2004年06月21日

花右京メイド隊 La Verite 第12話(最終回)「本当の笑顔」

ああ最終話でございました。
とてもとてもゆったりと時が流れていく雰囲気に、見ているこちらものんびりと、しみじみと視聴できました。

Aパートが終わる直前までの体感時間は1.5倍位?だったやも知れません。
色々ご意見あるかと思いますが、元々お話的に完結するとは考えていませんでしたし。
元に戻ったように見える日常の風景。でも、すこし変わった。その僅かな違いがこれからの流れを変える…
それはとても大切なものだったんですねぇ。

本当にゆったりしていてこういうの好きです♪

最初早苗八島ちゃんは寝ているだけかと思いましたが、よかった起きて夢の続きを堪能してるし(苦笑)
鈴木イクヨちゃんは一体どういう商売してるよ!と八島を喰いものに(でも本人無茶苦茶喜んでるからいいのか!?)

グレースはあやとりを教えて貰い。シンシアもグレースに教えて貰い、マリエルの元へ。
剣コノヱ隊長は目に見えて成長されています。フェンリルと戯れ(う、羨ましいぞフェンリルちゃん!)
紫皇院姉さまからのバラとグリーディングカード…

やっぱり俺はコノヱさんが一番だ!(二番は早苗八島が急上昇!)

太郎は変わったんでしょうか?太郎の良い所は変わっていませんが、マリエルに対する気持ちや行動が少し変わったのかな?

マリエルはここまでそれほどメインヒロインであることを訴える事が出来ていなかった気がしましたが。
流石に最終回では「ああヒロインはマリエルなんだなぁ」と感じる事が出来ました。

勿論他の誰よりも強く訴える。際立ってヒロインしている訳ではありません。
どこか淡いそんざいなのですけれど、最後に太郎とキスしたのかなぁ〜??

一瞬柱の影に消えたときは「あっ!」と思ったんですけどね(^^;

そ〜して慈悲王リュウカさま!
出番が無いかと冷や冷やしましたが、もしかしてファーストキッス?ですか!?
太郎が全く気付いていませんが、嫁になるのは諦めた?ようですが、婿になれとで押しかけてきました。イイ娘さんだよ。

花右京北斎という陰部は残りましたが、この花右京メイド隊を持ってすれば、どんな困難も乗り越えていけそうです。

の〜んびり、の〜んびり、見ていて心が微睡めました。こういう最終回も私は好きですよ。

「花右京メイド隊 La Verite」公式ホームページ
posted by みやびあきら at 14:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004夏頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック