看板だけ利用して好き勝手やっているのですか?

原作は物語も登場人物もメイン流れの中で大きく変化する。
周りの目も気にせずにバカップルと化しても、大切なものを守り続ける未来。テンションに身を任せて、大切な繋がりが無くなった訳ではなかったんだと。

ああ上手く書けないな。
上手く出来なくったって、やってみようよ。
それが犯罪などの行過ぎた行為で無ければ、やれそうなことはやってみようよ。
犯罪行為にはスバルの鉄拳が飛ぶし(^^;) 暴走すれば乙女さんの制裁がある世界。

架空の世界物語だけど「つよきす」は現実にあって、思わず筋力トレーニングを始めてご町内を走ってみたり。
近衛素奈緒の好きなものってことで思わずヤマザキパンのランチパックのピーナッツを買っておいしく食してみたり(俺だ!馬鹿ちん)
おにぎりを食べて(だから俺だ、食べてばかりかよ!)

つよきすを好きになったことで、微妙に変わったり、大きく変わった事があったりするものなのだ。
変わり方は人それぞれで、変わらないことのほうが多いだろうけど、現状を変えていく事が俺が感じたメッセージの一つ。だから、哀れに思われても、下に見られても書きたいことは書ける範囲で書いてしまうのですよ、勢いで、テンションに身を任せてさ。

追伸:ピーナッツバターの容器って、俺が物を知らないだけかも知れないけど、紙、プラスチック、ガラス瓶…… その容器って丸いのしか見たことないんだけど。普通のバター風の容器に入っているのってあるんだろうか? 日本の食卓にしては不自然だし、大切なイベントアイテムだってのにね、原作だと……

……EDなんで脱いでるんですか?
posted by みやびあきら at 21:00| 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする