2005年03月12日

UG☆アルティメットガール ULTIMATE GIRLS 第8話 第9話

 第8話「京都行きます」 #アルティメットガール_08_09.mp3音声記事にゃん。

 修学旅行で禅寺で修行でございます。私は流石に座禅を組まされたことはないですが、茶、精進料理、説法などのセットで寺に送り込まれた経験が中学生のときにありますね。そんなのコースに組まれてもーーー、ブーブーではありましたが。いや、本来寺社仏閣は好きですし興味を惹かれることではありましたが、坊さんがあまりに高圧的で今時の…… と最初から見下されては……

 おっと、話を戻しまして。

 なんか随分と長い修学旅行ですね。羨ましいですよ、ほぼ一週間なんて(まぁ怪獣の出現が毎月曜日なので仕方がないですね)でも京都なんだけど京都っぽさが感じられなくて、ちょっとしょんぼり。もっと人も出てるだろうし、最初の頃の背景美術の良さがすっかり消えてしまいました。せっかくの露天風呂も今ひとつ。でっかくて良いのですが、他の女生徒の描写ややはり脱衣所がですね、脱衣所をですね描かないと! と言うのが管理人の美意識です(爆)まぁヴィヴィ派としてはヴィヴィかわいいよヴィヴィと、己を洗脳して温泉なのかな? 露天風呂での一時を乗り切るのでした。

 ええと変身と怪獣との戦いは、つぼみのお当番回でしたので予想通り中途半端に(苦笑) 一言言わせてもらえれば楠見さんをキャスティングしたのであれば、もっと変幻自在の怪獣で台詞も多彩に勢いにまかせてしまっても良かった気が強くしました。勿体無さ過ぎですよ!(マウスプロモーション所属の楠見尚己さんは、非常に演技の幅の広い役者さんで、実写特撮の「鉄甲機ミカヅキ」に顔出しで出ていたり、他にも特撮の怪獣とかも声を当てられています)思わず大量に売れ残っていたミカヅキのおもちゃを思い出しつつ、まさかミカヅキからネタを引っ張ってきてやいないかと探しましたが、そこまでちゃんと見ていなかったから無理でしたよ(誰か詳しい人いませんか?) そう、何と言うか中途半端でしたね。


 第9話「ヴィヴィアン夕陽に死す」

 神戸ポートライナーは、あんな普通の電車の音しねーーーっ! と重箱の隅を突付きつつ(ポートライナーはゴムタイヤで走行してますので騒音と振動に関してはかなり小さい。どうせだったら音もリアルなら完璧だったよ)ポートアイランドは、実際にロケハンに行ったのか? サンテレビの人に写真や資料を大量に送ってもらったのか? それなりに良い感じであった分勿体無い。

 はい、本編はやっぱりヴィヴィアン好きとしては多少の作画の乱れはものともしない(ように言い聞かせてます、強く)そう、鳳ヴィヴィアンが居れば良いのです。隣で一緒に見ている妹とヴィヴィアン論について語れるのも、ある意味で幸せな環境にて気合で視聴。

 最近は百合を描くアニメが多いのですが、その極めつけの到達点が『神無月の巫女』の姫子と千歌音であり、逆に悪い描き方になってしまっているのが(ワザとの筈です)『舞-HiME』の静留となつきの関係と静留の暴走です。深夜にそれらの例を踏まえてヴィヴィアン白絹の関係や、そのヴィヴィアンの心の動きなどを含め、更に『巌窟王』におけるアルベールに対するフランツの秘めた思いを絡ませつつ、結論としてヴィヴィにゃん頑張れ 報われる報われないではなく、己が信じる道を。白絹の幸せを第一に考える事と、自分の恥ずかしいと思いつつも止められない純なる思いを昇華してくれれば。いや、スタッフが描ききってくれればフランツに次ぐ素晴らしい人物として見る者の胸にその名が刻み込まれるのでは! と暴走してみました(真剣だってば)

 でも、エロ重視だし、ヴィヴィアンはすっかりアルティメットガール・巨乳になると恥ずかしい、とにかく見ているこっちもどうかと思うような恥ずかしい目にあってしまうポジションなので。……ちゃんと描かれない気がしてなりません。不安で一杯だよ!!

 主人公の白絹の事を書いてないですね。あの観覧車は天気が良いと淡路島も見えますし良い観覧車ですよぉー。はとても視聴者からすればいやんなキャラですが。白絹は実際問題可愛いし、貧乳貧乳を連呼するところも羞恥プレイというか、やっぱり恥ずかしいな見ていて(普通の反応ですよね)卑語を言わせて楽しむ趣味が無いので、と言っても白絹への思いが高まって何を心の中にせよ言っているのか分からない状況ですから許せる範囲ではあります。

 岡村さんはプロの仕事をしています。サンテレビ、サンテレビでございます!! もう、サンテレビの宣伝をすればよい回であったことが分かります。これは元になったと思われる『ウルトラセブン』「ウルトラ警備隊西へ」の裏話が、スポンサーであった製薬会社が番組の好評を受けてスタッフを会社のある神戸へ招待し、ついでだからとスタッフがロケを組んでしまった事から来ていたネタで。もしかしたらスタッフのどなたかサンテレビさんにお世話になりましたか? 少なくとも神戸は京都よりも充実していたのでサンテレビの協力はあったと思うのですが??

 とにかく、サンテレビが壊れなくて良かった。ヴィヴィアンが最後白絹の膝枕で多分新幹線で東京まで帰る間、幸せな気持ちでいられるだけでよいのだよ、善いのだよ。そんな修学旅行に纏わる3話だったのでしょう。

 ええ、もっとヴィヴィアンについて語りたいのですが、頭痛により語り合ったことを思い出せないのでこの程度にしておきます。ちぃっ! お金が無いのにヴィヴィアンの為にDVDを買ってしまいそうだ!!

***pc-moe.com***  #アルティメットガール_08 #アルティメットガール_09
posted by みやびあきら at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック