2005年03月16日

ブレンパワード 第26話(最終回)「飛翔」 (アニマックス版)

 ブレンパワード_26.mp3 一応の音声記事。
  チャンネルNecoでの放送時に見逃していた最終パート。最終話をやっと見る事が出来ました。

 本格的な感想を書くには、もう一度くらいは見返した方が良いと思うのですが。富野由悠季総監督のカラーが色濃く出た? 最後だったなぁ、と。でも、駆け足であり全体的な尺が足りなかった印象も強いです。人物、メカともにデザイナーの個性が強く。音楽の個性も強く。主要キャラの演技も個性的ではありました。いや、とにかく出てくる人も極端な部分を前面に出した、その人だけ! な独立した個性が溢れかえっていましたよね。

 オルファンって結局何だったのか? オルファン孤児)現在放送中の同じサンライズ制作の「舞-HiME」のオーファンも孤児でしたが…… ついつい、そういった設定部分を追求・考察するあまりに、もっと人物の心情を見たほうが良いですね。面白い設定だからといって、そこに囚われすぎては何にもならないと肝に銘じつつ。DVDに焼いてある分を最初から見返してみます。

 ブレンパワード #ブレンパワード_26

 P.S.御大の趣味でとにかく女体、裸体は凄かった。パンチラもかなり凄い回もあった。そもそもOPが裸身活殺拳な勢いでぶん殴られたからね(^^;) 母性、みんな手を繋ぐんだ。トマト。御大が地球少女アルジュナに関わっていたらどうなったのかな? なんてのも妄想してみた(爆)
posted by みやびあきら at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック