2006年07月31日

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU 第31話「見よ!讃えよ!ひざまづけ!荒神グレード降臨!」

今テレビで放送しているロボットアニメで最も気合が入ったアニメーションといえばこの「ガイキング」です。

全編を通してこのクオリティであるわけではありませんが、ここぞの力の入りようは見たものに何かを残す確立が非常に高いと思います。巨大ロボットアニメ好きならば、何かしら満足できるモノが残ると思います。

勿論、人物作画もしっかりとしておりますので、ロボットに興味が特に無い方にも薦めたいところです。

ところでピュリアの作画がこのところとっても良いものに感じるんですが、ピュリア好きとしては大変に嬉しいことでございますよ。あっ、ヴェスターヌも完全にデレ状態へ移行と言うか、気が付いていたってリー・ジェンシンの事が好きだってことも含まれてるとしか言いようが無い。どっちかというと頬を赤く染めてるところを見ても、そっちが主かと。これで二人の恋愛フラグ、シナリオも新たなステージへ進むってものでしょうか。

と、まぁ人物関連はこのくらいにしてロボ、巨大ロボアクションについて。
ちなみに動きに関しては1対1であった対ノーザ戦のフェイスオープンバトルの方がそのアニメ的演出では上だったと思いますが。今回は皆の力を併せて戦う!ってことに力を入れた見せ方であり、それぞれに見せ場を作りつつ、目の前に現れた圧倒的な脅威と戦う。しかも新たな力「ガイキング ザ・グレート」へと繋げて行くダイナミズム。うむ、見入ったね、力入りましたよこっちも。

作画が良いのは東映な人々ってよりも、スタジオへらくれす、スラジオG-1の皆さんの力が大きいと思うのですけど、そんなことは抜きにしてこんなに作画枚数使って予算は大丈夫? 本当はいつもこれが当たり前なアニメーションが見たいとは言っても、日々悪化しているとしか思えない制作現状を慮れば、心配にもなるってもんです。

実際に新たに作られたガイキング ザ・グレートの変形合体アニメーションの気合の入り方は、往年の巨大ロボットアニメにだって負けていない。今作ったらこれくらいはやって見せますよ! ってな感じだったので、思わずスパロボに参戦してくんないかな? そうしたら知名度上がるんだけど。とか思わずにはいられない。

話しが前後しますが、次大帝プロイストを追い詰めたものの、奥の手とも言えるドボルザークの登場に絶望的かと思わせておいて。そう、だって操られていたノーザやヴェスターヌを開放し、大地魔竜や天空魔竜、ライキング、バルキングも反プロイスト側にってとこで、あの超合体な魔竜の登場でしたからね、どうすんねんと思いましたよ。

でもドボルザークが未完成だったことと、ガイキング、ライキング、バルキングの最も強いパーツを合体させてのガイキング ザ・グレートの誕生! しかもバックにはこの為の新曲、串田アキラさんが歌うそのままズバリな「ガイキング ザ・グレート」が流れる大サービス。勿論アニメーションも大張正己バリバリで久しぶりに変形合体だけでも戦える! そんな素晴らしい盛り上がりっぷり。

で、CD欲しくなった訳ですよ(苦笑)
Oh! my god
Oh! my god

ってパッケージ画像やっぱり金田伊功さんか!
情熱大陸日誌で知ってたけどさ(笑) (http://www.toei-anim.co.jp/tv/gaiking/tairiku/index.html
ここまできたら金田さんで見たい気もするけど、今はスクウェア・エニックスの社員なので裏名義でも難しいだろうなぁ、しょんぼり。でもアニメーターのレベルがとにかく高い、有名で実力のある人をここまで揃えてくるガイキングには何かある、きっと何かあるよと見てもらえれば必ず思えてくると思います。

参考リンク:http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakusemi/No3.html

ドボルザークの8倍の炎に対して10倍のガイキング ザ・グレート。その差は歴然としており、先ほどまで手も足も出なかったのに一気に逆転。新たな必殺技の連続攻撃で撃破! そのままエピローグ的エンディングへ…… とはならずに、あの感じだとダイヤとピュリアが地上へ飛ばされたのかな? ノーザも死んじゃったか、新しいボディで登場しそうだし。当面は残った機体を回収しつつ、ヴェスターヌが仲間になったでしょうから……

さて、ここまで作画レベルの話しは後、1回か2回くらいかな?
最終回は間違いなくそうなるとは思いますが、新たに途中からでも見てくれる人が増えるとイイナ!

大塚健さんのブログが忙しすぎてお休みになってしまっている事からも大変な制作状況だとは思うのですが、応援する為に買える物は買っておきます、はい。(http://blog.so-net.ne.jp/keno/

東映アニメーション/ガイキング
ガイキング(テレビ朝日) #ガイキング_31

posted by みやびあきら at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
圧倒的と思われた超魔竜を更に圧倒したグレートの前には確かに跪きたくなるような。
ただ強すぎてあまり多用すると白けてしまう存在でもあると思います。だからダイヤを地上に送って使わせない状況にしたんでしょうけど。それに加えて登場がちょっと遅くてあんまりその勇姿は多く見られないかも知れませんね。
Posted by k at 2006年07月31日 22:09
>>kさんへ。

いきなり初めて出す必殺技を名前もそうですが駆使するのには、勢い重視ってのを感じないで無いですが。

完全になったドボルザークはグレートを超えた強さになるでしょうし。
そこで単純にガイキング サ・グレートのフェイスオーオープンがあるかってのは!?

ありそうだと思うのはドボルザークの超ヘッドが既にオープン状態なんで、やっぱりフェイスオープンかなぁ、と。

シリーズとしては3クールアニメのようなので、秋でおしまいだと思うんですけど。
一般の敵にグレートで挑むとは思えないので、確かに出番は少ないでしょうね。
Posted by みやびあきら at 2006年08月02日 00:00

この記事へのトラックバック