2005年03月14日

ファンタジックチルドレン 第22話「飛来」第23話「ゲルタ」

「ファンタジックチルドレン」タグ(登録ワード)一覧へのリンク

 ファンタジックチルドレン_22_23.mp3音声記事。
 うぎゃ、もう今夜が第24話「トーマの真実」の放送があるじゃないですか。感想や考察で右往左往している間にかよ……

 今回はもう時間も無いので感想と言うより考察、妄想で。とにかくなかむら監督は最後に何かとんでもない事をしてくれそうなので(超絶鬱展開もありえますから…)出来るだけ固定観念に囚われずに(多分無理)様々なケースを想定していきます。

 今回はソランセスの魂の行方】と今後の妄想予想で攻めてみます。

 主人公? のトーマの魂が元々誰であったのか? 夢の問題やここの所に頻発する血を浴びるフラッシュバックの演出。とにかく‘’が出てくるんですよね大量に。そして、覚えているはず、魂に刻み込まれている筈の記憶が封じられたかのように思い出せない。自分はトーマソランだと思うのですが、ここにきて良く分らないんですよ。

 ギリシアとしか思えない記憶の残光からすれば、ソランセス、または二人の魂が融合。もしくは一つの体に二つの魂が入り、どちらか一方がもう一つの魂を押さえ込んでいる、眠らせている…… そんな所でしょう。以前ミオルさんが、ソランの死体?をトーマが眺めている夢からするとセスでは? みたいなご意見に対して、ソランの抜けた魂が見ているような状況ではとお返ししたんですけど…… わ、分らんのですよ。デュマにしてもチットにしても意味がある魂を持っていそうでもあるんですよね。

 1)トーマの魂はソラン。 
2)トーマの魂はセス
 3)トーマの魂はソランセスの融合したもの。
 3a)トーマの体に本来はソランの魂が入っているが、セスの魂が強引に入り込みソランの魂は眠っている


 1,2,3,は今までも語ってきた内容ですが、3a)と2のバリエーションとして、以下の。

 2a)そもそもソランは死んでいなかった。ベフォールズの勘違いで、更に機械化されている形で生き残っている!? なのでその魂はセス も、上げてみます(他の説は過去ログ参照のこと)

 ギリシア編最後の描写だとおそらくソランセスに撃たれ倒れた事が推測されます。その後セスはゲオルカ兵によって多数の銃弾を浴びて倒れます。片腕を既に失っていた事やあれほどの傷であれば生き残っているとは考えにくいですよね。ソランが眉間を撃ち抜かれたとか、心臓を撃ち抜かれたのであれば死亡確率は高いですが…… 描かれてないんですよね。あの時ベフォールズは死体を確認したのでしょうか? ゲオルカ兵が来た為に、ティナの魂の転生を確認した段階で逃げたのでは? でも、その後の展開が明かされていない。ティナの肉体はタナトルーム襲撃の時に奪われたと考えていますが、ベフォールズの肉体はその後でしょうから…… まさか、ゲオルカがギリシアを脱出する時にティナベフォールズの肉体を一度に奪っていったとかも!?

 纏められない…… 何を考えても、とにかくどれもありえそうだ……

 セスの魂だけが地球に辿り着き、ソランが来ていないというのはお話的にどうなんだろうか? やはり両方来ていると思うんだけどなぁ(ソランだけ来ていセスが来てないならともかく)それかデュマにどちらかが……

 ええ、ソランが生きていた場合を考えてみましょう(かなりぶっ飛びですが) この場合はトーマセスって事にしておかねばなりません。返り血を浴びている、ソランの死体を見下ろしている。思い出したくない記憶。ティナ(ヘルガ)への執着? からソランが生きていればセスしかない? 約束をした二人の思いを遂げさせる為には、ギリシアからゲオルカの追っ手兼ティナ捜索部隊として新たな宇宙船が現れなければいけないですよね。それにソランが乗っていると。但し生きていたとしても殆ど機械、ロボットにしか見えない為にティナは気付かない。完全機械化の肉体の中で唯一残ったソランの証が、あの時に腕に刻み込んだティナの名前って言うのはどうでしょうか?

 実はソランが魂だけ来てると、あの時の刻み込んだ名前の誓いの伏線が消化されないよなぁ、と言うのが心に引っ掛かっていたのですよ(別にあれは単独イベントであるとか、刻んじゃったのにあの時にティナを守ってやれなかった意味での消化済みなのかも知れませんが)で、セスの魂の問題やトーマの封じられた記憶の伏線を消化するなら、実はソランが生きていたってのが一番かな? と。

 鎮圧される、ゲオルカ一派。デュマとの遣り取りも色々妄想しましたが今回は省略。

 変わり果てた姿になりながらもティナとの約束を果たしにきたソラントーマ(セス)が過去の行いを悔い、詫びる。今までティナ(ヘルガ)を守ってくれた事への例を逆に言うソラン

 生き残ったベフォールズに元の肉体の回収と転生を申し出るソラン。しかしアギ達は夢であったギリシアへの帰還を断る。既にこの星のゾーンにパルザメル、そしてヒースマの魂も在ると。ソレトゲルタ(メル)との邂逅で、転生した魂の可能性。生まれ変わってもなお引かれ合い導かれる魂の循環をメルと共に説き。ベフォールの子供達は、この星の元々あった命を犠牲にしてきた。結果多くの人々を悲しませ、苦しめてきた事への悔い。仲間の魂を残しては帰れないという思い。その他諸々を含めて残ると。

 ヘルガソランが約束を果たしてくれた事への感謝と喜びを伝えますが、ギリシアには戻りません。何故なら彼女は既にティナではなくヘルガだからです。

 伏線回収と言えば男女の星座の物語。あれは遠い過去にあった実話で、まだギリシアから地球へ行くのが遥かに困難だった頃に、ギリシアと地球で離れ離れになった恋人同士の物語。コックリ島にある巨人像は実は過去に地球へ辿り着いたギリシア人を象った物。生まれ故郷へと帰る其々の人々。ただヘルガチットトーマの実家へ。ベフォールの子供たちもこの星で生き、出会い、死んでいく道を選択し。アギは愛する妹の元へ、ソレトも自分を探し続ける父親の元へ。ハスモダイタルラントも家族の元へ帰ります。

 ソランはコックリ島で隠れて暮らし。残り少ない機械の体として人生を全うし再びティナの魂と出会える日を待ちます。トーマはそれまでヘルガを守り続ける事を誓い一生を捧げます。

 ……妄想が過ぎるな(爆) 他のバリエーションも考えたけど、取り合えず腕の名前や星座の物語、ベフォールズ達の家族の事や、島の巨石遺跡までも強引に回収して(他にも回収しまくり)終わらせるお話を勝手に書いてみました。実はチットがソランで、ティナの魂が気が付かなかなかっただけで、アーロンもジムもずっと隣にいた…… 有り得なくはないけど微妙か。デュマがソランってのは展開的には有り得るから怖いな。 時間切れと言う事で素直に本放送を待ちます。ほっとくと妄想が止まらないから(^^;)

ファンタジックチルドレン公式
TV東京・Anime X-press ファンタジックチルドレン  #ファンタジックチルドレン_22 #ファンタジックチルドレン_23
posted by みやびあきら at 16:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>コックリ島にある巨人像は実は過去に地球へ辿り着いたギリシア人を象った物。

 これは、自分も思いました。自分の妄想では、惑星ギリシアが滅びに瀕し、地球にギリシア人が大量移住して来た痕跡なのかと思ってました。(ティナが暴走する話の頃の妄想で、ティナ暴走→惑星崩壊の図式が頭の中にあったので…。)

 正直、最近の展開には、自分的には「置いてけぼり?」な状態で、妄想の翼もいまいち拡がらない感じではありますけど。
 でも、きっちり最終回まで付き合う覚悟ではあります。「それなり以上に」面白いアニメだとは、思ってますしね。
 
Posted by 読一 at 2005年03月14日 17:42
纏まりの無い記事をエントリーしてしまいましたが。
デュマの復讐如何によってはこれからどれだけ犠牲者が出るか分からないんですよね。

それにソランと出会えないで、待ち続けるENDもありえますし……
Posted by みやびあきら at 2005年03月14日 22:11
答え出ましたねー!
それにしても…なんつーか、ああっ!言葉になりませんよ〜〜〜。
Posted by ミオル at 2005年03月15日 01:41
嗚呼!!!!!
と、だけ言っておきます。
妹からだから私が言ったじゃない、と色々言われました。
すみません、兄の方がはずしました!(爆)

どうなるんでしょうかね、ほんと。終わるのか、終わるんだよな!?
Posted by みやびあきら at 2005年03月15日 04:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック