2006年09月25日

うたわれるものらじお 第12回 ゲスト:大原さやかさん。

音泉 金曜日

「うたわれるものらじお」第12回♪ Personality:小山力也 Guest:大原さやか (http://onsen.ag/popup/utaware.html

どうやら小山さんと柚木さんのスケジュールを合わせるのが困難なようでごじゃります。
まさかの禁じ手、音泉としてはしてやったり?の、力也さぁや の異空間ラジオが炸裂。
畜生! その煽りに釣られてやるぜ!! と、今回も楽しく聞かせていただきました。

今回のラジオが今までのうたわれるものらじおと一線を画すのは、ラジオ慣れ、特に音泉を知り尽くしているさやさやがゲストであった為と思われます。沢城みゆきさんは確かにラジオのパーソナリティも務めていましたし、ゲストにも結構出てますが。番組をコントロールするとか、お話しをもっと面白くしちゃいます! と言ったタイプであるよりも、割と自然なトークでなるように進めていくタイプと感じられたりですけど(個人的に)

力ちゃん、柚ちゃんは初パーソナリティ。SuaraさんはRTH2などにゲストで出てられて、公開録音にも参加されてるとは言え限りなくトークに関しては初心者。桐井大介さんや、小山剛志さん、三宅華也さんに関しては言うまでも無い若葉マークどころか仮免?そんなレベル。 初物の妙が奇蹟のバランスで届けてきた今までとは違ったのもその辺りにあるのかもよ?

実は遅刻してきてしまったそうなさやさや。でもラジオ冒頭のドラマからして波乱の予感……
限りなく嬉しさ一杯で舞い上がってる風なさぁやに、既にメダパニでも喰らってるかのような力也(以下、さぁやと力也で書く努力をしてみます ^^;) 本当に力也が忙しく、ラジオ収録。しかも2本録りといった長時間を押さえるのが難しい為と勝手に感じたブッキング。TVアニメの収録よりも拘束時間が長そうだものなぁ、打ち合わせ、収録、休憩を挟んで、繰り返し。それはきっと考えている以上に初心者な力也には大変な事でしょう。

今回は進行台本はいけいけモード。ぶっちゃけ普段よりも指示が多かったんじゃないかと思われますが、それはさぁやのラジオスキルあってのお話し。でも、しっかりと弟の大原崇の宣伝、応援を忘れない姉心には毎回愛情を感じます。今は別々に暮らしているから、化粧品がとかのエピソードは起こらないでしょうけどネ(^^;)

玄人と素人卒業検定中の二人のトークは終始さぁやが圧倒。
さぁやのラジオと言えば「ぽぽらじ」「そらとレイラのすごい○○」「エマ放送協會 総合ラジオ」は一通り聞いてます(流石に全部欠かさずは聞けてない、すごらじは面白い時とそうでない時の差が結構あるし。ちなみにぽぽらじはネット配信分は全部聞きました)

これらに加え、ゲストで出ているラジオ。おねがいやラジオネレイスなんかも聞いていると、よく演じている役柄とは随分と違うことは有名かと思いきや、流石は超絶人気番組となった「うたわれるものらじお」 勝手な予想として過去にもこれを超える聴取者を得たWebラジオは無いんじゃない? と言った勢いですから、ざっと感想サイトなどを回っても反応に違いが。だよねぇ(苦笑)

さて率直な感想を一言で申せば。

「さやさや、本気(マジ)デビルだぜ!!あせあせ(飛び散る汗)

です。

小悪魔とか、プチ、リトルとかを超えた、ガチ悪魔が降臨。初々しい力也を翻弄する事火の如く!!

「疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、 侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」
まさにそんな勢いでしたので、風林火山なゲストとして期待以上の戦果を上げて去っていったさぁや。また一つここに伝説が生まれた気がしないでもない……

…既に呼び方の統一が出来ないのでなすがままに書きますか。
柚ちゃんのメールも紹介されましたが、あの場にいたらまた別の展開があったことでしょう。力ちゃんを巡る直接バトルは何れまたの機会にってことにしますけど、考えてみると今までのゲストは力ちゃん柚ちゃんの仲を応援するスタンスを取り、間に割り込もうとする人はいなかったのに、表だって挑発するところが、S! サド気質の大原さんだけはあります。

そうそう箱根事件? の真相!?が力也さんの口から語られましたが。何分にも酔っていた当人の言に付き、怪しいところもありましたけど「箱根の皆さん、うたわれるものですよ〜」の真犯人は中原麻衣さんだったって事でFA?(爆) 力也さんは選挙カー宜しく「箱根の皆さん、浪川大輔をよろしくお願いします!」と箱根の皆さんに呼びかけていたってことらしいです。三宅華也さんは笑っていただけ?っぽいですし、犯人は小山&中原ペアって事にしておきましょう。

でも後部座席の並びが明かされませんでしたよ。おそらくは両手に花と思うんですが……

コンビニでおでんをはじめ、酒、つまみを大量に買い込む姿を想像するに、黒小山さんが真面目な人に見えるくらいに酔っ払いは恐ろしいって事で宜しいかと(おいおい) 戦果を持ち帰っての釘宮さんのリアクションも気になるところでしたが、それは釘宮理恵さんがゲストの回に!?

編集をさせないと何度か言っていたさやさやですが、流石に編集されてしまった箇所がありました。
後、二次元キャラが初恋の相手でも私は全然構いませんが、そこを拾ってピー音にしてしまう音泉のスタッフもデビルだぜ……

巻きが入っても、音泉の収録限界点を知り尽くすさやさやは華麗にスルー。レイラさんのカレイドスターっぷりを汁物知る者には予測は出来ましたが、スタッフ共々やってくれるぜ! 「ドリィとグラァに挑戦しよう」のコーナーが無くなったのはちょっと残念ですが、ここでシンクロした日には収録があと30分あっても足りないでしょうし、柚ねぇの嫉妬ゲージがMAXに達して悲劇を生み出しかねません?(ギャグですよ)

その分「24」に関して恐るべき悪巧みが!!
声優業界にもファンが多い「24」ですけど、考えてみるとこれの大ヒットが今の小山力也ブームを生み出したといっても過言ではないし(「er」とジョージ・クルーニーのハリウッド映画スターとしての変遷もありますけど) これで本当に吹替え声優として大原さやかさんが出た日にはある種の祭になりそうかも?

次回は小山さんと渡辺明乃さんの二人きりと予想しますが、実は今回が一本録りだったとかはないですよね? 明乃さんは誘惑とかしないでしょうし、下ネタも無いはずですから…… 誘惑したら、それは台本が過ぎますぜ旦那(爆)

で、今週のあててんのよ!(http://onsen.ag/popup/utaware.html
#うたわれるものらじお_12

TVアニメ「うたわれるもの」オリジナルドラマCDTVアニメ「うたわれるもの」オリジナルドラマCD
ドラマ 小山力也 柚木涼香


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こっそり書き書き。
小山さんが相手側のファンから厳しい攻撃を受ける事を心配しているのは、実際問題としてそんな事があったりした業界だからでしょうねぇ。私が知っているケースでも何等関係の無い、仕事上の関係でしかない男女の声優に対して嫌がらせが合った事ありますし。あの現人気アイドル声優さんの時は、結果として男性声優側や作品製作会社が傍から見ても酷い事になったと感じてますし。あの時の犯人はネットでの自作自演、互いの事務所へ送りつけた手紙など、攻撃したり弁護したりとそれは酷かった。男性声優さんはerなどでも共演してるし、話しを直接聞いたかどうかは知りませんけど、業界では実は有名なのかも。俺が実際にあった事を確認できるくらいだから。
posted by みやびあきら at 21:00| アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする