2006年07月19日

ZEGAPAIN -ゼーガペイン- 第15話「リインカーネーション」

15話の感想を書きながら、どちらかというと読一さんから頂いたご質問
>第3話でZEGAのゲーム中に、「気をつけろ ミサキシズノに関わるな」の謎のメッセージを書いたのは誰?で、その意図は何?。
にお答えしてみたいと思います(勝手な考察ですが)

本編はいよいよ舞浜サーバーの時が戻る期限が近づいてまいりました。繰り返している期間は5ヶ月の時であり、二学期、9月1日はやってこない世界の現実。100回はキョウが繰り返したという(約40年とちょっとですか)この辺りの謎も気になりますよね?

第1話から全部見返したかったんですが時間がとれず。なのに妹は全部見返しを終了いたしまして、あちこちで気が付いた事を報告してくるんですよ。分りやすい所だと、トミガイ、ハヤセについで目覚め損ねた女生徒はトミガイの隣に座っていて、その浮かび上がったセレブアイコンを見てしまい驚いて生徒と同一人物と思われるのですが。妹がその次に表示されていた女生徒はミサキ・シズノと一緒歩いてたりした女生徒みたいだよと報告を頂きました。どうやらシズノのクラスメイトかなんかみたいですね。

負けじと兄も今回冒頭でテニスをしていた眼鏡っ娘がキョウのクラスメイトでクラゲの授業の時なんかに前の方の席に座っていた子じゃないかと切り返す……

まぁメインは考察した意見を互いにチェックしあったりとかなんですが、今回のご質問も賛同を得ましたので後述。

話を戻して舞浜サーバーは時は戻りますが決してリセットされるのではない点に注目してみましょう。

ゲーム世代の皆様に分りやすく言うと「システムデータが継承されている」点に注目。
テキスト、ノベルタイプのアドベンチャーゲームで言うところにある特定のセーブポイントに戻るんですが、システムデータ上では一度読んだ

既読テキストは色が変わっており、またイベントグラフィックも見たことにより、欄が埋まっていて見返す事が可能な状態。総プレイ時間も累積されており、お話しの上では登場人物たちは初めてその時間を過ごしているはずなのに、別の視点から見ると既に過ごし終えた時の流れ……

デジャビュ、デジャブーと言った形で何となく違和感を感じている場合は、変な話ですが、テキストの色が既読色であることに登場人物が気が付くようなものかと。イベントグラフィックが既に埋まっていることに何となく気が付いてしまうようなことかと。

結構乱暴な例えですが、STGでハイスコアが残っているとか。クリア後に新たな選択肢が増えているとかに近い…… のかもです。

ニュースでの情報が外の世界と微妙にリンクしていたり、死んでしまった人の存在を誤魔化すように世界が再構成されていることなどから、基本は同じですが確かに変化はしている不思議な世界。それが量子サーバー内での幻体が過ごす時の一面であるかと。

ナーガが提唱した人類の量子データ化による無限進化とどこか矛盾しているように思えますが、どう解釈すれば良いのでしょうか?
結果として個々の進化速度に差が出てしまう、無限進化すると言うことは一般的な加齢による変化も無く、意識?知識と言ったものが進化すると言う事なのでしょうか?
だとしたら元は人であったものがストレスや疑問を感じる事無く新たな存在として進化するための篩い分けのシステムとしての短期間を繰り返す仕様。妊娠・出産イベントが完了しない、身体的加齢変化がそれほど起こらないetc. 矛盾が最小限の範囲内で世界の違和感、違いに気が付いてセレブラントとして目覚めた時こそが進化の時。実際に人間であったときには出来ない事が出来るようになっているのがセレブラントだとは思うのですが、まだ纏まりきっていないのと、無茶苦茶長くなるので今回はここまで。

それでは第3話でゲーム中のロッカー内に「気をつけろ ミサキシズノに関わるな」 現実世界のロッカーに近づいたとき崩壊する壁に「ミテイルセカイヲ シンジルナ」といった謎のメッセージを送った犯人は誰かについて。

一、「ナーガ」(ナーガの幻体 or ナーガがモデルのAI存在)

一、「シマ司令」(シマがナーガ本人かコピーAIである可能性。量子サーバー内で生まれた新たな人類である可能性。ナーガの関係者、息子や同僚、仲間などである可能性etc.)

取り合えずはこの二つに大きく絞ってみました。

前提としてミサキ・シズノが特別な存在、イェル(IAL?)であることを基本として考えてみましょう。

もしもミサキ・シズノが人間ではあるが、現実世界には存在せずに量子サーバー内で誕生した初めての存在、人類が進化した新人類ではなく、全く新たな人類であった場合。

彼女がその事を知れば、データ化された人類である幻体となんら変わりはないデータ存在なのに、自分は違うんだと人間ではないんだとショックを受ける可能性。
それは人で起こり得る精神的な問題、間違いなくトラウマとなりえる大きな問題。他人と違うと言う事が与える心の問題から、彼女の言うところの闇に云々、そこから救い出してくれたのがキョウと言った発言に繋がるのか?

キョウが彼女を完全な人間として当たり前のように扱い、またイェルといったIAL社を象徴するような名前ではなく「ミサキ・シズノ」と名前を付けた可能性。人と同じように暮らし、人を愛するといった当たり前の感情。彼女を真の意味として人間にしてみせたのがソゴル・キョウだったりしたら…… どうかな?

シズノがアルティールのデータが奪われ時にキョウに対して自分の姿を「見ないで」と強く言ったのは、データ人間である…… データでしかない事へのトラウマが強くあるからとか考えると…… 時間があればもうちょっと突っ込んでみたい話しですが、ここまで。

※メッセージの意味や送り手は?

ゲームをキョウに送ったのはシマ司令の命令である事は間違いないでしょう。
それから常に監視している、見ているのも事実。実際にゲームをプレイしている状況をブリッジにて皆で見てましたし。そんな監視状態を掻い潜ってメッセージを仕込む技術は相当なスキルレベルで無いと不可能なはず。

後でミサキ・シズノがあなたの所為とシマ司令に強く言った意味の深いところにはあのメッセージトラップを仕掛けたのがシマだと察していた可能性(但しメッセージ内容の両方または前者は知らない可能性も)

何故近づいてはならないのか? 新たな人類としての貴重な実験データである場合に、相手として同じような新人類ならともかく元人類の進化系であるセレブラントとの過剰な関わりは進化の速度を鈍らせたりするとでも?(他にも色々と考えられますが)

でも同時に「ミテイルセカイヲ シンジルナ」ってのは……

このメッセージを送った存在が実は一つではないとか、二面性を持っている可能性も考えておきましょう。

ここでシマ司令だけが舞浜サーバー内での生徒会長モードとシマ司令である時の落差。どうしてあそこまで性格などを変える必要があったのかってことが引っ掛かってきます。基本的に隠し事や、真実の姿、想いを出せない事がセレブラントとしても、人間の感情としてはあったとしても、シマほど落差を付ける必要性がどうにも不明、釈然としない、説明が難しいことであると。

シマについてはルーシェンが疑っていることは何か?
今回の話でルーシェンの一族が過去の人類のサーバー避難に関わっていた事。I.A.L.社のメインスポンサーの一つであった事などが明らかになり。そのことでルーシェンが人類を滅ぼした痛みを強く感じていることなども……

会話からすると、シマとルーシェンは人であった時に記憶を明確に残しており。セレブラントとして覚醒した時期もかなり初期か、最初から覚醒していた事も考えられるでしょう。

IALや人類の過去、現在に詳しく。またセレブラムの中で新たな量子兵器開発プロジェクトを指揮しているシマはIAL社やナーガと深い関係があると考えておかしくないかと。

で、その才能。オケアノスを始め同型の母艦達に搭載?されたAIはシマが作ったとのこと。そしてAIにモデルがあって、AI達が新兵器開発に動いている…… そんな天才が何人も居るものなのでしょうか? 勿論、無限進化を始めた人類であれば可能な事なのかも知れませんが、他のセレブラントよりも明らかに上の技術と秘密を持っている。

ここでナーガが実験を行う場合にどれだけの事を準備したのかってことですが。
サーバー内で無限進化するにしても現実世界のサーバーを維持管理する必要があります。舞浜サーバーのメンテナンス区画にホログラムシステムがあった事がヒントになるのですが、ホログラムで投影する必要があったということは、幻体が外、現実世界に出てメンテナンスを行うシステムが最初から用意されていたってこと。

ですが基本は現実存在が、例えばロボットなどが維持管理システムとして用意してあってもおかしくは無い。その管理システムを司るのも量子コンピューターであっても矛盾は無い。そこにどのような事態にも対処すべく入れるとすればAIシステム。不測の事態が起きても自分で考えて対応できる柔軟性に富んだAIシステムを用意したすれば……

シマ司令が組んだAIの様にモデルがあってのAIだとすれば、最初に組むとしたら自分自身をモデルとしてAIを組む可能性はどのくらいか? ならばナーガAIがあってもおかしくない……

もしかして人類を滅ぼしたナーガは量子コンピューター内のAIナーガかもしれません。知的レベルが高い存在としてナーガの無限進化とは違った考えを持ったとして、どこかの国が作っていたオルムウイルスを利用して一気に人類をサーバー内に追いやる。そこでの実験データを元に、新生人類をサーバー内から一から生み出す神の所業。

デフテラ領域の真の目的や存在意味がまだ語られている事が少ないので困るのですが。中規模デフテラ領域であったオスカー内にガルズオルムの前線基地みたいなのがあって、あそこで生産なり出動してくる各種兵器たち。現実世界を自由に行動しているゼーガペインが突入するにも障害があるデフテラ領域。上海サーバのデータストレージ救出失敗のときに現実存在のストレージメディアが崩壊した描写……

デフテラ領域と言うのはテラ、地球を新たに再構築する為のものであり、地球を一つの巨大な量子空間、量子サーバー化するのではと考えているのですが。だとすれば北極圏のどこかに大規模デフテラ領域があり、そこがガルズオルムの本部。場合によっては北極海の海中にあって表面上はその巨大さが分らないとか……

話しがあちこち飛んでますけど。
シマがナーガ本人か、彼もまたAIなのかとかについては、仲間を失っている悔しさに関しては感情を押し隠してはいるものの、その怒りは本物だと感じています。ならば彼もまた人間であり、今の事態を善しとしていないからこそ戦い続けている。意に沿わぬ事をさせられていると……

単純明快な置き換え話として、シマを父親、イエルを娘として今までの二人の直接会話や、関連シーンを思い返してみてください。

艦橋でシマに対してキツイ言葉を投げ掛けてミナト副指令がムッとしていたときのこと。
嫌っている父親に反発する娘の言葉として受け止めてみると?

祭の夜、男と所に行かないでいいのかように話しかける父親?
キョウとカミナギがバイクで走っているシーンをサーバー内に降りて見ている。語ったことは君や私が舞浜サーバーに来た事で変化がおきている云々。でも、タンデムシートを他の女に取られてご機嫌斜め云々。

偏屈な父親と思春期で反抗期な娘との会話として見返すと、それが正しいとかどうかではなく。単純に面白い!
父親かどうかは、ナーガかはどうかはともかく、保護者であったり深い秘密を知っている深い中ではあるのは間違いないですよね。

……時間切れ、無念。まぁ次回放送を楽しみに待ってます!! DVD買わないでか!! 新居昭乃さんのファンですが、お薦めはEDの方だったりする管理人が書き殴ってみました。記事内容は適当ですみません。そこはマジでお薦めの作品にあった名曲やと思う「リトルグッバイ」を聞いて見て許してください。……小さなお別れ?

ZEGAPAIN公式
TV東京・あにてれ ゼーガペイン
MorningstarStudio New Title ZEGAPAIN
Victor Animation Network【m-serve】 ANIMATION DATA ゼーガペイン
ゼーガペイン 舞浜南放送局  #ゼーガペイン_15

B000H307TYゼーガペイン FILE.03

バンダイビジュアル 2006-09-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000GG4CF2ゼーガペイン FILE.02
矢立肇 伊東岳彦 山下明彦

バンダイビジュアル 2006-08-25
売り上げランキング : 396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゼーガペイン1ゼーガペイン1ゼーガペイン1あまなつ
B000F7NTCYリトルグッバイ
ROCKY CHACK noe 山下太郎

ビクターエンタテインメント 2006-05-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000FG6AS0ゼーガペイン1
矢立肇 伊東岳彦 下田正美

バンダイビジュアル 2006-07-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000F7NTCOキミヘ ムカウ ヒカリ
新居昭乃 保刈久明

ビクターエンタテインメント 2006-05-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000FIHCDK「ゼーガペイン」オリジナルサウンドトラック

ビクターエンタテインメント 2006-06-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000FMJLEEゼーガペイン XOR 特典 ファミ通XOR付き

バンダイ 2006-07-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みやびあきら at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは、見事な考察、読み応えがありました。なかなか、深〜いですね。

 私も、やっと先程、「御題」の回答の出た16話を見まして。おー!、なるほど、そういう事か!、と驚いております。

 リョーコの状態に関しては、我ながら近い所まで迫れたかな、と思いつつ、あそこまで悲劇的にするとは…。

 ゼーガペインも、いよいよ終盤。1話冒頭での月面での闘いの謎も近々と言う感じで、ますます目が離せませんね。
 当然、私も月末発売のDVDは購入予定で…。
 では、お忙しい中、ご考察、ご回答、本当にありがとうございました。また、よろしくお願いします。

 追記:
 > ぶいにゅ〜 様
 先日は、回答のコメントありがとうございました。お見事、正解でしたね。
 ゼーガペイン、お互いに楽しんでみて参りましょう。

 では、どうも色々と不躾、失礼いたしました。
Posted by 読一 at 2006年07月21日 00:50
読一様へ
どうもです。当たると嬉しいものですね。

ただ、ミテイルセカイヲシンジルナの方は、もう少し捻ってきそうな気がします。
カタカナというのが書き手の危うい状況を示していますし、明かされたキョウの動機と必ずしも一致しません。

みやびさんの
>このメッセージを送った存在が実は一つではないとか、二面性を持っている可能性

この可能性は捨てきれないかと。
シズノが逆手に取ったとするのも結構アリかなと思います。
一方、日記の通りにキョウがやったとすると、キョウのサーバー権限の異常さ、胡蝶の夢での詭弁から、
更にメタな世界が存在する気がします。これは面白くなりそうに無いので、正直外れて欲しいのですが。
Posted by ぶいにゅ〜 at 2006年07月21日 21:27
読一さん、ぶいにゅ〜さん、ごきげんよう。で、ございます。

ええと時間を作って見返したいんですが、妹曰く。
「シズノ先輩が言っていた、キョウが自滅したって意味がやっと分かったよ」とのこと。

一人で背負って確かに自滅したみたいですね……

その辺も話し合って、少しは進展してるんですが。
キョウのバージョンと言ったら実も蓋もないですが、性格などは少なくとも今のは3代目ってとこでしょうか。
最初の月面戦闘時、舞浜サーバーリハビリ、自滅で日記やメッセージを仕掛ける。
そして今の……

ふ、深いなぁ。
Posted by みやびあきら at 2006年07月23日 12:00

この記事へのトラックバック